読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

ピアノレッスンは贅沢な情操教育である

歩み

自分の子供時代を思い返してみて、親が自分に投資してくれたお金の使い道でもったいなかったとは思わないけど、申し訳なく、またありがたく思うのがピアノレッスンです。

ピアノ演奏で食べていける人はほんの一握り。だからあまりリターンは期待できない情操教育。それがピアノレッスン

Piano

ピアノを習ってうまくなったらピアノで食べていこう!といって実現する人は、ほんの一握りです。職業も演奏家になるか、ピアノ教師になるかくらいしか選択肢がありません。演奏家は一流にならなければそれだけで食べていくのはとても厳しい不安定な職業でもありますし、ピアノ教師の収入もたかが知れています。
このように「食えないもの」に投資するわけですから(そもそも情操教育は食えるか食えないかとか関係ありませんけどね)、親御さんにしてみれば無駄な投資と思えるでしょう。だからこそ私は今、そういう情操教育にお金を出してくれた親に感謝しています。

ピアノレッスン歴

親の投資の甲斐もなく、こうしてどこにでもいる主婦をしている私がピアノレッスンの素晴らしさを語ってもあまり説得力はないのですが、語らせてください。私は全く個性も教え方も異なる三人の先生から習いました。

一人目の先生:田舎者に見えなかったお洒落な先生。別れは置手紙で

年齢不詳のタバコ臭い先生でしたが、田舎で生まれ育った子供である私にも、その先生がとても垢ぬけていて、お洒落な大人であることはわかりました。 古くて小さな家を借りて開かれていた小さな教室でした。
ある日私がいつものように通うと、教室の入り口のドアに鍵がかかっていました。曜日を間違えちゃったかな・・・と思いましたが、私を送ってくれていた母の車は既に走り去ってしまった後で、確かめようもありませんでした。
10分くらい近くの神社で待つと、先生が「ごめんね~」と言って現れたのです。反省の色はまったくなしで、彼氏らしき男性とテニスをしてきた帰りのようで、手をつないで歩いてきました。テニスウェア姿もとても素敵な先生でした。
こんな先生でしたが、幼かった私は好きでした。プロ意識の有無なんて子供にはわからないのです。「この先生は、うまくできなくても叱らない」。それだけで十分だったのです。
だけど習い始めて一年も経たないうちに別れはやってきました。教室に行くと、ドアに「マリアちゃんへ」と書かれた封筒がはさまれていました。そこには7歳の子供にもわかりやすいよう、ほとんどひらがなで書かれた手紙が入っていました。
「先生はしんちゃん(彼氏と思われる男性)とお別れすることになったので、東京に帰ります」
先生の引っ越し先の住所、そして「お手紙ください」というひとことで締めくくられていました。

初めて習った教材

7歳の時に使った教本。今でも忘れません。「どこかで聞いたことがある」という曲ばかりで弾きやすかったです。

二人目の先生:美人だけど目が笑わない先生

小学校4年生になってレッスンを再開しました。ピアノを教わるというのは、こういうことなのかというショックを受けました。まずは環境の違い
一人目の先生の時は、アップライトのピアノを使ったレッスンでした。だけど二人目の先生は広々とした部屋に、ちゃんと調律されたグランドピアノと電子ピアノを置いていました。電子ピアノは待ち時間を利用したウォームアップ用です。
私が育ったのは雪国ですから、ちゃんと暖かくしていても冬期間は教室に到着してすぐに指が動くわけがないのです。ですからレッスンの5分前くらいに到着するようにして、自分の前のレッスンの生徒の終り頃に、ヘッドフォンをつけて電子ピアノで自主練習をして自分のレッスン開始に備えていました。

全音の教本との出会い

この先生に習い始めて、全音のくすんだブルーの教材シリーズを習い始めました。バイエル、ハノン、ツェルニー、ソナチネ、ソナタという風に、少しずつ教材の難易度があがっていくのがわかり、上達しているという実感を初めて得ました。
ですから教本に沿って基本をこつこつ、という地味な練習もまっったく苦にならず、黙々とできました。だけどハノンのあの単調な練習曲を延々と聞かされていた家族達は発狂する寸前だったと思います。

