マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

セルフセラピー ゲランの調香師の力に癒される

もうここ2か月くらいずっと香水が欲しくてしかたがありませんでした。会社の昼休みに携帯で検索するのも香水ばかり。どんな香りを求めているのか自分でもわからないのに。私がこのように新しい香りを欲する時というのは決まって心の中にネガティブなものが沈殿していて、そこから発せられるSOSみたいなものです。とにかくなんだか疲れている。老化現象の一つなのかな。香りに癒されたい。
もともとジバンシイのランテルディを買うために向かったデパート。そこでジバンシイに向かう途中に通りかかったゲランのカウンター前で手渡されたモン ゲラン ブルーム オブ ローズのテスターの香りを嗅いだ瞬間、心が大きく揺さぶられました。

f:id:usmilitarybase:20190303215745j:plain

(画像はゲランの商品ページからお借りしました)

だけどそこでブルーム オブ ローズをすぐには買わず、オードリー・ヘップバーンのために作られた香り、ランテルディの香りをもう一度嗅いでみるためにジバンシイへと向かいました。

ああ、やっぱり好き。高貴だけど温かみがあって甘すぎなくて・・・こんな女友達が欲しい。そんな風に思いましたが、私の足はなぜか再びゲランのカウンターに呼び寄せられるかのように向かいます。

このモン ゲランシリーズには

  1. モン ゲラン
  2. モン ゲラン フローラル
  3. モン ゲラン ブルーム オブ ローズ(テスターを受け取ってこれだ!と思った香り)

の三種類があります。一番いいなと思った香りは3.のブルーム オブ ローズ。

「モン ゲラン ブルーム オブ ローズ」は、女性たちが充実した日々を送る様子を、フルーティで軽やかなブルガリアン ローズと優雅で清々しいネロリで表現。「モン ゲラン」に欠かせないジャスミン サンバックやカーラ ラベンダーに包まれ、生き生きと煌めくローズブーケのようなフレグランスです。

(商品ページから引用)

この商品説明のとおりの香りで、ふわっとローズブーケのように香るのに透明感がある香り。

だけどこれは気持ちというか、バイオリズムが上を向いてきた時につけた方が相乗効果がありそうだったのと、残念ながらこの香りはオードトワレしかありません。パルファンではないのです(涙)。というわけで三種類の中でもちょっと甘めの1.モン ゲランにしました。今の自分の精神状態にはこれが最適というか、しっくりくる。

f:id:usmilitarybase:20190303211617j:plain

甘めといっても甘ったるい香りではなく、ジャスミン、サンダルウッド、ラベンダーが香りの中に作り上げた複雑な層のトップをふっとバニラが香るような甘さ。奥行きがある香り。
現在このパルファンを買うと同じ香りのキャンドルもついてくるとのことで(ただし数に限りあり)、私も一ついただきました♪この記事もそのキャンドルをつけて書いています。

f:id:usmilitarybase:20190304002239j:plain

癒される・・・。
この香りは時代や流行が変わっても、自分があと10歳くらい歳をとっても飽きの来ない、タイムレスな香り。まさにタトゥーのようになじむ。今もデスクの上に置いてふがふがしながらこの記事を書いています・・・。香りが精神状態に及ぼすよい影響、絶対にあると信じています。
それから同ブランドのリキッドファンデーション、アクアヌードの香りもすごくいい!すみれとローズがベースになっている香りでつけた瞬間うっとりしますが、あの香りは苦手な人もいると思う。

関連記事

cantfoolme.hatenablog.com