マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

女性の一人暮らしはセキュリティをケチるな

あれは確かドコモが独走状態で、同社のCMに出演していた広末涼子ブームが巻き起こっていた頃のことです。21世紀になったばかりの頃です。
当時vodafoneユーザーだった私は丘の上の安いアパートの1階に住んでいました。アパートにいるときは部屋の中に入ると携帯の電波がほとんど入らない状態で、携帯電話で話をするには出窓のところまで出て行って話さないといけない状態でした。ところがドコモユーザーの家族や友人が遊びに来ると、彼らの携帯は私のアパートのどこに置いておいてもばんばん電波が届いて通話もメールも普通にできました。ドコモ最強。まさにそういう時代でした。それでもキャリアを変えるのが面倒くさくてvodafoneのまま、そしてしばらく引っ越しもせず、携帯を使う時は出窓まで、という不便な生活に甘んじていました。

だけどやはり日夜問わず出窓のところで話していると、お隣の一軒家に住んでいたご家族が時々気味悪そうに私のことを警戒しながら見ているのを感じたし(あちらからすれば、日々私が出窓からその家を覗いているように見える)、もし私が逆の立場だったらやっぱり同じように気味悪いと感じただろうから、申し訳ないなと思ってはいました。「次に引っ越す時はvodafoneの電波も届く物件に引っ越そう」そう考えていたある晩のことです。

いつものように電波を求めて出窓際で携帯で話していました。出窓の外にはお隣さんの植えたお花が見えます。そしてその蔦と葉は、私が暮らしていたアパートとの間に作られた柵にからまっていました。
話に夢中で最初は気がつかなかったのですが、夜の闇に溶けこんだ蔦と葉の深緑の手前を人影が横切ったような気がしました。お隣さんのご主人が帰宅したのであれば緑の向こうに人影が見えますが、たった今私が見たと感じた人影は、柵の手前で私の出窓のすぐ外ということになります。

Looking in Bay window at night

怖くて出窓につけたカーテンを閉めようと思いましたが、警察に電話するにも窓際じゃないと通話ができません。でも今見えたものは自分の気のせいかもしれないし・・・と思い、出窓の外の様子を家の中から見てみましたが、外に人はいないようです。
やはり気のせいか、と思いカーテンを再び閉めて室内に戻ると、今度は葉擦れの音が確かに聴こえました。風のない静かな夜に。
「やっぱり誰かいる」
思い切ってカーテンを再び開けてみると、出窓の外に男性が立ってこちらを見ていました。私が驚いて叫び声をあげるとその男性は走り去りました。
通勤に便利な特急停車駅から徒歩15分。携帯の電波が入らない、帰宅するだけで息が上がる丘の上。家賃が安いのも納得の条件でしたが、特急停車駅にこだわらなければ同じくらいの家賃でもっと安全な部屋を借りることはできたのです。何かあってからでは遅すぎる。これから一人暮らしを始められるお嬢さんをお持ちの親御さんへ。どんなに安くても1Fだけはやめてください。

関連記事:一人暮らしをしていて怖かったこと、それに対してとった対策を挙げてみます(1) - マリア様はお見通し

敬愛する女性に関する情報が少なすぎるから、こうするしかなかった(2)

バブル時代の東京を舞台にしたハードボイルドな経済小説を読み終えました。それもこれもお慕いする新潮社出版部部長・中瀬ゆかりさんを知りたいからです。彼女が愛した男・白川道さんの作品「流星たちの宴 (新潮文庫)」を読み、中瀬さんが愛した男性の作品を通じて中瀬さんについて知ることができれば・・・(完全にストーカー)
読んでみて、いかにお二人がお似合いのカップルだったのかということを感じました。

傷を負った大人の男

年齢だけ重ねても大人の男にはなれません。ですからツイッターのプロフィールにいい歳をしナンパの戦績を誇らしげに書いているような人(どうせ不細工)には、この作品を読んでも何も響かないでしょう。
本書は白川さんの私小説でもあるため(ただしフィクション)、当然彼の実体験や、人生観に基づいて書かれている部分が非常に多いわけですが、その部分から勝手に推測すると、白川さんは、傷を負った大人の男だったのです。

