読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

睡眠の質を上げるためにしていること

血となり肉となり、健やかな心となる

歳をとってから睡眠は質だけでなくある程度の長さをとることも大切であると思い知ることが増えました。若い人と同じようなつもりで「寝なくても大丈夫!」と体や脳を酷使すると、確実にそのツケはその主人(自分)に回ってきます。
睡眠の長さは自分で決められますが、質を上げるためには何をしたらよいのでしょうか?

清潔なリネンに包まれる幸せ

Sleeping Hitler (#9/365)

どんなに嫌なことがあっても、つらいことがあっても、ばふっと倒れ込んだベッドから清潔で優しい香りがしたら慰められますよね。だからリネンを清潔に保つことが大切だと思います。
うちは夏場だと毎日変えて、冬場は一日おきです。だからリネンは質より量。睡眠と逆ですね。洗ってばかりで消耗が激しいため質よりも数優先です。高いの買えないからさ・・・。エジプシャンコットンの1000 thread countを何セットでも欲しいだけそろえたいものです。

ちょっと空腹を感じるくらいで寝るのがちょうどよい理由

脳、心、臓器、筋肉に同時に休息を与えることができる。それが睡眠です。どんなに嫌なことも、眠っている間だけはそのことから解放されます。だけど眠りに落ちる時に胃が消化活動の真っ最中だとしたら、胃は休息の時間がありません。
「朝目覚める頃になってやっと消化活動が終わったと思ったら、上からまた何か降ってきた・・・」

それが胃の本音でしょう。ですから寝る直前はちょっとお腹がすいたなぁと思うくらいがちょうどよいです。お腹がぐぅぐぅなってとまらないような状態では、逆に眠りにつくことが妨げられてしまいますが、食べ物のほとんどが消化されて腸に達しているくらいが、私にはちょうどよいです。
またこのような状態で眠ると、腹時計を活用できます。お腹が空いて自然に目が覚めます。そして前夜から腸に溜まっていたものはそろそろ外に出たくなる頃・・・と便通も促せるので、夕食を軽くするのは理に適っていると言えます。

 

アロマを取り入れて快眠

上品なラベンダーの香りは、つけた本人だけでなく、一緒に眠りにつくパートナーも癒して快眠を促してくれます。愛し合った後にいかが?

 ニールズヤード レメディーズ アロマパルス リラクセーション(ロールオンフレグランス) 9ml

関連記事:快便、快眠がこんなにも難しくなってしまった世の中 - マリア様はお見通し

真性魔性の女(2)

福音

真性魔性の女(1) - マリア様はお見通しの続きです。

魔性の女の恐ろしさって、「気がついたら破滅させられていた」みたいなところです。本人は破滅させようだなんてまったく思っていなかったんだけど、映画「ダメージ」の場合、遊び相手に選んだ男がまずかった。

f:id:usmilitarybase:20160826102953j:plain

【要注意】結末を含むネタバレあり

 

ずっと優等生として生きてきた男に「こんな気持ちになるのは初めてなんだ」と言わせたアナ

主人公で魔性の女アナが遊び相手に選んだのは、婚約者マーティンの父親、スティーブン。まだ医師だった頃に妻の名家出身のイングリッドと出会います。おそらく父親が政財界の有力者であると思われるこのイングリッドに見初められて結婚し、下院議員になって順風満帆の生活を送っていました。
そこに現れたアナは波風を立てようなどとはこれっぽっちも思っていないのです。「面白いおもちゃを見つけたわ」くらいなんじゃないかな。だけどおもちゃに選んだ相手がまずかった。だって真面目なんだもの。
「こんな気持ちになるのは初めてなんだ」
その気持ちは麻薬のような力があり、その気持ちに心を食い尽くされるような痛みさえも気持ちよく感じられたのでしょう。

