読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

バターとか白すりごまみたいな存在の人 

歩み


お料理していると、無いなら無いで、別に困らないんだけど、あると風味が確実によくなる!というアイテムってありますよね。私の場合はバター、白すりごま、ナンプラーあたりがそれです。


「あ、切らしてる。ちぇっ」って思う。なくてもそのお料理は作れるんだけど、入れるとやっぱり違うんだよなぁ。そういうのって調味料じゃなくて、友人にもいます。

ちょくちょく会うわけでもないんだけど、いつも私の心の中にいて、「こんな時あの人だったらどうするだろう、どう考えるだろう」と顔を思い浮かべる人。

memory


宇多田ヒカルさんのFirst Loveという曲にこんな一節があります。

You'll always be inside my heart

いつも あなただけの場所があるから

I hope that I have a place in your heart, too.
(訳:私の居場所も、あなたの心の中にあるといいな)


この曲がリリースされたのは1999年。宇多田さんはまだ16歳でした。この年齢でこんな歌詞が書けるってすごいなぁと改めて思います。西野カナさんの作詞がより薄っぺらく見えてしまいますが、女子高校生達にはあのくらいのほうがわかりやすいし、伝わりやすいでしょう。
話が脱線しましたが、誰かの心の中の自分の居場所って、結局土足で入っていって無理やり作るものではないんですよね。

必死で印象に残ろうとしたり

見返りが欲しいだけでこれみよがしに尽くしたり
恩を着せようとしたり

高価な贈り物をしたり


どんなことをやったって、メモリに残る物・人=心にいつまでも留まることができる人は、その心を持つ本人に選ばれた人だけなのです。
魅力がある人、愛し合った人、その人の心に深い傷を負わせた人・・・・。傷を負わせた人間は、傷が癒えたらおさらばですが、魅力がある人や愛し合った人達の中には、のちにどんなに素晴らしい人が現れても、王座を譲らない人っているんですよ。決して他のものに上書きされないものを持っている人。
それは親だったり、配偶者だったりするわけですが、彼らは王座を死守しようとしているわけではないのです。
逆に死守しようとしたその時が、危うかったりします。
誰かにとって特別な人でありたい。
残念ながらそればかりは自分ではどうすることもできないのです。

バターとか白すりごまみたいな存在の人 
なろうと思ってなれるもの、なりたくてなれるものではない


この記事が気に入った方へのおすすめ記事

埋められない溝を飛び越えてはいけない(1)田舎の友達とどんどん疎遠になる理由 - マリア様はお見通し

【カード】紙の質にこだわったら、この国の製品にたどり着いた

お気に入り

2017年になりました。あけましておめでとうございます。

グリーティングカードやパーティーの招待状などが届くと、書いてある内容を読む前に、紙の手触りでうっとりしてしまうことはありませんか?なんだか自分が特別な人になったような気分がするというか、大切に思われているんだなぁと舞い上がってしまいそうな、上質な紙。
自分もそういう紙に気持ちをしたためて送りたい、と感じた時のために、2,3枚ストックしておこうと、紙の質にこだわってカードを探し歩いてみたら、灯台下暗しってやつで、地元・横須賀で発見!

英国 FOX & BUTLERのカードの手触りを体験してみて

f:id:usmilitarybase:20161227085725j:plain

大き目の水玉の中に紛れ込んでいるたった一つのハートが可愛い。気になるお値段ですが、410円でした。税抜きか込みかは忘れました。

FOX & BUTLER社のウェブサイトにはこう書かれています

グリーティングがしばしばテキストメッセージによって届けられる時代だからこそ、はるばる長い距離を配達されてやってきた美しくパーソナルな封筒を開く瞬間は、楽しく、そして力強いものがあります。
美しい材質にパーソナルな短い手紙を書くことは、ソーシャルメディアがかなわない経験を与えてくれます。
本音や感じたままのことを誰かとシェアするなら、感情が手に取るように感じられるよう、インクと触れ合う文具を使うべきです。


なるべく原文に忠実に訳したら、硬くなってしまいました。素人の翻訳ですからご容赦ください。
FOX&BUTLER社のシンボルと思われる、foxが紙にこんな風に控えめに印刷されています。

f:id:usmilitarybase:20161227085726j:plain

この紙の手触りを知ると、もう他のカードが使えなくなります。外側の台紙も内側の薄い紙も最高。逆に質よりもを重視する場合(面倒くさいけど義理などで書かなくてはならない場合)は、FOX&BUTLERのカードだともったいないくらい。