クラシックピアノ楽譜・スコア・音楽書 の 売れ筋ランキング

だからといって、一人目の先生が選んだ教材がしようもないものだったかというと、そうではありません。7歳の私にはあの「見てすぐに弾けるようになるレベルの曲」が集められた教材がちょうどよかったのです。音楽の楽しさを知りました。
これらの練習曲集と、先生が指定する自由曲1曲。あまり好きでない曲が自由曲に選ばれると、練習のモチベーションが上がりませんでした。

オルガンで練習する限界

どんなに速く上達しても、帰宅すればオルガンでの練習・・・。そうです、私は11歳になる直前までオルガンで練習していたのです。鍵盤の重さも音質も全く違うし、レッスン曲を弾くにもオルガンでは鍵盤の数が足りなくなってしまいました。足りなくなったらどうするのかというと、しようがないので1オクターブ低いところで弾くのです。
その結果、レッスンに行くとグランドピアノが弾けることで舞い上がってしまい、曲を楽譜に忠実に弾き、表現することに集中できないのです。作曲家が聴いたら憤慨するような演奏をのびのびとしていました。

「マリアちゃん、オルガンで練習してこんなに上手なんだから、ピアノで練習できたらもっと上手になるのに・・・もったいないわねぇ」

先生がそう漏らす回数が増えてきました。
そしてある日こういわれました。

「来週のレッスンの時、先生がマリアちゃんのお母さんとお話がしたいってお母さんに伝えてくれる?」

私、叱られるのかな・・・と思い、母には伝言をしませんでした。だけど当然先生は子供のことなどあてにしていませんから、直接我が家に電話をしてきました。母はだいたい先生のトーンから、何のことについて話したいのか推測できたようでした。

続く

ジョニ子のしくじり

フィギュアスケート

先日行われたグランプリシリーズのNHK杯の解説をしていたジョニー・ウィアーが、ともに解説をしていた長野五輪金メダリストであるタラ・リピンスキーの隣でうっかりこんなことを口にしてしまいました。

「羽生結弦に関して最も心を打たれることといえば、彼はオリンピックを制した。過去に活躍したほとんどのスケーターは(五輪で金メダルがとれた後)競技を去ってしまう。
彼らは(五輪当時の)スケーティングレベルを残りの競技生活で維持するんだ。羽生結弦の場合は、明るい光も、世界中の目の前でミスを犯すことも恐れていない。それが彼を素晴らしくしているのであり、一試合一試合、彼は戦士のように突き進んでいくんだ」

(ジョニーが解説したNBC放送分)

おそらくジョニ子さんは、羽生選手の演技に引き込まれていて、隣に座っている解説者・タラさんが五輪で金メダルを獲得してすぐに引退したスケーターであることを忘れてしまったのでしょう(苦笑)。
この後ジョニ子も「しまった!」と思ったのか、タラさんもなんと続けてよいのかわからないのか、気まずい沈黙が続きました。そしてタラさんがようやく口を開きました。


「ジョニー、まさにあなたのいう通りよ。オリンピックでメダルを取ると、モチベーションを失ってしまうの。結弦はそうじゃない。なんで結弦がフリースケーティングで四回転ジャンプを3つではなく4つ入れているかわかる?
彼は自分を目指して挑戦してくるスケーター達に、その4つの四回転ジャンプで対抗したいのよ」

青いフォントで書かれた解説がジョニ子、濃いピンクのフォントで書かれた解説がタラちゃんの解説です。
ひとまず沈黙は破られましたし、四回転ループの難しさについてもジョニ子がわかりやすく解説してくれています。

「トウをつくことで得られる補助なしに飛ばなくてはならない。ホッピングみたいなものだね。体のポジショニング、エッジ使い、そして(助走の)速さに頼らなくてはならない」