Humphrey Bogart - El Mito

何を背負って生きているんだろうと女は気になってしまう。だけど男は多くを語りたがらない。女は荷を下ろさせてやりたいけれど、もう彼の人生の一部になってしまっているその荷を置いて歩き続けることなど、彼にはできない。これってもう中瀬ゆかりさんのストライクゾーンのど真ん中=年上で危ない感じがする人 ですよね。そして白川さんはきっと繊細で優しい方だったのだろうと思いました。
繊細と言っても「私は繊細だから人に言われた些細なことですぐに傷つく」という繊細チンピラ的な繊細ではなく、心の機微がちゃんとわかる繊細さ。そして持って生まれた賢さもあり、只者ではない雰囲気が出てしまう。
バブル時代の相場の話で消化不良を起こしたため(私の脳で処理しきれなかった)、ちょっと中休みを入れましたが、30代そこそこ以上の男性が読んだらページをめくる手が止まらないんじゃないかな。危ういけど魅力的な、裏社会でしか生きて行けなさそうな破滅的な男達が登場します。女にしてみれば危ないとわかっていても惹かれてしまう人、男にしてみれば同性から見てもいい男。

さて、この小説の中ではアウトローな金融マン・梨田雅之のモデルは白川さんですが、彼が愛した女子大学生・理子のモデルはエッセイストの横森理香さんです。二人が出会い、ともに過ごした時代を横森さんの視点から書いたのがぼぎちんという小説です(私の脳と知性ではこっちの方がすらすら読めました)。感想は敬愛する女性の情報が少なすぎるから、こうするしかなかった(1) - マリア様はお見通しで書きました。

両方読んでみて思ったこと

読後は合わせ鏡のような感じを受けるのだろうと想像していたのですが、まったく違いました。

f:id:usmilitarybase:20180908020153j:plain

まずお二人が小説の書き手としてまったく違うタイプだし表現したかったことも違いますから、バブルに沸く狂乱の東京という同じ舞台にして話を書いても、二つの小説が交差する瞬間は、少なくとも私の中ではありませんでした。そして大人の男に囲われた女子大生が背伸びをし、それをよしよしと男が愛しそうに頭を撫でるといったありきたりな陳腐な描写がなかったのもよかったです。


そういえば、中瀬さんがAERA dot. で「50代ボツイチ再生工場」という連載を持っていることを発見!その中でも好きな記事>>中瀬ゆかり「家に泥棒を飼っていると西原理恵子に言われてもトウチャンを愛した理由」 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)


これを書き下ろしにしたエッセイを出してくれないかなぁ。

関連記事

 

秋が深まる頃につけたいリップ 2018(2)

シリーズ第二弾です。
シリーズ(1)でご紹介した商品を購入した後に出会ってしまった素晴らしいカラー二色をご紹介します。結婚した直後にものすごいいい男と出会ってしまって「早まったか!」と思うのってこんな感じなんですかね。

私が惹かれたのは秋の味覚の香りや味が漂ってきそうな、ナチュラルな色。例えばこのブラウン。

シュウウエムラ

ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット BR #781

f:id:usmilitarybase:20180906014524j:plain

(画像は同ブランドの公式ウェブサイトからお借りしました)

 
色がなのです。
日本の秋っていうの?「小さい秋見つけた」が聴こえてきそう。つけてみた感触は商品名の通りマットですが、乾きません。それからこんな点もおすすめです。

  • 着る洋服を選ばない
  • ドラマチックになりすぎず、フェミニンな優しさが漂う

シリーズ(1)で紹介した今シーズン売り切れ店続出のNARS パワーマットリップピグメント#2760も魅力的なブラウンですが、どんなに素敵な色でもあれくらい存在感が大きいと「いかにも塗ってます」というリップメイクが苦手な人は手が出しにくいブラウンですよね。インパクトの大きなリップカラーは似合う洋服も限られてきますが、このシュウウエムラのブラウンは着る洋服を選ばず、しかもとっても優しくてフェミニンなブラウンなんですよ。オフィスにつけていっても浮かないブラウンです。

