読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

外食をうまく利用できる人は節約上手だと思う理由

血となり肉となり、健やかな心となる



私が食後に得るもの。 
それは美味しかったという満足感よりも食べきった!という達成感。
冷蔵庫の在庫を無駄にしなかったぞ!という達成感
それが日々の私の食生活です。夫はどう感じているのかわかりません。
もはや食べることが楽しみというよりは、義務になっている。達成感ではなく満足感を求めて、マルちゃんのちゃんぽん味の焼きそばを買ってはみたものの、自分は主婦に向いてないのだという結論に至っただけでした。

f:id:usmilitarybase:20170307044851j:plain

「たまにはきくらげでも入れてみよう」

普段の食生活において登場回数の少ないアイテムを投入することにより、マンネリを打開しようと思ったのですが、結局逆効果でした。きくらげのあの独特の歯ごたえはインパクトがある分飽きやすく、焼きそばで一袋のうち半分くらい使い、残りはもう見るのも嫌になりました。そして「きくらげのような食材は、それなりに料理の腕と知識がある人に使われた方が幸せなのだ」という答えが出ました。
そう、私みたいに料理がたいしてうまくない=素材を活用しきれない人間は、こういう食材は外食で楽しめばよいのです。例えば中華とかでね。
幼い頃、家族の誰よりも外食を楽しみにしていたのが母であったという理由が、やっと理解できるようになりました。達成感ではなく、満足感を得られる食事=外食。素人が買っても使い切れなくて腐らせて終わるであろう食材を楽しめる食事=外食。
それに人が作ってくれたものって美味しく感じるし、後片付けしなくていいのって本当に気持ちが楽。多少高くついても外食した方が絶対に美味しいのであれば、時々してもいいじゃないですか。それに高くついた分、もとはとれる。
外食ー自炊の差額なんて、あとで取り戻せる範囲ですよね。しかもその差額で主婦が息抜きをできるのであれば、もうそれで十分ですよ。だから外食をうまく利用できる人は節約上手だと思います。家計簿とにらめっこしてお金だけを追いかけてばかりではなく、ガス抜きが上手にできて、精神衛生を保てる人は長い目で見て節約上手なのです。
ちなみに今回使ったのはマルちゃんの焼きそば旨コクちゃんぽんです。もう取り扱い終了しているようですね。

f:id:usmilitarybase:20170307044903j:plain

感想:芳醇中華風ソース味の方が美味しかった。