マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

松岡修造さんの暑苦しいポジティブさが愛される理由


お掃除用と風邪予防用を兼ねるオイル、催眠用の各種オイルが底をつきそうなので、アマゾンをサーフィンしていたら「この商品を買った人はこんな商品も買っています」になぜか修造が表示されました・・・。

なぜアロマ系の商品とともに修造の商品が売れているのでしょうか?

修造が持つ効果とアロマ効果が同じ?商品としての「笑える脱力系ポジティブ」

松岡修造さんといえば、とにかく熱くポジティブなことで知られています。キャラとしての暑苦しさが商品として成り立っているのは、あの端正なマスクとのギャップがあり、またプロテニス選手としての現役時代にちゃんと実績を残しているからこそ。
そしてその商品としての熱いポジティブさが愛される理由としては、彼が力説することが馬鹿馬鹿しすぎて笑えるからということです。あの外見であんなことを言う人ってそういないじゃないですか(笑)。
一歩間違えたら押し付けがましいのに、修造になら押し付けられたい!と思えるのです。やっている本人(修造)は力いっぱいやっているんだけど、見ている側は力が抜けるほどばかばかしい。
アマゾンでアロマ製品をチェックする人達は、癒されたい、すっきりしたい、集中したい、ぐっすり眠りたい、気分転換したいといった目的を持っているわけです。そういう人達の琴線に触れるのが修造ってことです。

(応援ソングを熱唱する姿がいいですね。ポイントは「恥ずかしがらずに堂々とバカができる」ということ)

あの熱いポジティブさは作られているのか、それとも素なのか

修造は毎年テレ朝が放映しているフィギュアスケートのグランプリシリーズの現地レポーターとしておなじみですが(去年はどうだったんでしょうね)、その大会会場で見られた修造の姿を見て「あの熱いポジティブさは、実は素なのではないか」と思ったことがあります。まだもう何年も前の話です。
どこで開催された大会なのかまでは覚えていないのですが、浅田真央選手が演技している最中に、観客席で応援する修造の姿が映し出されました。アップになったわけでもなく、観客の一人として小さく映っていただけなのですが、浅田選手がジャンプを一つ決めるたびに大きく「よしっ!」という風にうなずいたり、大きな拍手をしたりしていました。
私が笑ってしまったのは、浅田選手がジャンプの助走をしている最中の修造。浅田選手がジャンプの助走の軌道に入ると、修造が前に乗り出して固まるのです。そして微動だにせずじーっとその助走を見つめるのですが、見つめている姿がもう熱すぎて浅田選手が溶けそうだったんですよ(笑)。呪文でも唱えているんじゃないかっていうくらいじーっと見つめているのです。
自分が応援する姿がTVに映るかもしれないという計算があったのかどうかはわかりませんが、その姿を見ていて「もしかするとこの人は、本当に熱い人なのかもしれないな」と思いました。

(日めくり)まいにち、修造!


ポジティブな力もいいけれど、「こんなんでもいいんだ」と思えるネガティブさもいいですよね。

【ヒロシの日めくり】まいにち、ネガティブ。──前向きじゃなくても生きていける ([実用品])