マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

武勇伝を語られるとなぜこんなにもうざく感じるのか



武勇伝を語られるとうんざりしてしまう理由は、実は武勇伝そのものよりも「まあ俺/私も昔はやんちゃしていたけど、今ではこんなに立派になりました」っていう根拠のない自己評価の高さを前提に語られているということだと思います。

http://www.flickr.com/photos/91695677@N00/3646442474

photo by Helga Weber


そもそも本当にやんちゃな人っていうのは、当時は自分がやんちゃだということを自覚することなく色々やっているわけじゃないですか。そういう純度の高い良質なやんちゃな人とは対極的なやつ=悪いことをしていることを格好いいと思っているやつほど年をとってから「俺/私もやんちゃしてたんだよね」っていうわけですよ。
ある女性がこう言いました。
「私も昔はオヤジ狩りとかしてたんだけどさー」

私はこう言いました。
「ああ、そうなんですか。じゃあ当時出会っていたら、私達は友達になっていませんでしたね。私、悪いことをしないと目立てない人とか苦手だったんですよ。そういうことしなくても目立てる人達を選んで友達になっていました」

その場の空気が凍りつきましたが、これでまた余計な人から絡まれることがなくなったってわけですよ。本当に必要な人だけ近くにいてくれればそれでいいんです。

関連記事:自分語りをすればするほど、人の関心は薄れていくという事実 - マリア様はお見通し