マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

心に染み入る水無月の雨音

洗濯物も外に干せない。食べ物はすぐにいたんでしまう・・・。雨が続くと気分も憂鬱になりがちですが、この紫陽花の美しさのように梅雨時ならではのお楽しみがあります。

雨の音を聴きながら眠りに落ちる

雨の夜もいいけど、昼の魅力も捨てがたい。半休をとって帰宅して、昼間の誰もいない家で一人でベッドに寝転んで雨の音に包まれながら小説を読んだり、あるいは何もせずぼうっとするのもいいです。
夜の雨の不気味さも好きで、雨の音がちゃんと聞こえるようにテレビをつけない日も結構あります。そして雨がまるで何かを静かに洗い流すような音を聴きながら、眠りに落ちる。夫はこうするようになってだいぶ朝の目覚めがよくなったと言っています。雨音がもたらす静寂は人の心にも静寂をもたらす効果があるのでしょうか。

雨の日に引きこもる幸せを演出するBGM

そして雨の日にぴったりなのがこのシューベルトの幻想即興曲とソナタ集。3時間と長めだけど、雨の音を決して邪魔せずに日常生活の中にとても特別な、非日常的な3時間をつくりだしてくれます。

youtu.be

全体的に暗さ、切なさ、悲哀、甘さ、優しさが程よくて、全曲が心にしみわたるようなアルバムです。ショパンのノクターン集と同様に雨の日の昼下がりに聴くのにぴったり。このアルバムを聴きながらふと、ど田舎で過ごした幼い頃の梅雨の想い出が蘇ってきました。
雨具を着て、ランドセルカバーをして完全防水。徒歩で帰宅する私達子供の鼻をつく生臭さ。田園地帯に大量に発生するアマガエルがのんきに道路にぴょんぴょん出ていって車に轢かれ、ぺしゃんこになった死体が道路の至る所にあるためです。
ゴールデンウィークの田植えの頃はまだ水田の中でオタマジャクシとして幸せに泳いでいたであろうアマガエルの短い生涯の終わりが、あちらこちらに見られたあの頃。今はどうかわかりません。帰省すると実家の裏の川にまったくザリガニを見かけなくなったくらいですから。

雨の日の暗さと時々訪れる晴れ間の両方の要素が含まれているような音を奏でているのはチリ人ピアニストClaudio Arrau。もうこの世を去ってしまいましたが、一度でいいからライブで聴いてみたかった・・・・。
残念ながら日本のアマゾンではもう在庫切れですが、アメリカのアマゾンでは中古品がまだ取り扱われています。

Schubert: Piano Sonatas D. 664, 958, 959, 960

水無月という和菓子が食べたくなってきました・・・。

関連記事

胡散臭いスピリチュアルカウンセラーの高額セミナーについて思うこと


胡散臭いカウンセラーやコンサルタントの高額セミナーについて思うことについて書きます。
セミナーは講師のお話が与えてくれるものが商品ですから、原価は0円。そして講師は自分の話す時間の価値(値段)を自分で決めることができます。お話が与えてくれるものは

  • 感動
  • モチベーション
  • 聴講者が抱えている問題の解決の糸口

と、すべて無形です。無形だからこそどこの馬の骨ともわからぬ人間がありえないほど高い参加費を請求できるわけですが、そもそも無名の人がそんなに大きな感動やモチベーションを与えることができるものなのでしょうか?

Trapped... ... ...


お金を払ってでも話を聞きたいと思えるのは:

  • 壮絶な過去を乗り越えてきた人
  • 好きな芸能人
  • 誰が聞いてもおおっとわかるような大きな実績がある人


ですから必然的に高額セミナーや講演会を開けるのはほとんど既に有名な人です。だけど「おまえはいったい誰?」「どんなすごい経歴の持ち主なの?」となんだかよくわからない人が高額のセミナーを堂々と開催しているのを見ると、自己評価の高さに驚くし、来世は私もそういうおめでたい人間に生れてきたいと思います。
私の知人がこういうおめでたいカウンセラーやコンサルの開くセミナーの集客にかかわっているためしょっちゅうフェイスブックでセミナーの情報が流れてきますので、以下に引用します。

どんな質問も〇〇先生が答えてくれます。

「幽霊は本当にいるんですか?」
「守護霊が見える人って本当にみえてるんですか?」
「雨の日に川に近づくと遊び相手を探している河童にいたずらされるって本当ですか?」などなど。

XXX術の観点でわかりやすく説明します!!



