マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

Wendi Deng Murdoch(6)母親の黒歴史が娘達の邪魔をしない理由

前回の記事では「略奪婚成立までもう少し掘り下げて書いていきます」と書きましたが、あまり掘り下げるものがなかったため予定を変更して娘達について書きます。

自分の学生ビザのスポンサーになってくれた養父母の家庭を、グリーンカード取得のためにぶち壊したウェンディ。そして養父と結婚後4か月目には既に他の男の影がちらつき始めていました。そしてその男もやがて利用して捨てられたわけですが、アメリカンドリームと呼ぶにはあまりにも非道であるこの黒歴史は、ウェンディと二人目の夫でありメディア王のルパートの二人の愛娘達の成長に影響はあるのでしょうか?

Embed from Getty Images

長女のグレースと次女のクロエが、ルパートと四人目の妻、ジェリー・ホールとの結婚式に参列した時の様子です。この他にも彼女達の画像は探せばいくらでもありますが、画像だけでは母親のダークな部分を受け継いでいるかどうかはわかりません。私は個人的に、ダークな部分はマードック家の血によってロンダリングされていると思っています。そして母親の黒歴史は彼女達の将来にまったく影響を及ぼさないでしょう。

確かに実業家の右腕としての才覚はあったのでしょう。しかしルパート氏を幸せにする気は微塵もなく金儲けのために利用したのでしょう。彼女は二人の娘にどのような教育を施してるのでしょうか。


これはWendi Deng Murdoch(5)名刺も肩書ももう要らない。最強の苗字を手に入れるまで - マリア様はお見通しという記事にしのぶ様からいただいたコメントの一部ですが、教育に関しては「アメリカと中国の一番よい面を両方取り入れています」とウェンディはインタビューで語っています。ゲストのおそらく中国系と思われるアメリカ人女性も「子供達に最高のもの(や環境)を与えることこそがウェンディのすべて」と言っています。やはり教育には熱心なようで、グレースもクロエもニューヨークの名門女子校の一つであるBrearleyに通っています。

youtu.beこのインタビューが公開された当時、アメリカに暮らし始めて既に10年以上経つのにこれだけ中国語のアクセントが強いということは、ウェンディは賢いけれどあまり語学向きではないと見ました。
彼女の英語についてはまた他の記事で書くとして(いろんな意味ですごい)、ルパート・マードックの娘としてどこに行っても特別扱いされているであろうグレースとクロエですが、当然心無い人達(主に同年代の同性)から母親の過去についてからかわれたことはあるでしょう。そしてITがここまで普及している今の時代、知りたいことなどググれば答えはほぼ見つかります。自分の母の過去だってそうです。
男と女のことなどまったく理解できないような年齢でそんな話を聞かされたら、自分の母親が犯罪者のようにすら思えたかもしれません。恥じたことも、気持ち悪いと思ったこともあるかもしれません。だけどグレースとクロエにとってはやはり母はウェンディしかいないのです。
「他の人にはひどいことをしたかもしれないけど、私達のことはちゃんと愛してくれている」と我が子に思わせることくらい、ウェンディには朝飯前でしょう。
ニューヨークの中でも上流社会の中で生活しながら「私の娘達はリッチなうえに美しいのよ!」と自分の黒歴史などすっかり忘れてしまったかのように堂々と、無邪気に娘達を称えるウェンディのたくましさもすごい。
そしてなんといっても娘達は、どこに行ってもルパート・マードックの娘ということで守られています。「あの子達の母親って・・・・」とそこらへんの有閑マダム達がひそひそとささやいたところで、政財界においてルパートが持つ絶大な影響力を考えたら、母親であるウェンディの黒歴史なんて屁でもないでしょう。娘達はマードック家の人間として生きていき、黒歴史はウェンディだけが背負っていくものなのです。

f:id:usmilitarybase:20190217014607j:plain

上の画像は、姉妹がキリスト教の洗礼を受けた時の画像。見てくださいこの豪華なメンバーを。ルパートとオーストラリアンつながりでニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、そしてウェンディの友人であるイヴァンカ・トランプと夫のジャレッド・クシュナー。で、ウェンディの右側にいる黒髪の美人ですが、ヨルダンのラニア王妃です。なぜラニア王妃が洗礼式に出席しているのかと言いますと、なんと姉妹の洗礼式はヨルダン川で行われたのです。しかもイエス・キリストが神聖な儀式を行ったとされているまさにその場所で。やはり富豪は金のかけ方がいちいちすごいんですよね。

Baptisms by the Jordan

こんな聖域で洗礼式を受けた可愛い女の子達には、もはや母親のやってきたえげつないことなんて関係ないでしょう。
ルパートの母、エリザベスは生前はっきりとこういいました。「あの子達は(ルパートが所有する)News Corp.の経営には携わらせない」
だけどウェンディがはいそうですが、と引き下がるわけはありません。必ず我が子達にNews Corp.における発言権を持たせるようにしてくるでしょう。実際娘達は同社の株式を取得していますしね(ただし経営に影響を持つほどの数ではない)。

シリーズ(7)に続く

Wendi Deng Murdoch(1)彼女がこんなにも気になる理由 - マリア様はお見通し

 Wendi Deng Murdoch(2)大都市・広州で動き出した運命 - マリア様はお見通し

Wendi Deng Murdoch(3)残酷なまでに鈍いからこそ辿り着けた場所 - マリア様はお見通し

Wendi Deng Murdoch(4)不美人がブロークンイングリッシュでオーストラリア人の幹部達をどうやって魅了したのか - マリア様はお見通し

Wendi Deng Murdoch(5)名刺も肩書ももう要らない。最強の苗字を手に入れるまで - マリア様はお見通し