マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

プロブロガーという職業-結局「人として面白い人」が勝ち残っていく

 


ブログを書いて家族を養う・・・・想像しただけで胃が痛くなりそうです。だけど実際にそうやっている方がいるんですよ。プロブロガーという職業の方がね。

イケダハヤト氏のブログ「まだ東京で消耗してるの?」 


イケダ氏のブログを読んでいて感じたのですが、プロブロガーとして食べていける人って「人として面白い人」なのです。視点が面白いっていうのかな。
ウケない人にはまったくウケないんでしょうけど、私はツボなんですよね。日常の一コマへの切り口が普通の人と違うから、面白い断面を見せてくれるっていうのでしょうか。

それからクリックの誘導ひとつとっても、センスや感性が違うんですよ。例えばこんな一節。

 

(元祖プロブロガーのコグレマサト氏について)
「読めばわかるとおり、彼のブログは超淡々としています。個人の色はほとんど感じません。ニュースサイトに近い存在なので、記事を読んでいてすげー面白いかと言われると、別に面白くはありません(念のため、disりじゃないですよ)」


 別に面白くはありませんって(笑)ついクリックしてしまいましたよ。有名ブロガー同士で互いを紹介する時に使われる美辞麗句に、訪問者の目は慣れきってしまっています。自分達だけでやってなよーって。
こういう風にdisりすれすれのジョークを使うことを恐れない=「やな奴だな」と思われるかもしれないというリスクなんてどうでもいいやーっていう人が書いた文章を、私は毎日覗きに行ってしまうのです。面白いことを読みたいっていうよりは、イケダ氏が書くことを読みに行くのが目的っていう感覚です。

この方のブログを読むようになってから、魔法がとけてしまいました。どんな魔法かというと、「人気ブログ」という魔法。
イケダ氏のブログの他にも、運営の参考にしようと、ある有名ブログを毎日読んでいたのです。何の疑いもなく「この人が書いていることは面白いことなんだ」と思っていました。

だけどある日気がついてしまったんですよ。

「実はこのブログ、そんなに面白くないんじゃないかな・・・・」

って。
何かのきっかけで有名ブログになって、ある程度名前が売れてアクセスが稼げるようになったら、もうその後は「日々のことでも書いてりゃいいだろ」ってなっちゃったんじゃないかなぁ。
だけどこの「日々の何気ないこと」ほど書き手の文才やユーモアのセンスが試されるのだということを、この「実はそんなに面白くないブログ」とイケダ氏のブログを読み比べていて気がつきました。

例えばこんなことをネタにするとしましょう。

f:id:usmilitarybase:20150330221446j:plain

イケダ氏なら笑える記事を書いてくれそうな気がするのです。
人として面白い人というのは、生活していても目をつけるところが違うんですよね。「え、そこ?」みたいな感じなのです。発想の突飛さなんかも取り入れられるものではありません。

www.ikedahayato.com