マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

雨の日が好きになる時

秋の空模様は本当に変わりやすいですね。雨の日が増える時季でもありますが、雨、と聞くと憂鬱になる人は多いと思います。
気になっていた人との初めてのデートなのに、髪の毛のスタイリングは崩れてしまうし、靴は汚れるし・・・。でも雨の日はちょっとメランコリックになったり、ロマンチックな気分になれる日でもあります。
先日雨が降ってきた時はちょうど小さなカフェにいました。

Another rainy day

外を見ると、一匹の猫がカフェの横をちょうど歩いているところでした。そして角を曲がるとお店の入り口まで来て、ドアの外から店内をじぃっと見ています。店員さんがドアをちょっとだけ開けてあげるとすぐに店内に飛び込んできました。
「雨の日は濡れちゃって可哀そうだよね」
そういってその店員さんは少し何か食べ物を与えると、猫はそれをくわえて出ていき、向かいのお店の軒下でつつきながら、その後はそのまま雨宿りしていました。

外出したくない人は前向きにひきこもることもできます。

特等席を見つけた

灯台下暗し・・・・。

f:id:usmilitarybase:20170820212126j:plain

雨の日になると行きたくなる場所。
そんな場所は今暮らしている街ではなかなか見つからないと思っていましたが、見つけてしまいました。窓のすぐ外に雨に濡れた緑の葉、そしてそこを滑り落ちる雨露まで見える場所。早朝で自分以外の客も少なく静かな店内で、雨が窓ガラスを叩く音を少し聴いてから、Yundi Liのノクターン集を聴きました。これはトリップできる。

Chopin: Nocturnes

Chopin: Nocturnes

  • ユンディ・リ
  • クラシック
  • ¥1900

 

雨の日にかけられた温かな言葉

私には「東京の父」と呼んでいる人がいます。

rainy day

都心から横須賀に電車で帰ることなんて簡単なのですが、この父はいつもとても心配して、あなたは乗り換え案内アプリですか?というくらい細かく確認してきます。「この駅で降りるんだぞ。大丈夫か?」と(笑)。
その父が雨の日の夜に私を見送る時にかけてくれた言葉が今でも私の心を温かくしてくれます。
「あのさ、マリアさんが一人でも帰れることくらい俺はちゃーんとわかってるんだよ。ただ雨の日の夜っていうのは、こう、なんだか寂しいだろう。だからもしもマリアさんがどこかで乗り間違えて、一人でおかしなところに降りてしまったら可哀そうだからさぁ。うるさくてごめんよ」
そういって東京の父の手には、恵比寿駅から品川駅までの駅がメモされた紙きれがありました。私がちゃんと品川から京急線に乗るまで安心できないのです。

雨の日は寂しい

そういって心配してくれる東京の父。
私の夫をキャバクラに連れて行った東京の父。
人に雇われたことがなく、組織に属したことがないから、媚びるとか社交辞令だとかそういうことがまったくできずに、大きくずれてしまっている東京の父。

ノクターンを聴きながら、そんなことを考えました。


雨の日を楽しんでね

youtu.be


 

関連記事:セルフセラピーは自分への最高の贈り物だと思った夜 - マリア様はお見通し