読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

浅田真央選手が選び、歩んだ道を振り返る時(2) 華麗なる3-3

3-3爆弾を投下して振り返りたいと思います。

浅田選手のこの3F-3Loがすごい


1.シーズン2005/2006 GPシリーズのエリック・ボンパール杯 SP「カルメン」より


素人でもわかる、回転軸の細さよ・・・。きゅっと体を絞めてものすごい速さで回る浅田選手。この大会のFSでサンドラさんという女性解説者がこう話しています。
「サーシャ(コーエン)には成熟した魅力と洗練がある。真央にはそれがないけど、このジャンプの能力は、観る者達にとってはとてもわかりやすいもので、サーシャが持っているものが彼女には備わっていないということすら許されてしまう」
それから10年以上たった今、浅田選手はサーシャさんの立場にあるわけです。月日の流れ、そして浅田選手の変貌・成長を感じました。

2.シーズン2006/2007 GPシリーズ スケートアメリカ SP「ノクターン」より

かろやかぁ~。この年の全日本選手権で、浅田選手がSPで3-3を飛ぶ直前に、観客席にいた小さなお子さんが叫んだのです。集中力がふっと途切れるかな、と思ったけど、見事に跳んで着氷して見せたんですよ。


3.シーズン2007/2008 全日本選手権 SP「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」より

ポエムこと塩原アナの実況です。あ、どうでもいい?

4.シーズン2008/2009 GPファイナル SP「月光」


お見事!3-3のコンボだけでなく、すべての要素が美しくて、透明感のあるこの曲にぴったり。

異常な熱気に包まれた会場全体がキム・ヨナ選手を応援する、完全アウェイの韓国でこの演技をしてみせた浅田選手。そして優勝。その偉業を成し遂げて帰国した彼女を待っていたのはどことはいわんがフジテレビメディアによる粗探しのような報道。
それぞれのスポンサー数まで取り上げてキム・ヨナを持ち上げる異様な構成で、お祝いムード一切なし。
この約2か月後の四大陸選手権の直前、「モチベーションが上がらない」と浅田選手が苦しんだ理由は、この報道と全く関係なかったといえるでしょうか・・・?
またこのシーズンはプレ・バンクーバー五輪シーズンでした。このメディアは浅田選手の心を折ることに執心していたようですから、その点では大成功でしたね。国の宝がなぜ自国のメディアに潰されなくてはならないのか、私は不思議でなりませんでした。
関連ページ:フジテレビが異常なほど韓流に肩入れする理由 - <日枝久会長が... - Yahoo!知恵袋

と、ここまでが3F-3Loです。
二つ目のジャンプがループですから、フリップを着氷した脚でそのまま飛び上がるわけですよ。ということは、フリップに入る前に助走があってスピードがついていますから、そこから飛び上がって着氷時に浅田選手の膝にかかる負担は、おそらく実際の体重よりもずっと重いのです。
その膝で踏ん張って、さらにそのままループを飛ぶんですよ。途中でこのコンボを入れないシーズンもあったとはいえ、もう10年以上続けているのですから、そりゃ左膝だって悲鳴をあげますよ。故障しないほうがおかしい。

続きまして3F-3T

なんでやめちゃったんだろう・・・3F-3T。しつこいのはわかっていますが、3F-3Loは膝への負担も大きいし、「二つ目のジャンプ(ループ)の方が高かったんじゃないの?」というくらい跳び上がらないと、GOEの加点はおろか、認定すらしてもらえないようなコンボです。男子も女子も二つ目に3ループを持ってくる選手はもうほとんどいませんからね。割に合わないから。
こんなに楽々3F-3Tを跳んでいた浅田選手。平昌シーズンはこちらのコンボでどうでしょうか?

関連記事:浅田真央選手が選び、歩んだ道を振り返る時 - マリア様はお見通し