マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

カレー三日目にカレーうどんを作って食べる時代は終わった

私の数少ない定番レシピの中でも夫が特に好きなのが、カレー風味のチャーハンなのですが、実はこれ、カレーを作った鍋をきれいにするために開発されたレシピなのです。

f:id:usmilitarybase:20180226060617j:plain

鍋を加熱するとカレーがはげてくるので、それを除去しつつ、鍋に染み付いたカレーの匂いを利用して作るチャーハンです。

材料 (大人二人分)

  • 香味野菜三種:にんにく、たまねぎ、ピーマン(すべてみじん切りにする)
  • ベーコン(好きな大きさに切ってOK)
  • ごはん
  • 調味料:ソース、塩、胡椒

作り方 (大人二人分)

  1. カレーを作った鍋にオリーブオイルを入れて熱する(調理油でも代用可)
  2. 香味野菜三種を投入し弱火で炒める
  3. 炒めていると鍋の側面のカレーが薄い膜になってはげてくるので、それをとって捨てる
  4. たまねぎがあめ色になったらベーコンも加えて炒める
  5. ベーコンに火が通ったら溶いた卵を入れる
  6. 卵に軽く火が通ったらごはんを投入して、卵とからめながら炒める(とチャーハンがさらさらぽろぽろする。ぐちゃっとならない)
  7. 隠し味にソースを投入し、最後は塩・胡椒で味付け

昔はカレーも3日目になると、鍋をきれいにするためにカレーうどんを作ったものですが、我が家ではここ5年くらいはずっとこのカレーチャーハンが、カレー最終日を告げるレシピとなっています。