〇〇術の視点から・・・・宇宙的に・・・とか「なんかすごそう」な言葉にひっかかりやすそうなカモを対象に一回数万円するセミナーを主催している男性のページを見に行ったのですが、いたって普通のおじさんっぽい。セミナーや講演会をやるなら地元の公民館で無料あるいはワンコインでいいんじゃないか?と思いましたが、この普通のおじさんのお話を聞くことによりどうなるかというと、胡散臭いスピリチュアル系のパワーワードがさく裂していました。

  • 気づき
  • ひらく
  • 目からウロコ
  • 幸せになる
  • 自分らしく生きられるようになる


自分らしく生きられるようになるために、いったいその人の何がそんなにすごいのかわからないような人に40,000円も払うの?40,000円あったら大好きな人達と集まってたくさん笑って美味しいお酒を飲むことが4回はできるのに・・・。
ちなみにこの胡散臭いスピリチュアルカウンセラーのプロモーションを担当している知人がフェイスブックでシェアするものって、みんな胡散臭い人達がやっているものばかりなんですよ。
〇〇とXXのコラボで痩身!とかオーラソーマとかなぜか全部高額。あと最近では量子力学っていうのもよく見かけますね。幸せになりたい人達をカモろうとしているんだろうけど、幸せになることってもっとシンプルだと思います。目の前にある問題と向き合い、乗り越えていくこと。それを乗り越えていくために、自分のことをよく知りもしない胡散臭い人達が的確なアドバイスなどできるわけもないし、どうせアドバイスをもらうならプロからがいい。資格がなくても名乗れるような胡散臭い肩書を名乗る乞食に何万円も払いたくないです。
しかもそういう人達に限ってとてもシンプルなことを大げさに話して、「で、この話はどこに行くのだろう?」とオチを待っていると「えっ?!それだけ?!」と思うようなことだったりする。そんなことに大金を支払ったのか・・・と学習できたのであれば、高いレッスン費ではありますがもう同じ過ちは繰り返さないことでしょう。


関連記事

日本の梅雨~初夏に纏いたい香り

 

「もうすぐ雨が降りそう」と匂いでわかる時がありますよね。
湿った空気がアスファルトに触れてそこから匂いたつものが鼻の先をかすめ、そして雨が降る。そんな季節がもうすぐやってきます。

青空が恋しくなる連日の雨、そしてじめじめした空気。
梅雨が近づく気配を感じると、香水を切り替えたくなるのは毎年のことですが、湿度の高さを考えると今使っているような甘いものは控えたくなります。
ぱっと閃いてそのまま脳裏にこびりついて離れないのが、朝露に濡れた緑のような爽やかさや、ウリ科の植物の青臭い清涼感のある香り。

Rain Drops

となると必然的にランコムやディオール、イヴ・サン・ローランは候補から消えます。
今年はこの時季に楽しみたい香りを買うにあたり、以下の四か所を回って選びました。そごう横浜店に行ったよ。

 

1.ゲラン アクアアレゴリア ココナッツフィズ

 

f:id:usmilitarybase:20190514215606j:plain

 (画像は同ブランドの公式サイトからお借りしました)

アクアアレゴリア。このシリーズはパルファムではなくトワレで、10種類の香りがありますが、6月1日発売のココナッツフィズという香りが素晴らしかったです。
ココナッツと聞くと甘ったるい香りを思い浮かべるでしょう?ところがこのココナッツフィズは最初にココナッツの香りがしたと思うと、次の瞬間にちょっと青臭さが入り混じったような爽やかな香りが漂うのです。もはや香りのマジックです。これは梅雨~真夏にぴったり。発売したら絶対に買いに行きます。ゲラン様、恐れ入りました!!!
アクアアレゴリアシリーズですが、この二分の一のサイズがあったら、4種類くらい買ってその日の気分に合わせて香りを楽しみつつ、蒸し暑い夏の終わりまでに使い切って日本の酷暑にさよならを告げることができたのになぁと思います。


