読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

かまってちゃんに欠けているもの

お見通しよ



「う~ん・・・・インフルかも。こんな時は、夜更かししながら甘いものなんて食べたり、将来を悲観しながらいじいじしている場合じゃないのにー!」

という言葉とともにフェイスブックにアップされるデザートの画像。コメントはもちろんつかず、いいね!も有志による「お義理いいね!」が1,2つつく程度(まあいいね!なんてほとんど義理でついているようなものですが・・・)。そろそろ誰もかまってちゃんの相手をしてくれなくなってきたわけです。

かまってちゃん登場記事 「病名を免罪符代わりにしていませんか?」

わたくし、そんなわけで再びこのかまってちゃんにご指名いただきました。
かまってちゃんは通常ネガティブな投稿意味深な投稿をぽんぽんし続けて、FB上でかまってくれる人を探しているわけですが、かまってくれるなら誰でもいいわけではなく、特定の人からの助言が欲しいという場合など、個別にメッセージを送りつけてきます。先日送られてきたのはこんな感じのたった一行のメッセージ。

「私ってかなり性格悪いしそのわりに弱いのかもw」

かまってちゃんがこういう「だから何?」としか返せないようなメッセージを送ってくる時は、チャットという名のカウンセリングを求めている証拠。 一往復で終わらせるために「性格悪くても弱くても生きていくしかない。頑張れ!」とだけ返信しました。昔のように「どうしたの?」と聞いてあげようものならつかまってしまいます。
だけど敵はやはりなかなか手ごわく、一往復で終わらせようとしている意図を完全に無視して返信してきました。もうこれはスルーしてよいレベルだったのでスルーしました。
なぜ彼女が久しぶりにメッセージを送ってきたのか、私にはすぐにわかりました。

自分が欲しい反応をいとも簡単にもらっている人を見て羨ましくなった

私はフェイスブックにほとんど投稿しません。友人の近況を知るためだけに登録しているようなものです。投稿する時は「友人達とシェアするのに値するかどうか」がポイントとなりますから、別にシェアするほどのことでもなければ投稿をしない=必然的に幽霊会員になってしまう・・・というわけです。
そんな私が久々にぽんっと投稿しました。嫌なことがあったのですが、そのことを面白おかしく書いたらかなり反響があったのです。ネガティブなこと(愚痴など)を書く時は、読んだ人が「さすがアベマリア!痛快だわ!」と感じてくれたり、笑えたり、そういう風に加工して投稿する配慮が必要です。いくら閲覧者が身内並みに仲がよくても、フェイスブックで見せる顔はやっぱりよそ行き仕様でなくてはならないのです。その結果色々なコメントをいただいたわけですが、これを見たかまってちゃんは、多分羨ましかったんじゃないかなぁ。

「私の投稿にはもう誰も相手をしてくれない・・・。この人は同じようにネガティブなことを書いたというのに、自分がもらえないような言葉を沢山もらっている」

そういうものをもらえる人間なら、自分が今必要としている言葉を与えてくれるかもしれない、と思ったのでしょう。それでメッセージを送ってきたのだと思います。そして彼女がおそらく気づいていないであろう、とても大切なことが二つあります。

一つ目は、毎日かまってかまってとフェイスブックをツイッターの病みアカ代わりに使って、周囲の人をうんざりさせている人間の一投稿と、日頃は沼のようにしんと静まり返っている人間の久々の一投稿では、インパクトや重みが違うということです。

Impact

ギブ&テイクのできないくれくれ星人。基本的にテイクのみ

前者は「またかよ」と思われ、後者は「おおっ、音沙汰ないなぁと思っていたけど、そういうことがあったのか。頑張っているようでなにより!」と思ってもらえます。

二つ目は、かまって欲しいばかりに助けてくれ、かまってくれ、なぐさめてくれ、くれくれくれくれ・・・・という内容の投稿を目にしなくてはならない人々の気持ちを配慮することができないから、自分の生活の中の悪循環が止まらない、ということ。人の気持ちを想像してみる優しさがない人は幸せにはなれません。
そもそも周囲にそういう気を使える人であればかまってちゃんにはならないはずなので、まあ鶏が先か、卵が先か、ということになってしまうわけなのですが・・・。

「もしかして私、かまってちゃん・・・?」と思ったあなたは下記の外部関連記事で自分がどのくらいあてはまるかチェックしてみてもいいかもしれません。だけどもしかして・・・と心当たりがある人ほどかまってちゃんにはあてはまらないと思います。心当たりも自覚もない人ほどかまってかまって、と続けることができる「真性かまってちゃん」なのですから(笑)。

外部関連記事: ”病みアピール”が多い?「かまってちゃん系」女子の特徴

cantfoolme.hatenablog.com