読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

【ヤフオク】 欲張らずに高評価を積み重ねよう

久しぶりに代理出品をしてみて、ヤフオクの「かんたん取引」に感激 - マリア様はお見通し という記事の続きです。
あれ以来出品を続けていますが、母が送ってくる画像は撮影している本人である母の足がうっかり入っているような画像ばかりです。商品を床に広げて撮影するので、そういう風に足が入ってしまうことが多々あります。
だけど私はあえてこの部分をカットせずに、足を入れたままアップロード&出品するので母に「なんで編集の段階で削除してくれなかったの!」と言われます。

画像を必要以上に編集しない理由

編集しないことで多くのことを説明できるからです。格好つけて言えば「編集しないことこそが私の編集なのだ!」ってこと。だって足が写ったままアップロードする出品者ってどこか抜けてて、悪い人がいなさそうな感じがしませんか?そういうイメージを閲覧者に与えたいのです。「ああ、この人なら気持ちよく取引できそうだな」というイメージ。
またトルソーを使えばもっと見栄えがしますし、価格も上がりますよね。だけどトルソーも使わないほうがよいと、私は母に言っています。なぜなら見栄えがしてしまうと、落札者の方が受け取った時にがっかりしてしまう確率が高くなるからです。
それよりはこういう風に床に平置きして「せっかくの商品が台無しだわ・・・・」くらいの画像にしておいた方が、受け取った時に「画像よりも素敵!」と思ってもらえるじゃないですか。そうすれば好評価につながります。
ヤフオクは評価が命だと思っています。特に出品者。今のところ、母のIDで600以上の評価がついていますが、すべて「非常によい」の評価です。そして見栄えが悪い画像の方が、実際に手にとって見ることができない不安を小さく出来るんですよ。期待をさせずに済むのです。

固定ファンのいるブランドばかり出品すれば、画像がしょぼくても入札される

そんな画像じゃ入札してもらえないんじゃないか?ですって?いや、入札してもらえるんですよ。ブランドの力ですよね。要するに、画像なんかどうでもいいんです。
そのブランドのデザインに心底惚れこんでいる人は、どんなに画像がまずくても「あ、これはあの商品だな」とすぐにわかるものです。そして入札してくれる。
変に欲張らずに出品した方が何かとストレスも少なくて、楽しいものです。

関連記事:久しぶりに代理出品をしてみて、ヤフオクの「かんたん取引」に感激 - マリア様はお見通し