アナへの気持ちに突き動かされて、今までとったこともないような行動に出るようになったスティーブン

ブリュッセルでの国際会議を控えたスティーブンはアナを同行するよう誘うのですが、「週末はマーティンと過ごすから無理」と断られてしまいます。その夜帰宅して、彼らが週末を過ごすのがパリと娘から聞いてしまい、さらに強い嫉妬にかられるスティーブン。そりゃそうですよね。
「パリに行ったらやることなんて一つでしょう」というおませな娘の言うとおり、パリはロマンチックな街。恋する二人がともに時を楽しむには最高の場所です。そんな場所でマーティンがアナを独り占めし、二人が美しい街並みをともに楽しむことを想像すると耐えられなかったことでしょう。そしてなんと、ブリュッセルでの会議が終わるとパリに直行してアナ達の宿泊しているホテルの近くに部屋を借りるのです。その部屋から見えた二人の様子に嫉妬して、心が焼かれる痛みに、小さな子供のようにベッドの上でもだえるスティーブン。挫折も情熱も知らなかった下院議員はこういうものに免疫がありませんから、これでまたアナへの執着が強くなっていくのです。

二人が乗った船が傾き始めた

f:id:usmilitarybase:20160826104023j:plain

イングリッドと別れると言い出すスティーブンに焦るアナ。当然です。アナにしてみればスティーブンとの関係は情事という大人の遊びなのですからそこまでされたら困ります。

「じゃあ私と朝食も一緒に食べるような生活がしたいっていうの?!」

「ああ、いいんじゃないか!」

固まるアナ。

「マーティンが傷つくわ」

「彼は若いから立ち直れる」

「だけど彼を失うのよ。イングリッドとの生活はどうするの?いい暮らしじゃない。私と一緒になって何を得るのよ?」
「君だよ!」
「既に手に入っているものを求めてすべてを捨てるの?」

 
スティーブンと戯れているからといってマーティンへの愛情が減るわけではないアナ。アナがすべてになってしまっているスティーブン。
一方の気持ちが重くなりすぎたラブボートは沈み始めました。

悲劇、そして破滅

あと3か月くらいでスティーブンの情熱も冷めるだろうなと思いながらこの映画を見ていました。炎がいつまでも燃えさかってるわけありませんからね。だけど残念ながら、その前に二人の関係だけでなく、すべてが終わります。
携帯電話のない時代に作られた映画ですから、アナとスティーブンは思うように連絡がとれません。そこでアナが逢引き用に部屋を借りたのです。アナからもらった合鍵を持ってその部屋を訪れたスティーブン。嬉しさのあまり合鍵を指したままであることなどすっかり忘れて部屋に入り、アナと愛し合っていました。破滅への扉はこうして開かれたのです。

f:id:usmilitarybase:20160826115807j:plain

「なんかこの女危ない」と思わせる女には必ず裏の顔がある

この作品のリマスター版「親子そろって惹かれるほどか?と思いながら見ると、テンションがどうしても下がります。第一、トップクラスの権力者の男に出会って「すぐ」に家庭を捨てさせる決意をさせるほどの魅力か?」というコメントありましたが、だからアナは魔性の女なんですよ!
誰から見ても美人なら親子丼も朝飯前でしょうけど、「この女のどこがそんなにいいの?」っていう女には「何かある」のです。
「アナは信用できないの」と最初から言っていたイングリッド。何もかもが破滅した時、やはり自分の勘は当たっていた、とはあんな形で確かめたくなかったことでしょう。
魅力や妖しさのミルフィーユみたいな女、アナ。
外交官だった父親についてヨーロッパやアフリカで暮らし、四度目の結婚生活を送る母親はアナいわく"いかにもフランス女”(デヴィ夫人を彷彿とさせる女優さんです)。アナの母親の衣着せぬ発言に、その場にいた全員が翻弄されますが、この母親に育てられたアナって・・・とまたマーティンやスティーブン、イングリッドまでもがアナの底なしの妖しさに引き込まれてしまうのです。
ミルフィーユの層を一枚ずつはがしていくような楽しみを、マーティンとスティーブンは知ってしまいました。そして一番下の層にたどり着いた時、すべてが終わりました。


