マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

30代以降の茶髪はコスパが悪すぎるし幸せを遠ざける

男は若い美人が好きに決まっていますが、だからといって30代の女性が魅力的ではないかというとそうでもありません。モテる人はちゃんとモテているし密漁で一人勝ち状態です。


では男性ががっかりする30代女性とはどんな女性でしょうか?それは色々ありますが、その一つが明るすぎる茶髪にしている人。詐欺だそうです。先日知人男性が漏らしたひとことを聞いて、共感しました。それは「後姿は20代半ばに見えたのに、振り返ったら30代半ばくらいだった」というもの。
明るめの茶髪で、スツールに乗った小ぶりのお尻の上に続く、キュッとしまったウエスト。くびれに視線を奪われていいなぁと思ったんですって。それで知人男性が想像したのはこんな感じのギャルっぽい女の子。


ところがその女の子(だと思っていた年増)が立ち上がって振り返ってみると、まるで茶髪詐欺だったそうです。年齢はよくわからないけれど厚塗りしなくてはならないような肌年齢から判断すると、30代半ばだろうとのこと。昔受講したセミナーで、講師の渋井真帆先生が「厚塗りは20代の特権」と言っていたのを思い出しました。30代以上の女性が厚塗りすると余計に老けて見える・・・。


がっつりカバーして「いかにもメイクしました」という粉吹き芋みたいな仕上がりにならないと安心できないアラサー、アラフォーには物足りないかもしれませんが、自然な艶肌に仕上がるのでこれからの季節にはおすすめ。

問題なのは年齢ではない

ここで大切なのは、私の知人男性ががっかりしたのは、その女性が30代だったということではありません。後ろから見て30代で、振り返っても30代だったら問題なかったのです。あるいは若者の象徴みたいな明るめの茶髪でも、お肌も同じようにぴちぴちしていて全体的にバランスがとれていれば年齢という数字はあまり気にならないのです。
後ろから見たらギャル系だったから、それを期待して前に回って見たら実は小柳ルミ子さんだったという状態ですよね。ルミ子に過剰反応した人、ちょっと待って。後ろから見ても小柳さんとわかれば問題ないんですよ。小柳さんを避けることもできるし、「ストライクゾーンだぜ!」と仕掛けることもできる。
なのにヘア、メイク、ファッションがちぐはぐで、後ろから見たらまるでギャルなら、男性に時間を無駄使いさせていることになります。あなただって肩をとんとんとされて目をぱちぱちさせて振り返ってみたら、相手が露骨に「んだよ、ばばぁかよ」と失望を表したら不快な思いをするでしょう?だったら最初からばばぁでもいい人だけが寄ってこれるように、お互い無駄な時間を過ごさなくてもいいように、ある程度年相応の魅力が伝わるプレゼンテーションをした方がいいですよね。

メンテナンスにお金がかかる茶髪の費用対効果は?

芸能人のように艶のある茶髪をキープし、専属の照明担当を引き連れて歩くほどお金を持っていない一般人(30代以上)は、はっきり言って費用対効果はマイナスでしょう。プリンになるのが嫌だから定期的にきちんとリタッチして、カラーリングを繰り返してわざわざぱさぱさの染髪を維持するためにお金を使っているようなものです。
特に30歳を過ぎたら肌も髪もが大切。若い頃はお肌も髪も傷んでいても若いというだけでなんとかなりますが、30歳を過ぎたら一気に貧乏くさくなるし老け込みます。
また30歳を過ぎても茶髪をキープする人って、なぜか皆脱色を繰り返したヤンキー風の明るい色になっちゃってる。これでは幸せが遠ざかります。ただ染めたくなる気持ちもわかります。とりあえず茶髪にしておけば「なんかちょっと綺麗な人」に見えるから。

サイバーエージェントのキラキラ社員たちのように若くない女性が染めるなら、キム・ヨナさんみたいなこういう落ち着いた色はどうかな。


韓国の女性芸能人や著名人を見ていると、お肌のトーンに合わせたカラーを選ぶのが本当にうまいなぁと思います。

関連記事