マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

近代・現代日本史を彩った女達

職場の昼休みなどにきかされるくだらない女子トークに疲れてくると、右を見ても左を見てもつまらない女性ばかりで友達になりたい、語り合ってみたいと思える人がいない・・・と感じてしまうこともあるでしょう。そんな時は、そこらへんにいるきらきらしている女性を10人束にしてもかなわないような、ドラマチックな人生を生きている(生きた)女性が書いた本、あるいは彼女達について書かれた本を読んで心に栄養補給をしてみましょう。


リンクをクリックすると、レビュー記事や関連記事に飛びます。

近代・現代日本史が身近に感じられるようになる 女性向けのノンフィクション

以下時系列に並べてあります

  1. ある華族の昭和史―上流社会の明暗を見た女の記録
  2. (メインブログに飛びます)GHQを動かした女 子爵夫人 鳥尾鶴代
  3. 伝説の銀座マダム おそめ
  4. 完本 昭和史のおんな
  5. 安井かずみがいた時代
  6. トットひとり
  7. あきらめない 働くあなたに贈る真実のメッセージ
  8. 「修羅のはざまで」(近日中にレビューを投稿します)

今から200年後くらいの日本の歴史の授業で、裏近代史を学ぶテキストみたいにして取り入れたら面白いと思う書籍ばかり。
教科書の太字の部分ばかり必死で暗記しても見えてこない近代日本史の面白さとかすごさとか感じられると同時に、もっと貪欲に学べばよかったなぁと思うんですけどね。
そんな風に面白く、また激動の時代を生き抜き、彩った女性達について書かれたノンフィクションです。

Geisha

彼女達の共通点は、強くしなやかであったということ。戦後の激動の中でも女として誇り高く生きた人、波乱万丈の人生を送られた人・・・・(安井かずみさんは強かったかと言われると、どちらかというとあやうい感じがしました)。
また誰もが振り向くような美人ではないけれど、惹かれずにはいられない女性達であったということ。
自分にはそういう天賦の魅力や人生を生き抜く強さがないからこそ、こういうノンフィクションに惹かれるのだろうと思いました。

関連記事