この女、何かあるといえば、宮本輝氏の血の騒ぎを聴けというエッセイに書かれていた女性を思い出します(確かこのエッセイだったと思いますが違ったらすみません)。
ある企業の御曹司が婚約した女性なのですが、とにかくよくできた女性だったのです。だけど父親は「できすぎで怖い。何かある」とどうしても気になって、探偵を雇って素性を調べたのです。するとその女性は、御曹司と同時進行でうんと年上の既婚男性と不倫関係にあることが発覚しました。
もちろん結婚は破談になりましたが、私の想像ではこの女性はすぐに新しいカモを見つけて捕らえたと思いますよ。

 

関連記事

フィッシュタワーは意外と錦鯉や金魚にも人気

お気に入り

錦鯉と金魚が大好きで、こんなのが家にあったら幸せだろうなぁと思うのがフィッシュタワー

Koi Tower

YouTubeや画像で検索をかけると、欧米やオーストラリアのものばかりヒットしますし、実際に日本風の庭園よりも洋風の庭園内の方がタワーが映えます。これをぼぉっと何時間も眺めていたいところですが、これを設置しても自然となじむ庭を持ち、維持費も賄えるようになる日は私の人生にこないだろうとあきらめております。

ところで観賞のことしか考えていない人間の自己満足という意見もよく聞かれるフィッシュタワーですが、本当に錦鯉には迷惑なのでしょうか?


結果はこちら。

男性がフィッシュタワーの中に掃除機のホースを入れて酸素を吸い込ませ、真空状態にしたところに水が入ってきます。しばらくすると・・・・

最初はごく小さな魚達が、続いて金魚達が入ってきました!意外と居心地よいのかもしれませんよ。こればかりは魚達に聞いてみないとわかりませんけどね。
登場する男性が一切話さないのに、見ているだけでフィッシュタワーのDIYについておおざっぱにわかる、とても親切な動画。BGMもなんか癒されます。
そして池が素晴らしい。天然の池に限りなく近いのです。荒地の奥にひっそりとある池みたいな感じでいいですね。もしかして天然の池なのかな。


狭い庭や裏庭でもアクアリウムにできちゃう22のアイデアに感嘆

www.woohome.com

関連記事:家で飼えないと判断した錦鯉を他人の庭の池に放した結果 - マリア様はお見通し

真性魔性の女(1)

偉人・奇人・変人


真性を語る前に、似非の安っぽい魔性の女についての一例をあげてみますと、先日こんな話を聞きました。

「超魔性な子がいてぇー、その子、自分が気になってるA君っていう男の子に『すごく言いにくいんだけど・・・A君の彼女浮気してるらしいの・・・』っていってそのまま彼女から奪っちゃったんですよ」

これは魔性なんじゃなくてただ汚いだけなんじゃないか?とかそんな女にひっかかる男も男だし、お互いお似合いだなぁと思いながら話を聞いていました。
真性魔性の女は見るからに悪そうな雰囲気は出していないと思うんですよ。少なくとも「魔性の女です」と看板はでかでかと出していない。

普段はこのお花のようなたたずまいかもしれない。

http://www.flickr.com/photos/44869649@N06/5163969072

photo by guilherme-pavan

 

真性魔性の女が持っているもの それは "憂い"

山田詠美さんがエッセイで紹介されていたのをきっかけに知った映画「ダメージ」のヒロイン、アナ(ジュリエット・ビノシュが演じています)こそ私は魔性の女だと思います。

アマゾンでレビューを書きました

アナの恋人(後の婚約者)、マーティンがこういいました。

「なんか彼女って悲しそうだろ」

アナは自ら不幸自慢、苦労自慢しているわけでもないのに、なんだかこう陰があって、憂いを漂わせているのです。私はこの憂いこそ真性魔性の女が持っているものだと思うのです。
 
ただし真性魔性の女がもつ陰は周りの人間がふと感じるものであって、本人が「よく陰があるっていわれるの」と自己申告するものではないでしょう。そういう風に自分から言ってしまう人間は、光を浴びたいがために無理やり陰を作り出しているような気がします。

