マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

牡蠣に苦しめられた人が「これなら大丈夫!」と太鼓判を押した牡蠣

ある居酒屋の前を通りかかったら、「サロマ湖の牡蠣入りました」という張り紙がしてありました。蒸して出しているそうです。蒸して半生の状態で・・・ああ・・・想像するだけでよだれが出てきますが、私にとってはアウトです。
牡蠣を最後に食べたのは今からもう10年近く前。確か台湾料理でとても美味しかったのに、やはりあたってしまいました。
それまでは「今回は大丈夫だろう」とロシアンルーレット的に食べ続けてきた牡蠣ですが、その台湾料理を最後に、こんな辛い思いはもう二度としたくないと学習したわけです。

oysters

(この画像は実際に食べた台湾料理とは関係ありません)

「ここで獲れた牡蠣なら大丈夫だよ」と太鼓判を押されたのはどこ?

私と同じ苦しみをさんざん味わった人から教えてもらったのが、山形県産の岩牡蠣。なぜ山形県産ならあたらないのでしょうか?教えてくれた知人男性が言うには、こういうこと。
「牡蠣にあたる人が何に苦しめられているかというと、フグの卵なんだって。フグが産卵していった牡蠣を食べるとあたる。だけど山形県で獲れる牡蠣はフグに卵をつけられていないから、あたらないらしいよ」

この真偽を確かめるべく、私も山形県産にチャレンジしてみようと思うのですが、もうあんな思いはしたくないというのもあり、またこれを書いている今、既に旬の季節は過ぎていますから、来年の夏にでも試してみようと思います。でも怖いよなぁ・・・。

風光明媚な新潟・笹川流れの岩牡蠣

山形県から南に下っていくと、新潟県北の笹川流れに辿り着きます。ここらへんでも岩牡蠣が獲れます。

f:id:usmilitarybase:20160815012509j:plain

今年の夏、私の知人がこの笹川流れに海水浴に行き、そこでとった岩牡蠣にレモンとブランデーをかけて、その場で食べている写真をフェイスブックにアップしているのを見て、心底羨ましいと思いました。
美しい日本海も、美味しい岩牡蠣も同時に堪能できるなんて・・・。

◆周辺の宿:日本海の海の幸と夕日が堪能できる宿 潮鳴亭 - マリア様はお見通し

牡蠣にあたるとどんなに苦しいか説明しましょう

お食事中の方はご遠慮ください

まず具合が悪くなるのが早い!食べて1時間以内ですね。すぐに嘔吐できればよいのに、しばらくは胃のむかつきみたいなものが続き、そのうち牡蠣が胃の中でのたうち回るのを感じられるようになります・・・。胃の中で誰かが牡蠣をボールにしてビリヤードしているみたいな感じ。
あっちの壁にはじかれてこっちにあたり、そこでまたはじかれて・・・みたいな感じで、そしてようやく激しい嘔吐が始まります。その後は横になっていても辛い。この思いを何度かして(ええ、懲りずに何度か食べましたよ)、もう二度と牡蠣を食べないと、自分に誓いました。唯一あたらなかったのは、バイト先で食べた牡蠣のクリームスパゲッティ。あれは美味しかったなぁ~。

天然岩牡蠣 生食用 山形県産 2kg中10個