マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

在日韓国人、そして田舎に暮らす姉妹達に学ぶ効率のよい婚活



私から見て結婚相手の選択肢が限られている人。それは田舎の古い家を継がなくてはならない姉妹そして在日韓国人の人々 在日韓国人と言っても既に三代くらいに渡って日本で暮らしている韓国人=日本で生まれ育つことを望んでいなかったけれど、そうするしかなかった人達のことで、成人してから出稼ぎのために自らの意思で来日した韓国人は含まれません。

在日韓国人の芸能人は、歴代の恋人や配偶者が常にハーフかクオーター。その理由は?

まず在日韓国人の人達の場合、芸能人を見ているとわかるように、純粋な日本人の血を一族に入れてはならないというのが暗黙の了解のような気がします。だから彼らと噂になる異性や配偶者は、国籍が日本であっても皆ハーフやクオーターばかりですよね(例:岩城滉一さん、瑛太さん、松田龍平さん。ハーフやクオーターばかりと噂になり、今の妻もハーフの赤西仁君もそうなのかもね)。

Sync [通常盤]

(瑛太さんの妻・木村カエラさんもハーフ)

本当は自分達と同じ在日韓国人と結婚するのが一番よいのでしょうけれど、その中だけでは理想の相手が見つけられない、ということも考えられます。となると100%日本人という相手を避けるには、次はハーフやクオーターに行くしかない。
松田龍平・翔太兄弟のどっちだか忘れたけど自宅で妹と喧嘩して警察を呼ぶ騒動になった時、遊びに来ていたのは鈴木杏さんでした。彼女もぱっと見ではそうとはわかりませんが、実はクオーター。恋人や配偶者だけでなく、こんな風に親しい友達ですら純日本人ではなくミックスの人達を選ぶほど、純粋な日本人という存在は彼らの交友リストから消去法で真っ先に消される存在であり、民族間の溝はまだまだ深いのだと思います。
ですからよく芸能人でだれだれが在日韓国人で・・・という憶測が流れますが、私は歴代の彼女や妻が外国人、ハーフ、クオーターばかりで、実家が焼き肉屋だったら100%と在日だろうと勝手に認定しています。


ドラマの「ハゲタカ」に出演していた時の松田龍平さん、すごくよかったです。中村獅童さんの代役だったそうですが、結果的にすごくはまり役だったと思います。


そしてこのような消去法を使った結果残った中(=ミックスあるいは外国人)から選び、勝ち取っていくわけですから、どうしても狭い領海の中で漁をすることになりますし、同胞とともに兄弟舟に乗ってしまうことだってあるでしょう。 だけど自分達にはそこしかない、そこでしか漁をしたくない、と限られているのであれば、活動は自ずと効率よくなるはずです。

自らの意思で来日した韓国人達

ただし成人してから自らの意思で(主に出稼ぎ目的)来日した韓国人達は例外です。彼らは日本で合法的に働き続けるためにも日本人との結婚にメリットがある人達ですから、「純粋な日本人は嫌!」などと贅沢は言わないはずです。
女性が出稼ぎに来ている場合は、日本で働いている外国人男性(なぜか欧米系の確率が高い)をターゲットにするケースも見かけます。

跡継ぎというプレッシャー。長女が逃げたら次女。次女が逃げたら・・・

http://www.flickr.com/photos/53884652@N03/7182475691

photo by Imahinasyon Photography

田舎在住で不運にも古くから続く家に生まれてしまった姉妹達もそうです。余談ですが、私が都会に住む人達を見ていて驚くのが、二人姉妹なのに二人とも嫁いで出て行くことが許されているということ
私の田舎では、長女が婿をとって家を継いでいました。長女が逃げた場合(後述)は次女、次女が逃げた場合は三女が継ぐ、という感じですね。都会の人は家系を絶やさないということにあまりこだわらないのか、それとも私の周りが古い本家ばかりだったのか・・・。
彼女達の消去法で真っ先に消されるのは長男です。次男、三男なら家を継がなくてもいいから婿に来てくれるだろうということで、最初からそこを狙うため、会話の流れで兄弟関係に探りを入れるのはおそらく彼女達が真っ先にやることでしょう。

だけど時代は変わり、今は長女がお先に!と言って出て行ってしまいます。跡継ぎの義務を次女や三女に押し付けて出て行く形になりますから、当然血のつながった人間達とはいえ、しこりは残りますよね。
実は私の友人にもこの「さっさと出て行った長女」がいるのですが、彼女が結婚して2,3年たったくらいに私が帰省した時に何気なく「●●ちゃん(=妹さん)元気?」と聞いたら「うん」とひとことだけ返ってきて、その場が静まり返ってしまい、周りにいた他の友達数人は、私と目を合わせようとしませんでした。
その時私は妹さんの話を出すことがタブーになってしまったのだと気がつきました。
跡継ぎという役目を押しつけてしまったという後ろめたさを、長女本人が感じているというのに、私はそれをあえて話題に出すようなことをしてしまったというわけです。
この妹さんのことはもう話題に出さないので、婚活がうまくいっているかどうかはわかりません。だけど家というものに対して古い考えが残っている田舎で跡継ぎになってしまった以上、贅沢言わずに効率重視で行くしかないでしょう。
でも私が不思議に思うことは、愛する娘達の関係が跡継ぎ問題のためにぎくしゃくしているのを見てみぬふりをして、果たして親は幸せなのだろうかということです。やっぱり結婚って親のため、家のためなのかな・・・。
大海原を好きなように泳いで贅沢を言っている方々・・・あなた方は幸せなのですよ!

 関連記事