憂いのあるアナ この人ほんと空気読めない(笑)。

【要注意】ネタバレあり


主人公アナ(魔性の女)がボーイフレンドのマーティンの転職祝いを祝うためのディナーに招かれるシーンがあります。
マーティンの両親、そして一族の実力者である祖父に紹介するということは、真剣なおつきあいをしている証拠。親としては可愛い息子の本命の女性ですから、どんな人間なのだろうと気になるから当然色々質問します。

「あなたのご両親は?」


「父は・・・・(省略)。母は四番目の夫と一緒にPalm Beachで暮らしています」


四人目の夫。結婚・離婚をそこまで繰り返すということは、相当奔放というか人間的に何かあるんじゃないか、という母親像を思い浮かべさせますよね。そういう人に育てられた女性が息子のガールフレンド、と思われてしまうかもしれないということに、何の恐れもないアナ。
しかもこの映画の舞台はイギリスで、マーティンの父親スティーブン(アナに夢中になって狂わされる男)は国会議員です。ということはマーティンはいわば裕福で保守的な家柄の出身ということ。
それなのになんのてらいもなく「母は四人目の夫と・・・」と淡々と話すアナ。そこには上流階級に対する媚びもなければ計算もありません。

「一人っ子でいらっしゃるの?」

「兄がいました・・・私が15歳の時に自殺しました」

それ、今話すことか?空気読まないなぁ・・・
なんともいえない空気が流れる中で、近い将来自分の義理の娘になるであろう女性に対する厳しい目を見開いたまま、マーティンの母はさらに質問します。

「なぜ自殺したの・・・?」


ある種の悦楽が感じられる意地悪な目つきで、こう聞きます。それに対してたったひとこと"Love."と、顔色を変えずに答えるアナ。ミステリアスなアナにどんどん惹かれるスティーブン。
同じ日の夜、スティーブンはうまく妻のイングリッドに嘘をついて、アナの自宅を訪れます。そしてそのLoveに隠された悲劇をアナから聞いて、彼女の傷を知るのです。だけどその傷を癒すように優しく抱くどころか、乱暴に求めるスティーブン。

 

アナの母親の奔放さというかエキセントリックさは映画でも伝わってきますが、原作だとより詳細に描かれています。英語がわかる方は是非読んでみてください。映画も洗練されていますが、原作はもっと洗練されています。

原作 Damage (英語・Kindle版)

「やっていることはただのビッチ」と頭でわかっていても、追い求めてしまう危険な女

"Remember. Damaged people are dangerous. They can survive."
「覚えておいて。傷ついた人達は危ないのよ。生き延びるから」


そうアナに前もって言われていたのに、傷を負ってもそれを必死に隠すわけでもなく、かといって傷をちらつかせて同情を引こうともせず、流されるように生きるアナに惹かれてしまったスティーブン(マーティンの父親)。
スティーブンのオフィスに電話をしてきてアナが誘ったことから始まった情欲と悲劇ですが、自分の愛する息子の婚約者だというのに、導かれるようにしてその誘いにのってしまうのです。頭のどこかでは「自分の息子を裏切っているひどい女」とわかっていても、アナの魅力に逆らえない。
こんな風にかなりビッチだとわかっていても、スティーブンは妻のイングリッドと離婚するとまで言い出します。そしてアナはこういってなだめて離婚を思いとどまらせます。

「離婚しなくても、私ならもうあなたのものになっているじゃない」

マーティンとアナの婚約が決まり、絶望し取り乱すスティーブンにこんなことまで言う始末。

「あなたと一緒にいられるようにマーティンと結婚するのよ」


これは自分の息子に対する侮辱と同然なのに、二人が結婚しても自分がアナの人生に留まれることを知り、安堵して喜びを隠せないスティーブン。
マーティン可哀想だな・・・。だけどスティーブンの中の父親と男の一面が戦った結果、男の一面が勝ってしまったのです。息子よりも愛人を選んだ。
冷静に考えたらアナのやっていることは人の道からはずれているし、かなりビッチなのですが、もうそれすらわからなくなるほど盲目になっているスティーブン・・・・。