続いて二品目。


NARS
リップスティック/シアー #1084 メタリックラズベリー

f:id:usmilitarybase:20180906015915j:plain

(画像は同ブランドの公式サイトからお借りしました)

 
これはスティックのカラーの通りの発色で、本当にラズベリーのように可愛い色なんですよ。でも落ち着いていて大人っぽく、これを塗ると顔が華やかになる感じ。
以前はこういう色を見ると昔のヤンキーみたいになったら嫌だなと思い手が出ませんでしたが、これは白塗りにパープル!という昭和のヤンキーにはなりません。ただただシンプルにラズベリー色に上品なメタリックの煌めきを足しただけ。晩秋になったら買いに行く予定です。

 
関連記事:秋が深まる頃につけたいリップ 2018(1) - マリア様はお見通し

胡散臭い中年女性達の集いに行ってきました(2)


虎之助さんを囲み、撮影会が始まりました。虎之助さんがカウチに座り、両隣には女性が座り、そして虎之助さんは彼女達に腕を回してさぁニコパチ。それを隣に座るメンバーを入れ替えて繰り返すのです。教祖様とのありがたい撮影会風のこの様子、冷静に見てものすごく怖かったです。外国人客の多い店だったので、彼らから見たらさぞ異様だったことでしょう。
いくらおふざけのハーレム状態での撮影とはいえ、既婚者でありながら、大黒様と悪代官を足して二で割ったような嬉しそうな顔をして一枚一枚写真に納まる虎之助さんもどうかと思いましたし(ただの誕生会というよりはファンミーティング)、彼を接待するためだけに参加したんじゃないかと思うほど媚びまくる中年女性達の慣れた様子にも引いてしまいました。
彼女達には虎之助さんとのコネは重要ですから、そのくらいどうってことないのでしょうけれど、若い頃からこうやってセミプロのホステスのように振舞わないと、日本社会を泳ぎ切ることはできなかった悲壮感が漂いました。そしてもうその媚びる癖がぬけず、染みついてしまった様。
30代半ば~40代半ばの彼女達は、20代の積み重ねが成果としてようやく表れる芸術作品です。そして私の目の前にあった芸術作品に名前をつけるとしたら、昭和の遺物というか、「21世紀初頭の遺物」としか思いつきませんでした。今の日本よりも、もっと女性の立場が弱かったあの頃。あの時代を若者として生きた彼女達が、若さを消費しきった後もこうやって必死に女を武器にして生きている姿。
女性なら誰しもある程度男性に媚びないと、自分が目指すところにたどり着けないということは事実です。だけど30代半ば、あるいは40代になってあのように振舞えば、将軍様に定年退職させられてから10年は経つであろう喜び組にしか見えません。
虎之助さんは夫の知人ですから、夫には悪口は言いたくありませんでした。だけどつい虎之助さんを陰でscumbagと呼んでしまいました。虎之助さんは社会的には立派な人ですが、お金はあってもクラスは買えない好例のような人。夫は表情一つ変えず「君が彼によい印象を持たなかったのは、見ていてわかったよ」と言いました。
そして虎之助さんの喜び組の異様さについても話は当然のことながらおよび、なんと説明しようかと思い言葉選びに時間がかかったのですが、一昔前の日本社会の産物・遺物ではあるけれど、oppressed womenとは表現したくなかったのです。oppressedというのは彼女達からは感じられないから。「女は男を楽しませるために存在するもの」ということを何の疑いもなく受け入れてきた彼女達は、日本社会で生きてきても抑圧されているという感じはしません。
日本も海外のよいところをどんどん取り入れて、変わっていかなければならないとは思いますが、もしかすると日本社会は男尊女卑のままでちょうどよいのではないかと、彼女達を見ていて思いました。外国の良い部分を日本社会に取り入れようとしても、他の部分が拒絶反応を起こして、うまくいかないかもしれない。
若い頃から当たり前のように男性に媚びてきたあの癖が抜けきれなくて、そしてこれからも多分ずっとそうであろう年増のホステス集団を雇いたいという熟女バーがありますように。