2.エスティーローダー プレジャーズ

これは透明感を香水にしたような・・・・。

f:id:usmilitarybase:20190514224558j:plain

(画像は同ブランドの公式サイトからお借りしました)

誰にでも似合いそうな、かといって無個性というわけでもない、とてもいい香り。老若男女問わずウケそうな香りです。だけどこれといって季節感がなくて通年使える感じだったのと、香りを嗅いだ瞬間にまったく気分が高揚しなかったのでパス。

 

3.PENHALIGON'S(ペンハリガン)BLASTED BLOOM/HEATH

世界的人気ブランドのフレグランスの正規輸入代理店であるブルーベル・ジャパンが運営するフレグランスのセレクトショップのようなお店、ラトリエ・デ・パルファム。そこで取り扱われているブランドの一つであるPENHALIGON'SのBLASTED BLOOM(ブラステッド・ブルーム)とBLASTED HEATH(ブラステッド・ヒース)香りの青さがすごい。

f:id:usmilitarybase:20190514215605j:plain

青い香りってどんな香りと言われそうなのですが、メンズ寄りで爽やか。店員さんが「どんな香りを試してみたいですか?」と聞いてきたので、「森の香りです」と伝えると、すすめてくれたのがこのブラステッドの二種。
もともとは理容店だったという背景を聞くとなんだか納得してしまうこのブランドの香り。ブラステッド・ブルームは春の訪れを彷彿とさせる香り。爽やかなので梅雨時でも使えます。ブラステッド・ヒースはレディースの香りであることが信じられないくらいシャープ。
同ブランドの「ルナ」というトワレは100mlで23,700円と高価ですが、また使ってみたい香りに出会った感じがします。香りは嗅いでみませんでしたが、ボトルが素敵でストイックに神秘を追及した感じで、絶対にはずれなしの予感・・・・♪

4.イッセイミヤケ ロードゥイッセイ ピュア ネクター ドゥ パルファム

2019年の梅雨、夏をともに過ごしてくれる香りは、既に紹介したココナッツフィズとこれに決定です。
イッセイミヤケのフレグランスで甘めの香りは初めての試みではないでしょうか。

f:id:usmilitarybase:20190525185630j:plain

これもPENHALIGON'S同様にラトリエ・デ・パルファム取り扱いブランドの一つ。
ピュアな香りとその崇高さを体現するかのようなシンプルなデザインにこだわり続けるイッセイミヤケがフェミニンを表現するとこんな風になるのです。

このブランドのフレグランスを初めて使ったのは19歳の時で、「世界で最も美しく最もピュアなフレグランス。それは、純粋で透明感のある水の香り。」と言われるロードゥイッセイ オーデトワレでした。それ以来その唯一無二の香りは私のバスルームから姿を消したことは一度もありませんが、今回買ったのはパルファムで、ピュア ネクターという香り。
イッセイミヤケのフレグランスシリーズの特徴である透明感はそのままに、瑞々しい果実の香りが心地よいのですが、何の香りだろうと思ったら洋梨なのです。だけど甘すぎず、そして時間が経ってくるとサンダルウッドが主張し始めて、この爽やかさなら梅雨時~真夏にもぴったり。


関連記事

cantfoolme.hatenablog.com

 

北陸新幹線に乗って日本一海に近い新幹線駅「糸魚川」へ

 

北陸新幹線を糸魚川(いといがわ、と読みます)で途中下車し・・・というと、まるで糸魚川は最終目的地=メインアトラクションにはなりえなくて、北陸新幹線は金沢へ人を運ぶためだけに作られたみたいに聞こえますが、やはり糸魚川は地味だなぁと思いました。だけどその地味なところになんともいえない旅情を感じてしまうのが魅力的です。

