マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

女性から男性への迷惑行為はなぜ許されるのか

女性が「男性に〇〇された」「男性に〇〇と言われた」と言えばワンストライクでアウトになる可能性があります。こんな風に女性の被害は問題として扱ってもらえるけど、男性の被害ってほとんどの場合見て見ぬふりをされますよね。例えばこんなもの。

年増の女性社員によるチラ見せ

私がかつて働いていた職場で、アラフォーのさやかさんという女性社員がいました。

さやかさん登場記事

cantfoolme.hatenablog.com

さやかさんは悪い人ではないのですが、どうも愛情に飢えているように見えて、そしてそれが彼女の行動に直結していました。例えば男性社員に向かって「胸が大きいねって今の彼に喜ばれるんだよねー」と言い出すのです(もう一度書きます。彼女はアラフォーです・・・)。
そして困ったその男性社員は、後から私にこう言いました。
「俺、〇〇ちゃんみたいな子に言われたらドキっとしちゃうけど、さやかさんに言われても反応に困るだけですよ。この間なんて『大きいから垂れちゃうんだよねー』って言いながら寄せてあげて見せつけてくるんですけど、見せられる側の気持ちにもなってほしいっすよ」

〇〇ちゃんは若くて、しかもそこらへんの芸能人よりも可愛い女性社員です。確かにそんな子にやられたら男性社員達は大喜びでしょう。だけど年増のさやかさんが男性社員からの称賛という最高の美容液欲しさに垂れ乳を寄せてあげて誉め言葉を強要するのは、むしろ迷惑行為です。

聞き流すしかない男性達

「そろそろいい年なんだしもうそういうのやめましょうよ」なんて男性が言おうものなら、ハラスメントよ!と騒がれる可能性もあります。ここで勘違いされないように書いておきますと、胸が垂れていること自体に問題はないのです。年齢と言い垂れ具合といい、マニアはいますからね。
問題なのは「精神的に成熟しているべき年齢の女性が、そういうものを見せてちやほやしてもらおうとすること。あるいはそれを強要していることに対し無自覚なこと」なのです。
「さやかさんちょっと勘弁してくださいよー。〇〇ちゃんのだったら見たいけど、おばさんのはまじ無理っす!」と飲み会の席でお酒の力を借りて男性社員がぽろっともらしたとします。迷惑行為に苦しんでいるのは彼の方なのに、ここでさやかさんが怒ってしまったら「ばばぁだからって失礼じゃない!」と、彼を加害者のように見せてしまいます。だから男性は言い返さずに、聞き流すしかないのです。

さやかさんみたいなおばさんへの対策

とにかく逃げる。近づいてきたな、と思ったら逃げる!さりげなく2ステップでも踏んでその場を離れて話しかけられないようにすること。それしかありません。
「オブラートに包んだ言い方で、あの恥ずかしい行為をやめるように言ってみようかな」などというリスクをとって地雷を踏まないように。