子供時代にホッピングの流行を経験しているアラフォー世代は、ループジャンプの難しさが想像しやすいでしょう(笑)。

ラングスジャパン(RANGS) バランスホッピング オレンジ

私は日が暮れてもこれにのって飛んでいました。ぼよよ~ん、ぼよよ~んって。もっとダサいデザインでしたけどね。でもジョニ子がループをホッピングにたとえたのはすごいなぁと思いました。着地してそのままホッピングのバネの力だけを頼りに、上に跳ね上がっていくんですよ。
だけど恐ろしいことに、四回転ループはホッピングのバネではなく、選手の膝のバネを使います。こんなジャンプを練習し続けたら故障につながるのではないかと思いますが、単独ジャンプだったらセカンドジャンプの3ループのような負担はかからないでしょう。
それに「もっと高みへ!」と羽生選手が熱くなっても、冷却器ブライアン・オーサーが稼働しますからね(笑)。平昌を前に故障で競技生活が続けられなくなる、なんてことはないでしょう。

関連記事:「チーム・ブライアン」の行間を読む (3)羽生結弦選手の最大の敵 - マリア様はお見通し

寒い冬を乗り切るためのお供

お気に入り

寒くなってくると、楽しいこともあります。それは・・・

冬だからこその「もふもふ」

Towels

夏は2,3時間外に干しておけばあっという間にぱりっと乾いてしまう洗濯物も、冬場は日照時間が長い太平洋側ですらなかなか乾きません。そこでそのなかなか乾かないことを利用して、タオルをもふもふに仕上げるのが好きです。
生乾きのちょっと手前くらいの状態で中に取り込んで、乾燥機に10分くらいかけるともふもふ♪ふわふわ♪になります。

「和のアロマ」をお茶で楽しみながら温まる


冷え込んでくると、コーヒー、紅茶、お気に入りのハーブティー、緑茶、ほうじ茶の無限ループで2月末くらいまで乗り切る人は多いでしょう。そこに黒豆茶も加えてみてください。和のアロマともいいますか、口に入れる瞬間にほんのり甘い香りがして、だけど甘味はなく、気分転換や食後にぴったりです。

ハンドクリーム選び。なぜもっと早く買わなかったんだろう・・・乾きやすく切れやすい指先までしっとり。ユースキンのハンドクリーム

ハンドクリームはいただきものも結構あるので、あれこれ使ってみる楽しさがありますが、もうこのユースキンのハンドクリームの素晴らしさを使ってしまったら、使えません!
ちなみに今年の初頭に使っていたハンドクリームはこれらです>>ハンドクリーム使い比べ 荒れた手に優しくしみこむ商品はどれ? - マリア様はお見通し

実はユースキンをあのねずみ講で有名なニュースキンと混同しておりまして、ずっと敬遠していたんですよ。
ところが先日夫に「帰りにハンドクリーム買ってきて」と頼んだら、買ってきたのがこれ。ネズミ講の商品かぁと思いましたが、よく考えてみたらネズミ講が取り扱う商品がコンビニに売っているはずがないんですよね。
というわけで、ユースキンを初めて使ってみたら、すごくいいんですよ。で、でググってみたら、ニュースキンとは別物だとわかったわけです。もうこれは手放せません。

お金を扱う職業の人におすすめです。お金を触っていると指先を中心にかさついてきますが、これは指先までしっとりします。このハンドクリームのよさを実感するのは、手を洗った後。「ベールに包まれるってこういうことか!」というのがわかります。
もうどんなにいい香りのする、かわいいパッケージのハンドクリームにも騙されませんよ・・・。
水仕事の人にもおすすめですが、水仕事の人の場合、比較的こまめに塗りなおさないといけないと思いますので、そうするとちょっと割高かな。

【指定医薬部外品】ユースキンA スタンディングチューブ60g (手荒れ かかと荒れ 保湿クリーム)

石油ストーブの上で焼くさつまいも

cookpad.com幼い頃、時代劇を見る祖父母の隣で、さつまいもが焼きあがるのを待つ時間が幸せでした。アルミホイルに包んだ焼き芋を石油ストーブの上に乗せる。そして時々いもの向きを変えて、全体に火が通るようにする。
アルミホイルをはがして、ほくほくのさつまいもを食べるあの瞬間・・・最高のおやつでした。
石油ストーブは危険ですし、灯油は高い。いいことばかりではありませんが、鍋を置いておけばスロークックできるし、お湯も沸かせる→加湿器代わり。
日本海側の厳しい冬を過ごした幼い頃の思い出は、石油ストーブなしには語れません。


