読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

キャリーの自己陶酔ぶりがイタすぎるのに、SATC3はおそらく観に行ってしまうであろう自分が嫌だ

このツイートをみて思い出したのがSex and the Cityのこのクリップ。
キャリーがナターシャに謝罪するシーン。

自分本位な謝罪

キャリーを散々振り回した男、Mr.Bigは若くて美しく、ファッション業界でキャリアを積み重ねているナターシャと結婚しました。だけどその完璧な美女との結婚はうまくいっていないようでした。
「君のことばかり考えている」「会いたい」
お人形のように美しい妻を持ちながらキャリーのことを思うあまり、常軌を逸した行動に出るようになったBig。そしてキャリーとBigは情事を重ねるようになります。

「私ったらこんなところでなにやってるんだろう」
「不倫相手の自宅でこんなことして、まるで売春婦」
うだうだ言う割には情事を続ける気満々っぽいキャリー。ナターシャに申し訳ないと思いながらも、どこか優越感を楽しんでいたのでしょう。そんな二人の情事がナターシャに見つかってしまいました。
逃げるキャリー。追いかけるナターシャ。そしてナターシャはキャリーを追いかけていて階段から落ちて、歯を折ってしまいました。
結局この修羅場でナターシャは心を傷つけられただけでなく、大量に出血するほどの怪我を負い、最悪の結末を迎えます。このことをどうしても直接謝りたかったキャリーは、知人を使ってナターシャがランチをする予定の場所をつきとめて、乗り込むのです。
キャリーは謝罪してすっきりしただろうけど、身勝手に謝られたナターシャの方はというと、「あなたは私の結婚をめちゃくちゃにしただけでなく、ランチも台無しにしたわ」と締めくくります。
許されたいとか、罪悪感から解放されたいとか、申し訳ないと思っている気持ちだけでも伝えたいとか、自分本位な謝罪ほど迷惑なものはありません。真夜中の御徒町さんのツイートにもあるように、思い出させることで傷つけてしまうこともあるから、一生悪者でいることが、最大の償いにだってなりえます。

ナターシャが歯を折るシーン。痛い。

 

40歳を過ぎて元彼とのキス一つで大騒ぎ

Sex and the City 2より

それから数年。キャリーはBigと結婚します。そしていつもの女友達四人で旅行に行った先のアブダビで、キャリーはなんと元彼エイダンと再会します。「積もる話もあるから」と二人でディナーの約束をし、胸の谷間も肩も露にした、とてもじゃないけど「元彼との肩の力の抜けたカジュアルなデート」のためのものとは思えない装いでエイダンに会いに行ったキャリーは、別れ際にキス。
キャリーは宿泊先に戻ってくると女友達にこう言いました。
「エイダンとキスしちゃった!」
「(これから詳細を話すから)全員集合よ!サマンサー!サマンサー!」
たかだかキス一つに、自分の女友達がそこまで興味があると思えるキャリーのおめでたさがすごい。しかも40過ぎですよ?こういうのを見ているとお口直しにフランス映画を見て、そこに登場する大人の女の生き様でキャリーの自己陶酔ぶりを上書きしたくなります。

「愛している人に嘘なんてつけない」 正直にすべて話すことってそんなに素晴らしいことですか?

Big(夫)に国際電話でわざわざ「なぜ元カレとキスに至ったか」を詳しく説明するキャリー。

「友達はあなたにわざわざいうこともないって言ってたんだけど・・・」とか言っていますが、私が旦那なら「40過ぎにもなって女友達に『聞いて聞いて!』と心の揺れを細かく説明するような女と結婚した俺が馬鹿だった」と思って黙って電話を切ります。

自分が描く理想の結婚生活に不要なものは排除し、夫は息が詰まる

Bigがベッドに横たわりTVを見てくつろいでいると、キャリーはこういいます。
「そのTVで見てもよいのはモノクロの番組だけのはずよ」
キャリーが描く理想的な結婚生活はとても明確でした。
自宅にいる時くらい好きな番組を見てくつろぎたいBigに対し、「たいした会話もしないでただ二人でベッドでTVを見ているような夫婦にはなりたくない!」というキャリー。
「ときめきを絶やさないために二人で努力すべきよ」
二人でどんなに努力しても、毎日顔を合わせていればときめきなんて他のものに変わっていきます。そもそもときめきは努力して発生させるものではなく、自然発生してこそときめきなのです。そういう現実から目をそらし、理想の夫婦像だけを追いかけるキャリー。
「結婚生活ってもっと安らぐものじゃなかっただろうか」と夫は息が詰まるはずです。

それにしても上の動画、ほんの数分しか登場しないペネロペ・クルスの存在感がすごいですね。
以上、キャリーの自己陶酔ぶりうざいなぁと思う点について書きましたが、それでもSATC3が出たら見に行ってしまう自分が嫌になります。