マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

それは性格の問題ではなく、病気なのでは?と思う時



自己愛性パーソナリティ障害ってただ性格が悪いだけなんじゃないのか? 非定型うつってただのわがままなんじゃないか?

関連記事: 病名を免罪符代わりにしていませんか?

そんな風に思うことがあります。病気なんじゃなくてその人の性格の問題なんじゃないだろうかって時ですね。だけどそのまた逆もしかりです。


もしかして、この人は病気なんじゃないかなぁと思う時があるのです。心の病ではなく、体のどこかにきたしている変調や弱りが、行動や発言に関係しているのではないかということですね。自分でもなんとかしなくちゃと思っているのに、もう自分ではどうにもならないというケース。
その人達に見られる共通点として、根がまっすぐでいい人達であるということです。この人がこんなことを言うなんて/やるなんておかしい、と思わせる何かがちゃんとある人達です。根が腐っていそうな人は病気ではなく単に人間性に問題があるものと判断し、放っておきますけど。

FさんとHさんという女性は時々とてもヒステリックになります。周囲の人が「なんでそんなことで・・・・?」と思うようなことで、声を荒げたり過剰に反応したりするのです。それも火がついたように・・・もうまるで別人です。これは心でコントロールできるものではなく、もう脳からのサインが狂っているというか、そのサインを狂わせる何かが彼女達の体の中で起こっているのではないかと思いました。

http://www.flickr.com/photos/25273774@N04/4746222641

photo by Jessi RM


そして少し落ち着くと、彼女達は自分達から謝ってくるし、あるいはきつい言い方したのに最後まで黙って聞いてくれてありがとう、という風に感謝の気持ちもきちんと伝えてきます。この時私は「もしかしてこの人のヒステリックは人間性の問題ではなく、実は病気なのではないか・・・・」と思ったのです。
するとやはり彼女達はちょっとしたことがきっかけで診察を受けた病院で検査にひっかかりました。病名は覚えていないのですが、二人が医師に言われたことに含まれていた共通のキーワードは「甲状腺」「コレステロール」でした。コレステロール値が高い=デブと思われがちですが、彼女達は二人とも平均体重以下です。

甲状腺が弱いせいなのか強すぎるせいなのかわかりませんが、ホルモンバランスに影響を及ぼしているそうです。ですからまるで別人のように見えてしまうほどのヒステリーは、甲状腺の問題だったということです。
でもヒステリーがひどい人が皆この病気なのかというと、そうじゃないでしょう。だってFさんやHさんと違い、荒れっぱなし、怒りっぱなし、あたりっぱなしの人達だっているじゃないですか。そういう人達は性格に問題があるのだと思います。

関連記事