サイズが小さい

f:id:usmilitarybase:20161227085723j:plain

このブランドのカードは、日本のものやアメリカのものに比べると小さいんですよ。それがまたいい。だから小さな字でめいっぱい、びっちりだらだら書くのは似合いません。
ほんの1,2行でびしぃっっときめましょう。

デザインは豊富ではないけれど、どことなく英国のエッセンスが詰まったものばかり

f:id:usmilitarybase:20161227085722j:plain

英国の国花・薔薇のデザインもありますし、英国風トラッドだけではなく、こんなポップなデザインのものもあります。

f:id:usmilitarybase:20161227085724j:plain

FOX&BUTLERのカードはここで買えます>>横須賀モアーズシティ7F act creators box

◆FOX & BUTLER社のウェブサイト
http://www.foxandbutler.com/

夢ってやっぱり潜在意識と深く関係しているんだな、と考えさせられた夢

福音


夢占いは血液型による性格判断と同じくらい興味がない私でも、やはり夢というのは自分の心の奥底にあるものを映し出しているものなのだなぁと思う夢を見ました。
自分の心や脳の中に溜まっていたり、こびりついているものだけで作られたショートストーリーを見ているようなものです。

「他人が見た夢の話ほどつまらないものはない」と言いますが、昨夜見た夢について書かせてください。

dream\sleep

そこがどこなのかはっきりとわからないけれど、とにかく居心地の良い部屋に私はいました。そこは私の家ということになっています。
そして友人が一人遊びに来ていました。かつて横須賀基地で一緒に働いていたフィリピン人女性です。
出窓の前に座らせていた熊のぬいぐるみを見て、彼女がこう言いました。

「今あのぬいぐるみ、笑った」
そういわれてぬいぐるみを見ると、ちっとも笑っていないし、いつもとなんの変わりもありませんでした。
「ねえ、見て!口も動いた!」

するとその熊の愛らしく黒目がちなつぶらな瞳は、みるみる薄い色になっていき、瞳孔が目立つ妖しい目になりました。
だけど不思議と怖いと感じなかったのです。そしてその友人と黙ってそのぬいぐるみを見つめていると、それは話し始めました。
平易なボキャブラリーをあえて選んでいるのかわからないけれど、シンプルだけど鋭いひとことや、ユーモアのセンスがあって、温かく、話していて心地が良いのです。熊と喋っている感じじゃなくて、人と喋っている感じ。
私が「こういう人と友達になれたらなぁ」と求める資質をすべて備えていました。そして私は常々こういう人を求めているんだなぁということを、この夢から覚めて改めて実感しました。
私は面白いことが思いつかないのであれば、喋らない方がいいと思っているため、あまりべらべら喋りません。だから静かな人だと誤解を受けることもありますが、この熊のぬいぐるみみたいな人相手には、そりゃあもうノンストップで語り続けます。うざがられるくらいに。
2017年、こういう人に出会えますように。そして自分もその人に同じくらい面白いと思ってもらえる人間になるよう日々精進したいです。

2016年の「マリア様はお見通し」はこの記事でしめたいと思います。
アンチを除く読者の皆様御多幸をお祈りしています。

よいお年をお迎えください!
アベ マリア

2017年の手帳はこれにしました

お気に入り

2017年の手帳はココちゃんにしました。

ここが好き1:B6というサイズ。そしてソフトカバー

f:id:usmilitarybase:20161218143324j:plain

携帯に便利な薄くて小さなサイズだと、色々書き込みたい私としてはちょっと物足りない。だからB6(188mmx135mmx13mm)が最適。そして手帳と言えばソフトカバーしか考えられないほど、根っからのソフトカバー派です。

ここが好き2:1月はじまり

f:id:usmilitarybase:20161218143322j:plain

(月間予定のページはこんな感じ)

やっぱり1月始まりのダイアリーはいいですね。
気が早い人はもう10月くらいに来年の手帳を購入するため、ここ数年は10月はじまりくらいのものも多く、1月はじまりを探すのが難しいくらいです。だけど私はやはり1月始まりの方が、新しい一年がまた始まるんだなぁという実感がわいて好きです。

ここが好き3:フリーページを中心としたイラストが豊富で、クオリティが高い!

