マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

フィギュアスケートファンは羽生結弦選手に甘やかされている

解説者に仕事を忘れさてしまう羽生結弦選手。
解説者達は自分達も同じスポーツを愛し、競技者だったからこそ、羽生選手のやっていることのすごさがわかる分、熱くなってしまうでしょうね。


以下はフィギュアスケートファンにはおなじみのCBCの解説です。



カート・ブラウニング氏:Nice. A tiny correction on the landing. But I can't believe I'm actually getting picky about a quad-loop landing.
「いいね。着氷でわずかな修正。だけど自分が四回転ループに対して細かくなっているということが信じられないよ」


女性解説者:We've been spoiled. That's why.
「私達は(結弦に)甘やかされているのよ。」


(中略)

カート・ブラウニング氏:It's the back. This posture on his landings. (It) just says "I'm the best. Chase me, but you won't catch me."
「(結弦と他の選手の四回転ジャンプの違いは)背中だよ。着氷時の姿勢。その美しい姿勢が『俺が一番だ。追いかけてみればいいけど、俺に追いつくことはできないよ』と語っている」


四回転といえば、一番難易度の低いトウループから入りますよね。だけどなんだかんだで男子のフィギュアスケート競技に空中戦が戻ってきて、ブラウニング氏の現役時代には考えられなかった四回転ループやらルッツを飛ぶ選手まで出現しました。
そんな四回転にケチをつけている自分が、四回転ジャンプの先駆者であるカート・ブラウニング氏は信じられないのです。

f:id:usmilitarybase:20161218112306j:plain

GPシリーズを見ていて感じたのは、羽生選手の場合四回転ジャンプの軽さと優雅さもさることながら、細くて長い手足を持て余していないところがすごいと思います。
あれだけ長いと、美しさという武器として活かすには、相当運動神経がよくないといけないはずなのです。欧米の選手の中で羽生選手のような体形に恵まれている選手を見ていても、手足がだらしなくぶらぶらしてみえる、活かしきれていない選手がいます。
だけど羽生選手は宝の持ち腐れにならないような運動量を保ちつつ、四回転を飛んでくる。そしてさらにあの「どこからともなくぽーんと軽々飛ぶ」と海外のメディアの間で評判の3A。
すごいことを軽々やっているように見せる羽生結弦選手に、フィギュアスケート界やファンは甘やかされている・・・。

 
関連記事:ミスター四回転のカート・ブラウニング氏が語る羽生結弦選手のジャンプのすごさ - マリア様はお見通し