 

 

教会はトイレやお化け屋敷みたいな場所だ

福音

青い海、豊かな自然の中に点在する教会。しかもその教会は、誰かが自分の権力を誇示するために作った大きな教会ではなく、画像中の教会のようにひっそり、こじんまりとしています。

Gorin Church, Hisaka Island

そんなものを見たくて五島列島に一度行ってみたいと思っていますが、教会というのは外から見た場合と、内側に入っていった場合ではかなり様子が違うと感じます。
中に入ってみると、他の誰も、どこも受け入れられない・受け入れたくないものを受け入れてくれるトイレのような存在であったり、魑魅魍魎が集まったお化け屋敷のようなのです。

キリスト教会というと、新興宗教と違って胡散臭さがありませんよね。後者は迷える人々、苦しむ人々を飯の種にして幹部が私腹を肥やし続けていますが、前者は苦しむ人々を受け入れ、導くのに手数料・仲介料を請求してきません。それだけでクリーンなイメージを持ちますし、確かにクリーンでしょう。
だけど教会側は大変だと思います。神様のお導きがあっても、結局行きたい方にしか行けない強者達が集まってくるのですから。

トラブルを抱えた人が集まる場所 それがキリスト教会

プロテスタント、カトリック、その他と宗派は分かれますが、宗派に関わらず、教会に熱心に通う日本人で、まともな人に会ったことがありません。
家系が代々クリスチャンで、それで自分も教会に通うことがあたりまえになっている人は別ですよ。

「教会に毎週通わない信者は、信者として認めない!」「あなた今週は礼拝に来れないの?じゃああなたの分まで祈ってあげるね」
熱心に通う人はたいてい問題を抱えています。極端な例を挙げると、ルネサンス佐世保散弾銃乱射事件の犯人とその両親も教会に通っていました。

私が実際に知るサンプル一人目は、私が一緒に働いた人です。
この人と携帯で連絡がとれなかったため、自宅に電話したところ母親が出ました。私が「〇〇さんの同僚で、あべと申します。いつもお世話になっております」と名乗ったところ、返ってきたのは「はぁ。それで?」。
この親にしてこの子あり、と思った瞬間でした。実は〇〇さんは色々と問題がありました。彼女が依願退職せざるを得ない方向にもっていって、それから半年後に周囲の望んだとおり、依願退職していきました。
二人目のサンプルは、中年の主婦でした。夫と子供達を捨てて若い男と家を出たけど、一年もしないうちにのこのこ戻ってきた人でした。
表向きには「やっぱり家族を愛している」というのが理由でしたが、おそらく金の切れ目が縁の切れ目ってやつで、若い男との火遊びに飽きて資金も底をついたため、裕福な暮らしが恋しくなったのでしょう。
以上は教会が受け入れている、トラブルを抱えている人達のサンプルのほんの一部です。

救われたい、許されたい

北朝鮮に拉致されたまま、いまだに日本への帰国がかなわない横田めぐみさんのご両親もクリスチャンです。横田夫妻がお祈りやバイブルにどれほど救われていることでしょう。

Untitled

夫妻のように、もう自分達だけでやれることには限界があり、それらをやりつくし、疲れ果て、もう心がずたずたになった人達の心のよりどころにもなる教会。
「3歳で、ぼくは路上に捨てられた」の著者ティム・ゲナール氏も神と出会い改心しました。
だけど夫妻のように自分達ではもうどうにもならない問題を抱えた人ではなく、自分達が問題を作り出している人や、自分ができる努力もせずに救われようと思う人達集まってくるのですから、教会は大変です。
そういう人が問題を作り出している自分を見つめよう、改心しようと思わずに、ただ救われたい、許されたいという利己的な考えを持って集まり、バイブルを読んでどのように解釈しているのか。
それとも「教会に毎週通うだけでよい人間になれる」という超他力本願なのか・・・。

