マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

Kindleを買って生活が潤った


Kindleを買ったのは2019年の秋。充電器、事故保証プラン、保護フィルムもあわせるとしめて¥28,480でしたが、すごく良い買い物でした。Amazonの高笑いが聞こえてきそうなほど「これは本当によくできている・・・Amazonぼろ儲けだろうな」とは思いますが、それすら納得してしまうほどいいことづくめ。

f:id:usmilitarybase:20210502203055j:plain


Kindleを買って生活が潤ったというと「お金でも儲けたの?」と思われてしまいそうですが、残念ながらそっちじゃないんですよね。

  • 隙間時間の質が上がる
  • 居住空間がすっきりする

ゆえに心や生活に潤いが生まれるのです。

購入したきっかけ

同僚が言った「Kindleだと子供を寝かしつけながら読書できる」というひとことがきっかけでした。そうか。Kindleなら消灯した部屋でも読書が可能だわ♪と。それからしばらく考えたのち、今後5年はマンション暮らしだろうから、極力持ち物を少なくしておいた方がよいということもあり思い切ってKindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダーを購入しました。

細切れの時間を使って読書、勉強、ボキャビルができる。なのに荷物は少なくて済む!

駅で電車を待っている時。病院で診察の順番を待っている時。そんな風に日常生活にはちょっとした待ち時間が生まれることがたくさんあります。そんな時、携帯電話からツイッターを閲覧しながら笑いをこらえるのもまた楽しいものですが、こういう細切れの時間を活用しやすくなるのもKindleの素晴らしいところ。
どっぷりその世界に浸って読みたくなる小説もあれば、暇つぶしに読むのに最適な痛快エッセイもあります。そして家にいると読む気になれないような「とりあえず1回読み通さなくちゃ・・・」という実用書。こういうエッセイや実用書はまさにこの細切れの時間で読むのに最適。「せっかくできた暇な時間。どっちを読もうかな」と選べる便利さを知ってしまうと、もう紙の本を何冊も持ち歩くような生活には戻れません。ブックマーク/ハイライト/単語帳機能も使いこなして勉強や仕事の効率アップも実現します。

f:id:usmilitarybase:20210502200806j:plain

Kindleがバッグの中にあるということは、セラピストと本棚を両方同時に持ち歩いているようなもの

前節の続きになりますが、その時の気分にあった書籍を選んで読める便利さを手に入れつつ荷物はコンパクトなままということが、こんなに素晴らしいことだとは思いませんでした。
もう寝なくちゃいけないのにページをめくる手がとまらないような、眠る間も惜しんで没頭してしまう作品は素晴らしい。だけど常にそれを読みたいとは思わない。落ち込むようなこと、はらわたが煮えくり返るようなことがあって気分転換したい時には、何かもっと別のものが読みたくなることもある。その時に色々な選択肢が詰まったKindleは本当にありがたい。開くとそこに広がる世界の大きさと深さには、使い慣れた今でも感動します。

 

怪談を読むなら断然Kindleがいい

消灯したリビングでキャンドルを灯し、茶屋のチェリーボンボンをつまみながら読む怪談。たまりません。またベッドの中で読む時は、すぐ隣で寝息を立てる夫がいるのにまるで自分だけが違う世界にいるような錯覚に陥ります。
筆者が気に入ったのは三木大雲住職の怪談和尚の京都怪奇譚。ぞわっとくる怪談ではなく、この世を去りたくても去れない悲しい魂のお話を集めたような怪談。その魂が今は穏やかに眠っていることを祈りながら、暗い部屋で静かにシリーズ全三冊をあっという間に読んでしまいました。幼い頃から自分の身の回りに起こる不可思議な現象に対する恐怖心が小さくなりましたね。いまだに気味が悪いとは思いますが、コロナウイルスの感染の脅威がなくなったらすぐに帰省して、そういう魂と対峙してみたいと思います。

不可思議な現象について書いた過去記事


モノトーンの世界で十分(いまのところは)

f:id:usmilitarybase:20210502191533j:plain

Kindleを購入するにあたり迷ったのが、Kindleの読書専用タブレット=白黒にするか、あるいはFireといったカラーのタブレットにするかということ。Fireだったら活字だけではなく画像も楽しめるし、iPad Airを買ってKindleをダウンロードするのもいい。だけど結局自分は今までの書籍の購入履歴のほとんどが小説やエッセイなので、モノトーンの世界を選びました。購入して一年半が経ちますが、その判断は正しかったです。カラーのものも楽しめるタブレットにすればよかったな、と思ったことはありません。

  

まとめ

コロナウイルスに感染しないよう、あちこち気軽に出かけることを自粛している生活の中だと特にKindleのありがたみを実感します。

 

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 wifi 8GB ブラック 電子書籍リーダー