読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

上沼恵美子にいじられると輝く熊切あさ美

 

紀香特需の恩恵を受ける熊切あさ美さん。
どんどん綺麗になっていますが、愛之助さんのこと、ようやく吹っ切れたのかな。



傷が癒えたのかどうかはわかりませんが、上沼恵美子さんにいじられている時の彼女は楽しそうですね。ほかの番組の司会者達が恐れるような地雷原に、上沼さんはがんがん踏み込んでいくからでしょうか。

かつての恋人愛之助のおめでたい話題の放送に、黒を選んだ熊切あさ美へのつっこみ

10月2日の「上沼・高田のクギズケ!」では紀香と愛之助の挙式が取り上げられました。そこにゲストとしてキャスティングされたのが熊切さん。
「今日は紀香さんの挙式の話題から入るんですけど、たまたまゲストが熊切さんで・・・」と切り出す上沼さん(笑)。たまたまのわけないじゃないですか!
そしておめでたい話題を取り上げる日に黒を選んで着て来た熊切さんへの上沼さんの「お葬式みたい」というつっこみが最高でした。

「私はね、(熊切さんは今日の放送のために)黒か赤を着てくると思っていました」(上沼さん)

「白無垢で来ようとは思わなかったんですか?」(高田純次さん)

こうして始まった放送で、どんどんいじられる熊切さんなんだけど、ものすごく面白かったです。やはり他の番組の司会者が聞きにくいことをあっさりと聞いてしまう上沼さんっていいなぁと思うんですよ。視聴者が聞きたいこと(=そしてそれらはたいてい聞きづらいことである)を代表して聞いてくれている。

「いろいろあったからこそ幸せを感じられる。友達と映画を見に行ったり、美味しいものをたべたりするだけで感謝できる」

笑顔ではっきりとこういう熊切さんに対し、上沼さんは「(それは)上辺だけ」というんですよ。

「本当は相合傘をしている二人が滑ったらよいって思ってるんやろ?」と言われて熊切さんも爆笑。

「もう自分には関係ないことだから、悔しいとか思わない。おめでたいことだけど、幸せになってほしいという気持ちはない」(熊切さん)

そういって黒を着て(笑)堂々と座っている熊切さんに上沼さんは「根性座っている」とコメントし、とにかく会話がよく転がるんですよ。頭の回転が速くていじり上手な上沼さんと話している時に熊切さんが見せる笑顔って、本物なんだろうなぁと視聴者の一人として思うのです。
「いじられておいしい♪今はこれが私の仕事だし」っていう笑顔じゃなくて、鋭くも愛のある上沼さんのつっこみと、高田さんの適当なフォローで心から楽しんでいる感じ。
上沼さんにつっこまれても、いきいきするどころか長々言い訳して結局質問をはぐらかし続けた上西さゆり議員にはない素直さがあるなぁと思いました。

関連記事