ジェレミー・アイアンズが演じる国会議員スティーブンの、英国紳士たるスーツ姿の美しさは一見の価値ありです。そのスティーブンが知性、教養、社会的地位、理性・・・すべてを忘れてアナに狂うシーンは、このスーツ姿がなければ演出できなかったでしょう。

ダメージ(DVD)

 

真性魔性の女 芸能人に例えるならばこの人

高岡早紀さん、といいたいところですが、蒼井優さんでしょう。なぜなら高岡早紀さんはぱっと見でもう何が武器なのかわかるじゃないですか。色っぽい顔立ちに大きな胸。ああ、そそるよなーって同性から見ても明らかです。

だけど岡田准一さんや大森南朋さんといったモテ男とおつきあいしていた蒼井優さんは、武器がなんなのかはっきりわかりません。美人ではないし、スタイルがよいわけでもない。じゃあ何を隠し持っているの?きっとそれが彼女のモテの秘密であり、魔性なんだろうと思います。

真性魔性の女(2) - マリア様はお見通しに続く

 

関連記事

自分のことばかり話す様子が病的な女性へ 悪いのは男運じゃなくて多分あなた自身です

福音


先日会社でランチを食べようとしていた時のことです。
さやかさんという女性社員(30代・シングルマザー)がこう言いました。


「シモネタ聞きたい人いますか~?」

さやかさんは周囲がきいていようが聞いていまいが、まったく構わず喋り続けることで有名な人なので、勝手に喋らせておいても構わないのですが、この日はちょっと事情が違いました。

新人に自分のプライベートの話を聞かせまくる神経の持ち主

ランチの輪の中には、入社してまだ1か月も経たない女性社員・いつみさんがいたのです。まだ周囲に対して遠慮がちで、このランチの輪の中でも居心地が悪くてしようがないいつみさんに、何もシモネタを聞かせることもなかろうに・・・と思いましたが、さやかさんは話し始めました。

「この間の相手が結構よくてぇ~」

「しばらく連絡なかったから、こっちから連絡して『本命できたからもうこっちからは連絡しないね』、って言ったらなんかしつこく連絡がくるようになって♪」

割り切った大人の関係を持っていた相手から連絡が来なくなった。寂しいし悔しいから他の男の存在を匂わせて、もう一度おびき寄せた。

さやかさんはきっと「私は男心をわかっているから、体だけの関係の男も私に結局夢中になる」くらい思っているのでしょう。だけど男にしてみたら"便利な女"としてキープしておきたいだけなのです。だから連絡をくれるようになったのです。
そういうことが30歳を過ぎてもわからないのか・・・と呆れる人も多いと思います。だけど結構いるんですよ。年齢を重ねても学ばない人。
自分のえぐいプライベートの話を聞きたがっている人がいない=「需要がないのに喋りまくっている私」という状態に気づくことができない、恥ずかしいという感覚がない時点で、恋愛で苦労するのは目に見えています。
あなたの周りにもいませんか?こんな風に感情的・精神的に露出狂の女性。


うまくいっている人を見ても真似できない

「なんで私には出会いを実らせることができないのだろう」と思ったら、恋愛マニュアル本を読み漁って迷走・暴走してもいいです。だけどこういうさやかさんみたいなメンタル的露出狂の女性は、恋愛を成就させることのできる女性と自分の違いをわかっても、前者の真似ができないのです。男性が「この人をもっと知りたい」と思うような、ひっそりと秘めた部分を残しておくことができません。
例えばさやかさんは、出勤してくる人をつかまえては同じ話を聞かせます。

「あべさん、聞いてー。昨日さぁ・・・」

「外山さん、ちょっと聞いてくださいよー。昨日ね・・・」

同じ話を全員にするのです。どれだけ話せば気が済みますか?
感情を垂れ流したい、露出したいのを、常にとはいいませんから時々ぐっと我慢するだけで、男性を惹きつける磁力は強くなります。これは女性を相手にトレーニングすることもできます。だけど年を重ねてもその我慢ができないから、今のさやかさんがあるのです。
さやかさん、「男運が悪いの」とぼやいていますが、悪いのは男運ではなく多分あなた自身ですよ。

関連記事