北陸新幹線の車窓から見える景色

f:id:usmilitarybase:20190515034350j:plain

終着駅が金沢というだけあって、新幹線からの眺めを売りにしているのかと思っていましたが、こんな風に海が見えてきたのは糸魚川駅の直前です。あとはほとんどトンネルで、車窓から見える景色は同じようにトンネルばかりでも上越新幹線の方がもっと壮大です。復路は上越新幹線に乗りましたので、また別の記事でご紹介します。

新幹線が停車するようになって様変わりした糸魚川駅

f:id:usmilitarybase:20190515032033j:plain

北陸新幹線が開通し糸魚川駅に停車するようになったのは平成27年。その前の様子を知らないのでどこがどう変わったのかもわかりませんが、きれいに整備されていて糸魚川を拠点に観光しやすいという印象です。
糸魚川がヒスイの産地としてアピールしていこうというのは糸魚川駅構内を歩いていてもわかりましたが、今回は楽しみにしていた「日本海ひすいライン」への乗り換えまであまり時間がないため、ひすいに関連するものはチェックせず海への散歩にとどめました。上の画像は日本海口です。その日本海口から出てみましょう。

f:id:usmilitarybase:20190515131546j:plain

駅を出た瞬間、さびれた商店街の向こう側に地平線が見えるような気がしたのは、日本一海に近い新幹線駅という予備知識のせいかもしれませんが、海が近いだけあって開放感がすごい。糸魚川市大規模火災の被害にあったのもこの日本海口=駅の北側ですが、焼けた部分はもう少し離れたところにあるようで、復興の様子を見ることはできませんでした。
そして少し歩くと虹をモチーフにした公園のようなものが見えてきました。

f:id:usmilitarybase:20190515131547j:plain

この虹は冬の日本海側の暗い空とどのようにコラボレートするのか興味がわいてきました。冬になったらまた見に来たい、とこの時は思いました。ええ、この時はね・・・・。
虹のように見えたのは展望台でした。

f:id:usmilitarybase:20190515131551j:plain

日本海口から徒歩5分の展望台から眺める日本海

展望台の目の前を走っているのは国道8号線です。地下道を通って展望台へと向かいます。

f:id:usmilitarybase:20190516025853j:plain

f:id:usmilitarybase:20190515131550j:plain

そして辿り着いた展望台はあまりにもシンプルで、そこがまたいいなぁと思いました。

f:id:usmilitarybase:20190515011509j:plain

(展望台から長岡方面を望む)

春の日本海を眺めて脚に震えがきたのは、展望台の高さが理由ではないでしょう。それほど高くないし。ただ高くないわりに、そこに立つと眼前には日本海が広がっており、何の障害物もなく見えてしまう分怖気づいてしまうのです。日本海の荒波に飲み込まれてしまいそうで。
柵はあまり高くなくてすぐ下はテトラポット。落ちたらよくて重傷、運が悪ければ死亡。だけど震えが来たのは、冬の日本海とはまったく違う表情ながらも、手荒い歓待で私達夫婦を試すかのような雰囲気のせい。
感傷的な冬の日本海の景色とはまったく正反対なのに、それでもなんだかぼうっと見てはいられない、歌手のプロモーションビデオの真似ごとを冗談でしてみる気にもならない、身震いしてしまう雰囲気。画像と文章で伝えきれないのが残念です。

f:id:usmilitarybase:20190516050515j:plain

(富山方面を望む)

春の海の爽やかさ、そして短い夏を迎える準備ができた海が大喜びしているような高揚感をはらんだ波がざっぱーん、ざっぱーんと押し寄せてきます。

車窓から見た短い夏 - マリア様はお見通しという記事に、Peri様からこんなコメントをいただいたのをふと思い出しました。

日本海の美しさは太平洋のそれと全く違いますよね。色が緑味を帯びていて波が荒い。浜辺にいる人も少なく、厳かという言葉がピッタリ合う。

春の日本海もやはり緑を帯びていて、深い深い青でした。こんな海で生きている海洋生物が不味いわけないだろうと思わせる青。
冬にまた戻ってきてこの展望台からあの荒れたメランコリックな日本海を眺めたいかというと、まずあの展望台が雪で覆われて凍り付いていたら恐ろしくて登る気になりません。春ですら「落ちたらどうしよう」と怖かったのですから。でも安全なようであれば、肝試し的に冬の日本海もあの展望台から眺めたいですね。