どこぞの宗教団体のように、お布施の額と新聞の勧誘行動で信仰心が判断されるのはおかしいと思います。だけどお金=汚いともいいきれないでしょう。
こういう大変な人々を受け入れる場所=教会が運営を続けていけるように、最低限の維持費は必要だと思います。

 

関連記事

浅田真央選手が選び、歩んだ道を振り返る時(2) 華麗なる3-3

フィギュアスケート

3-3爆弾を投下して振り返りたいと思います。

浅田選手のこの3F-3Loがすごい


1.シーズン2005/2006 GPシリーズのエリック・ボンパール杯 SP「カルメン」より


素人でもわかる、回転軸の細さよ・・・。きゅっと体を絞めてものすごい速さで回る浅田選手。この大会のFSでサンドラさんという女性解説者がこう話しています。
「サーシャ(コーエン)には成熟した魅力と洗練がある。真央にはそれがないけど、このジャンプの能力は、観る者達にとってはとてもわかりやすいもので、サーシャが持っているものが彼女には備わっていないということすら許されてしまう」
それから10年以上たった今、浅田選手はサーシャさんの立場にあるわけです。月日の流れ、そして浅田選手の変貌・成長を感じました。

2.シーズン2006/2007 GPシリーズ スケートアメリカ SP「ノクターン」より

かろやかぁ~。この年の全日本選手権で、浅田選手がSPで3-3を飛ぶ直前に、観客席にいた小さなお子さんが叫んだのです。集中力がふっと途切れるかな、と思ったけど、見事に跳んで着氷して見せたんですよ。


3.シーズン2007/2008 全日本選手権 SP「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」より

ポエムこと塩原アナの実況です。あ、どうでもいい?

4.シーズン2008/2009 GPファイナル SP「月光」


お見事!3-3のコンボだけでなく、すべての要素が美しくて、透明感のあるこの曲にぴったり。

異常な熱気に包まれた会場全体がキム・ヨナ選手を応援する、完全アウェイの韓国でこの演技をしてみせた浅田選手。そして優勝。その偉業を成し遂げて帰国した彼女を待っていたのはどことはいわんがフジテレビメディアによる粗探しのような報道。
それぞれのスポンサー数まで取り上げてキム・ヨナを持ち上げる異様な構成で、お祝いムード一切なし。
この約2か月後の四大陸選手権の直前、「モチベーションが上がらない」と浅田選手が苦しんだ理由は、この報道と全く関係なかったといえるでしょうか・・・?
またこのシーズンはプレ・バンクーバー五輪シーズンでした。このメディアは浅田選手の心を折ることに執心していたようですから、その点では大成功でしたね。国の宝がなぜ自国のメディアに潰されなくてはならないのか、私は不思議でなりませんでした。
関連ページ:フジテレビが異常なほど韓流に肩入れする理由 - <日枝久会長が... - Yahoo!知恵袋

と、ここまでが3F-3Loです。
二つ目のジャンプがループですから、フリップを着氷した脚でそのまま飛び上がるわけですよ。ということは、フリップに入る前に助走があってスピードがついていますから、そこから飛び上がって着氷時に浅田選手の膝にかかる負担は、おそらく実際の体重よりもずっと重いのです。
その膝で踏ん張って、さらにそのままループを飛ぶんですよ。途中でこのコンボを入れないシーズンもあったとはいえ、もう10年以上続けているのですから、そりゃ左膝だって悲鳴をあげますよ。故障しないほうがおかしい。

続きまして3F-3T

なんでやめちゃったんだろう・・・3F-3T。しつこいのはわかっていますが、3F-3Loは膝への負担も大きいし、「二つ目のジャンプ(ループ)の方が高かったんじゃないの?」というくらい跳び上がらないと、GOEの加点はおろか、認定すらしてもらえないようなコンボです。男子も女子も二つ目に3ループを持ってくる選手はもうほとんどいませんからね。割に合わないから。
こんなに楽々3F-3Tを跳んでいた浅田選手。平昌シーズンはこちらのコンボでどうでしょうか?

関連記事:浅田真央選手が選び、歩んだ道を振り返る時 - マリア様はお見通し