読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

クランベリージュースは飲むタイミングを考えよう

血となり肉となり、健やかな心となる



お食事中の方はご遠慮ください。

膀胱炎は一度やってしまうと、治った後も肉体的・精神的に疲れてきて抵抗力が落ちるとくせになりやすい病気でもあります。
私も何度か膀胱炎を何度かやっているので、予防策としてはストレスを溜めないとか(これは膀胱炎に限ったことではなく、万病に対する予防でもあります)、加熱したにんにくを摂って元気を出し、抵抗力の低下を防ぐ・・・といったことです。それからクランベリージュースを飲んでいます。

http://www.flickr.com/photos/48600090482@N01/457108893

photo by CaptPiper

利尿効果がすごいので、菌が膀胱に留まっている暇がない!

クランベリージュースの利尿作用は恐ろしいものがあります。こんなにしゃーしゃー出るということは、それだけクランベリーに含まれているものが膀胱をきれいに保ってくれているということなのでしょう。
またこれだけ利尿作用がすごいと飲むタイミングも難しいです。 仕事中は飲めないし、外出前も飲めません。ということは帰宅してからということになりますが、尿があっという間に透明になるんですよ。

高価だけどできれば果汁100%を選ぼう

しかも私が飲んでいるのはクランベリー果汁100%ではありません。トロピカーナの296ml入りの安いやつで、果汁たった20%、あとは砂糖(37gも入ってる・・・)。
100%のものに比べると酸味もきわめて少ないですし、さすがに甘すぎるので無糖のアイスティーで割ったり、無糖の炭酸水で割ってクランベリーソーダにしたり、あるいは三つ全部足してクランベリーティーソーダにして飲んだりして、二日で一本飲みきっています。

それから利尿作用が高い=体内からどんどん水分が排出されますから、便秘に苦しむ方にとっては死活問題になるでしょう。既に古く硬くなって出にくくなっている便があるというのに、水分が新しい便とマリネされることなくどんどん出て行くわけですから、硬い便が増え、まるで煉瓦を出すような痛みを味わうことになると思うのです。あくまでもこれは私の想像ですけど。



あとは・・・・クランベリージュースはあくまでも予防のために飲んでいます。クランベリーは膀胱をきれいに保ってくれる力はあるけど、免疫力が低下して打ち勝てなかった細菌を殺してくれる力はありません
病院には行かずこれを飲んであとは気合で治そう!などと決して思わないように!膀胱炎を甘く見ると腎盂炎になってしまいますよ!

  クランベリー100(ストレート)

外部関連記事: クランベリージュースと膀胱炎(朝日デジタル)