外国人観光客にも日本海沿岸の旅情を感じてほしい

8号線の下を通る地下通路では、糸魚川周辺の観光名所が英訳付きで紹介されています。

f:id:usmilitarybase:20190515131553j:plain

裏日本と呼ばれるほど地味な日本海側ですが、こうして観光客を迎える準備はできています。
親不知(おやしらず)はこんな風に英語で描写するのかぁと勉強になりました。

f:id:usmilitarybase:20190515131549j:plain

親不知は外国人観光客にも訪れてほしいです。景観以外は本当に何もないところだけど、あの暗く、時代から完全に取り残されたような、あの寂しげな景観はこれからも保たれるであろうと思われる場所です。

www.itoigawa-kanko.net

おっとそろそろ日本海ひすいラインに乗る時間ですから駅に戻らなくてはなりません。

f:id:usmilitarybase:20190515043033j:plain

糸魚川駅北側にある奴奈川姫(ぬなかわひめ)の石像。古事記では沼河比売と記されているそうです。この石像は素通りできないオーラを発していました。ただの石ではなく、命が宿っているような感じがするのです。じっと見られているような・・・・。
日本海ひすいラインについてはまた別の記事で書きます。

自然な艶が出るゲランのファンデ「ルソンシエル」

3月にゲランで香水を買った時、ちょうどファンデーションがなくなったのでそれも一緒に買ったのですが記事にするのを忘れていました。購入したのはその美しさが16時間持続するといわれているルソンシエル

f:id:usmilitarybase:20190409032024j:plain
(ひつじのぬいぐるみはふかわりょうさんから送られてきたものです。うふ)

若返りメイクに最適

ナチュラルグロウを売りにしているだけあって、確かに自然な艶が出て薄づきなので塗った!という感じはしません。このいかにも塗りましたという感じは女性を老けて見せますから、若返りメイクにはおすすめです。
目の下はコンシーラーを薄く伸ばしなるべく自然にカバーし、残りはこのファンデをさっと塗るといいと思います。にこっとすると頬の一番高くなる部分からこめかみにかけてYSLのルミエルディヴァイン、あるいはゲランのメテオリットビーユを大きなブラシでさっと乗せて光を味方につけてもいいですね。
のびがいいので3月上旬から使い始めてまだ半分以上残っています(私は薄く伸ばしてつけるのが好きなので個人差はあるでしょう)。それから画像に乗っている同ブランドのブラシは6200円でしたが、これは買ってよかった!
BAさんが私の手の甲にやさしくこのブラシを滑らせた瞬間、もう逆らえなくなって買ってしまったのですが、このファンデを活かすにはこのブラシは必須!ドラッグストアで売っているスポンジで代用しようなどと思わないで~。
そして顔汗がひどい私の肌にあわなかったのがメテオリットバーズという下地。

f:id:usmilitarybase:20190506220252j:plain

パールピンクの玉、実は最初見た時ただのデコレーションだと思っていたので、こりゃまた随分内容量が少ない下地だなぁーそれで9500円か・・・・と思い込んだのですが、一枚目の画像に映っているバーズと上の画像のバーズを比べていただくとわかるように、使っていくうちに液体だけでなく、玉も減っています。ポンプをプッシュする度に、このパールピンクの玉も吸い上げられて、玉がつぶれてその中の成分が手の平に溶け出す仕組みです。
ファンデと比べて随分減りが早いのには理由があります。私は顔に汗をかきやすく、極端な混合肌でTゾーンのてかりがすごいのです。ですから下地はわりときっちり叩き込みたいので、ファンデーションに比べて多めに使います。
だけど朝8時につけて午後の1時にはもうTゾーンがてかってべたついていたので(しかもTゾーンはパウダーでおさえてある)、テカリをおさえるのであればエスプリークのビューティフル・ステイ メイクアップベースの方がよいと思いました。私のような体質・肌質の人には。

 


関連記事

cantfoolme.hatenablog.com