関連記事:胡散臭い中年女性達の集いに行ってきました(1) - マリア様はお見通し

お口直しにどうぞ:近代・現代日本史を彩った女達 - マリア様はお見通し

胡散臭い中年女性達の集いに行ってきました(1)


しばらく前の話になりますが、胡散臭い人達が集まる場所に顔を出しました。それは夫の知人である虎之助さん(仮名)という初老の男性の誕生会という場でした。


虎之助さんは学歴・経歴も輝かしく、奥様は私の貧しい語彙で表現するとハンサムな淑女です。虎之助さんの操縦方法などもう何十年も前に既に心得ていそうだけど、それを表に出すような野暮なことは決してしないであろうレディでした。
その虎之助さんに少しでも気に入られて人脈を広げることを目的に集まってきたとしか思えない、がつがつしている妙齢の女性達。
厚化粧にワンピース姿の彼女らの職業は、サロネーゼやセミナー講師が圧倒的に多かったのですが、信者生徒の数まではわかりません。

敬愛する中瀬ゆかりさんがかつてこのようなことをおっしゃっていました。
「昔は美人というと生まれながらにして美しい、一握りの絶世の美女達だけだったけど、今は美人のハードルが下がってきている。ヘアメイク、ファッションを頑張るだけで、女性はある程度すぐに美人になれるから」
ハードルが下がったことにより美人枠に入れる女性が増えたわけですが、この日ここに来ていた女性達は、まさにこの美人枠のど真ん中にいる人達でした。
いったい本当は何をしているのかまったく実体が見えてこない彼女達に私は興味を持ちました。彼女達は皆独身ですから、資産家の娘でもない限りサロンやセミナーだけでは世田谷ナンバーの車は維持できません。


サロンやセミナーなんておそらく副業だろうけれど、かといって本業がまっったく見えてこない(もしかしてただの無職なんじゃ・・・・)女性達に囲まれて、久しぶりに面白さを感じました。「この笑いを今すぐシェアしたい!」と思っても、夫は自分が「イケメン!」「セクシー!」と彼女達にちやほやされている立場ですから、どうしても彼女達に甘くなってしまうのです。

そしてこのお誕生会の翌日。案の定フェイスブックで胡散臭い中年女性の数人から友達申請が来ていたので、彼女達のアカウントをたどり、彼女達だけでなく、申請してこなかった人達のアカウントも見てみると・・・

  • 開運グッズを作って売っている
  • 「写真」のところに表示されている画像(=全体に公開されている画像)がドヤ顔セルフィーだけで埋め尽くされている
  • コメント欄がばばぁ同士の褒め殺し合いになっている
  • フィルター命!

そしてもちろんお誕生会の画像もアップされていたのですが、もうそれはまるで教祖様と、そして教祖様を囲む年増の信者達の集合写真のようでリアルなホラーでした。
短い時間でしたが、彼女達と過ごして感じたこと。それは写真を撮る時にフィルターは使わない方がいいよということです。これは同じ中年女性として声を大にして言いたい。
例えばキャバクラってお店の前には美しい女の子達の写真が飾ってあるのに、中に入ってみたら動物園みたいだった・・・ってことはよくあると思うんですよ。まさにこの胡散臭い女性達の画像もそんな感じ。私は彼女達の画像ではなく実物を先に見てしまったので、フェイスブックの画像を見て「うわぁ~フィルター効かせてんなぁ~」と引いてしまいました。詐欺レベルです。
私は自分の携帯でフィルターを使う方法がわからないので、自ずとフィルターなしの画像ばかりになってしまいますが、それでよいのだと思いました。少なくとも実物を見てがっくりされることはないのですから。

 
 関連記事