マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

【ヤフオク】悪い人ではないのだけど、ブラックリストに入れようかなと思うユーザー

理不尽なことを言って返品をしたがるわけでもないし、入金が異様に遅いわけでもない。だけど「ブラックリストに入れない?」と母にもちかけたくなる人がいます。すると母も「私もそう思っていたの」と決まって言います。
それはどんな人かと言うと

  • こちらの説明をちゃんと読んでくれない人(日本語が通じない人)
  • あるいは読んだ上で「ぐずればこちらの要求を聞いてもらえるだろう」とこちらをなめてかかってくる人達

です。

日本語が通じない上、お気楽で超マイペースな落札者との遭遇

日本語が通じない人の場合、なんと取引ナビという落札者⇔出品者のやりとり専用の便利なシステムがあるというのに、それだけでは不安だからと直接電話をかけてきました。この一本の電話は、取引ナビ上でのやりとりだけでも既にぐったり疲れていた母をさらに疲れさせました。

「ヤフオクをやってこんなに疲れたのは初めて。お金をいただくって大変ねぇ・・・」

そして落札者からは「非常に良い」の評価に、こんな御礼のメッセージが添えられていました。
「この度は大変お世話になりました。とても親切な方でこちらもお取り引きがしやすかったです(^3^)/到着が楽しみです」

おまえは取引がしやすかっただろうけど、こっちはぐったり疲れたの!絵文字が彼女の能天気さを浮き彫りにしているようでした。こいつはストレスが溜まらないタイプだろうなぁと思いました。そして母にブラックリストへの追加を提案し、母も「そうして頂戴!」と即答。

ブラックリストに追加するとどうなるの?

今後この人は母のオークションに入札も質問もできなくなります。ということはこういうことを質問欄から書くことも出来なくなるわけです。
「こんにちは。先日はきちんと入金もしましたし、クレームもつけませんでした。なのになぜ●●様のオークションに入札できないようになっているのでしょうか?」
こういう風にブラックリストに入れられたユーザーが、新規のIDを取得して母のオークションにリベンジ入札してきたら鬱陶しいなぁと思いますが、積み重ねてきた評価を捨てて新規のIDを取ってまで、母が出品しているものを手に入れたいかと言ったらそうではありませんからね。その心配はないでしょう。

関連記事:【ヤフオク】 欲張らずに高評価を積み重ねよう - マリア様はお見通し