手帳の最後のほうについてくるフリーページ、見開きでたった4ページしかないんですよ。だけどそんなのどうでもよくなるほど、全体的にイラストが豊富でクオリティが高いのです。既視感のあるイラストが少ない♪

f:id:usmilitarybase:20161218143321j:plain

(フリーページ)

2年位前までは、大好きな水森亜土さんのものを使っていたんだけど、使いまわされているようなイラストが多いなと感じるようになりました。
亜土さんの場合、使いまわしでも新しいファンにとってはそれが目新しいわけですから、そこまで長く愛されるイラストを描いてきたということ自体がすごいわけですが、幼い頃から知っている人間としては、手帳はもういいかなぁと思うようになりました。
だけどココちゃんはすごい!例えば週間予定のページ。

f:id:usmilitarybase:20161218143323j:plain

 

こんな風にイラストで埋まっている場合もあれば・・・

f:id:usmilitarybase:20161218150920j:plain

程よい余白を保ってフリーページっぽく使えるところもあり、イラストの可愛さ、楽しさは作者・サカモトリョウさんの発想の豊かさ、ユニークさが詰め込まれていて見ていて飽きません。

f:id:usmilitarybase:20161218150921j:plain

本当はおじさんの手帳が欲しかったのですが、ロフト(そごう横浜店)では取り扱いなし。
「確かルミネの中の有隣堂で取り扱われていたような気がする」と思いつつ、あそこまで歩くのが面倒になり、ココちゃんにしたのですが、ココちゃんにしてよかったです。
ぱらぱら見ているだけで楽しくて「なんだか今年は素敵な一年になりそう」と思わせてくれる不思議な力があります。いやなことも含めて、いい一年だったな、と言える2017年になりそう。
それでは皆様、メリークリスマス。


 


★★★★★アマゾンでレビューを書きました

関連記事:あがる文房具 cocoちゃんグッズを使うと文具が幸せそうに見える - マリア様はお見通し

歳をとったらロフトでの衝動買いが減った

お気に入り

ロフトに行くとテンションがあがります。だけどそのテンションという名のゴーグルで盲目になることはもはやなくなりました。今回「今すぐ必要というわけでもないのに買ってしまったもの」は1点のみ。大人になったもんだぜ。

f:id:usmilitarybase:20161218113121j:plain

(そごう横浜店 7F)

まず用事がないのに立ち寄ることがなくなりました。目的がないと行かなくなったんですよ。
で今回の目的は

  1. thank you card
  2. ラッピンググッズ
  3. 海外に暮らす友人に送るseason's greeting card
  4. 2017年の手帳

を買うことでした。結局1. thank you card は買わず、可愛いseason's greeting cardで代用しました。
大好きなちびサンタ軍団x日本文化のコラボシリーズ!いまだに作者が不明という不思議なシリーズです。普通はカードを保護しているプラスチックに記名されているんですけどね。誰が描いているのか知りたい・・・。

f:id:usmilitarybase:20161218134108j:plain

(サンタx舞妓)

f:id:usmilitarybase:20161218134126j:plain

(サンタx金閣寺)


2.のラッピンググッズですが、そごうの地下で買ったお菓子のお店のラッピングの方がシンプルで十分だろうという感じなので、あえて自分でめちゃくちゃにすることもなかろうと、これも買わない。その代りに、お菓子の入っている箱の包装紙にthank you ステッカーを貼ろう。

f:id:usmilitarybase:20161218135447j:plain

今すぐ必要というわけでもないのに買ってしまったもの

それはグラシンふくろ。

f:id:usmilitarybase:20161218140948j:plain

「前面に柄入り、後面が無地の半透明の袋です。お菓子などの食品を入れてもお使いいただけます。日々のおすそ分けや小さな贈り物に」
と書かれています。おすそ分けする機会なんてそんなにないのに、13cmx9.5cmという小ささも手伝って、買っちゃった。100均でも似たようなものは買えるんだけど、やっぱり柄や質はロフトの方がいいなと思います。

2017年の手帳は次の記事で紹介します。>>2017年の手帳はこれにしました - マリア様はお見通し