読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

苦労話を期待するだけ無駄な人

偉人・奇人・変人 福音

 

大した苦労をしてない人ほど、苦労自慢をしたがる。

 

浅田さんトークライブもうすぐ締め切り!![3/31(火)まで]浅田真央さんが出演される「スミセイライフフォーラム 生きる ~浅田真央のにっぽんスマイル~」トークライブの応募締め切りが3月31日(火)までの到着分までとなっています。トー...

投稿 by 住友生命保険相互会社.

伊藤みどり トリプルアクセルの先へ京都で行われる真央ちゃんのトークライブでは若者達に向けて「生き方」をお話しされるそうです。ゲストはなんと、真央ちゃんの憧れの伊藤みどりさん!!

若くはないけど「生き方」については私も話を聞きたい。でも真央ちゃんはきっと苦労話をたらたらとしないと思うのです。
「フジテレビはぁ~」とか「韓国で音楽小さくされてー」とか。もうそういうことに関して、ぐだぐだ言わないでしょう。
真央ちゃんの歩んできた道の険しさ、彼女が見た暗闇の深さについて聞きたい。乗り越えてきたものをファンとわかちあってほしいと思うのです。
だけど真央ちゃんはきっとそんなことを話そうとしない。苦労自慢は、結局たいした苦労もしていないのに、口に出さないと気が済まない人達の精神安定剤であって、真央ちゃんみたいに今まで歩んできた道を振り返ってみた時に、「振り返ってみると、なかなかいい眺めだった」と言える人は、苦労自慢をしないのです。よって真央ちゃんは、苦労話を期待するだけ無駄な人(いつか本で読みたいけどね。これはあきらめられません)。

「この人はいったいどんな苦労をしてきたのだろう」
「どんな修羅場をくぐりぬけてきたのだろう」

そう思わせる人に限って、べらべら話さないんですよ。

ジャンプの矯正をゼロから始めたばかりの頃に出場した競技大会では、転倒が続いた真央ちゃん。リンクにこもって矯正に専念して、表舞台から距離を置くという選択だってあったのです。
だけど真央ちゃんは恥ずかしい思いをすることから逃げませんでした。荒川静香さんいわく「実戦でできてこそ、というところに浅田選手はこだわったのだと思う。だから試合に出続けた」のだそうです。うろ覚えですが・・・だからこそ実戦で試し続けたのですね。
真央ちゃんの転び方を見ていれば、どうして転倒してしまうのか、ジャッジ達は痛いほどよくわかったはずです。「今が試練の時」と。なぜなら自分達もかつてはリンクの上で滑っていたのですから。

そんな不屈の精神を持っているように見えた真央ちゃんでも、そのゼロからの努力は、実は無駄だったのではないか・・・・と思い、フィギュアスケートをやめることまで考えた時期がありました。
そのどん底、そしてそこから這い上がってきたアスリートが考える「生き方」についてのトーク、聞きたいなぁ。

◆昔書いていたブログの関連記事:浅田真央選手が選び、歩んだ道を振り返る時<2> - 年増のシェヘラザードは不定休。