マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

今でも時々DVDを引っ張り出してきて見てしまうTVドラマ




サムネイルにもなっている冨士真奈美さんの独裁者ぶりがすごかった。 社員達に休日出社させて自宅の豪邸の庭の芝刈りさせてましたから(笑)。

「ハゲタカ」はNHKの六話完結シリーズドラマの一つで経済ドラマで2007年に放送されました。原作は真山仁氏著
最初は大森南朋さんが演じる辣腕ファンドマネジャー鷲津のベスト姿が目の保養になるわぁ~程度にしか思っていなかったのですが、あっという間に引き込まれて最終回の放送が終わった後はDVDレンタル開始を待ちわびる日々を過ごしました。そしてDVDになった時レンタルしてもう一回見直そうと思ったら、なんと一枚のDVDに一話分しか入っていない!ハゲタカ、強気だわ・・・・なんて思いつつレンタルして再び楽しみました。結局DVDもサントラも買い、今でも時々見ます。



大森南朋さん、柴田恭平さん(彼の肺がん摘出手術のためにこのドラマの撮影が延期になったため、手術後自宅での短い静養を経てすぐに撮影に入られたそうです)、中尾彬さん、栗山千明さん・・・皆さん素晴らしかったのですが、私は宇崎竜童さんと松田龍平さんが演じた、鷲津が買収した旅館・西野屋の経営者親子が第一話に登場したからこそ、このドラマに引き込まれたと思っています。ネタバレになるのでどんな話かは書きませんが。
松田兄弟は、危なげで妖しい兄の方が好きです。弟は細マッチョの一人として清涼飲料水のCMに出ましたが、兄にはそういうことをやってほしくない。 ドラマがよかっただけに 映画版 もかなり期待しましたが、私はドラマの方が好きです。玉鉄の美しさはもうため息ものでしたが、それでもやっぱりドラマに軍配が上がります(玉鉄を無理に中国人という設定にしなくてもよかったような気がするのですが・・・)。

ところでこのドラマの音楽は佐藤直紀氏が担当しています。ってわけでサントラも良かった。サントラをうまく使った動画があるんだけど秀逸!このドラマに興味がない人でも、エンディングの"ROAD TO REBIRTH"を聞けば、「あ、知ってる」と思う人は多いのではないでしょうか。



リーマンショックって当時新聞で色々読んでいても私の脳みそだとなかなかついていけなかったんですよ。でもこの動画を見てからは、なんとなくその新聞で読んだことがつながったというか、ああ、そういう時代もあったなと、過ぎ去ってからわかったことってあるよなあと思いました。

ハゲタカ DVD-BOX