マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

今置かれた場所でしているのは、足踏みかそれとも助走か



やめるやめる詐欺の常習犯(登場記事)からこんなメールをもらったことがあります。しかも夜中に。

「愚痴るくらいなら辞める。それが僕のポリシー」

あっそう。あのさ、それはわかったんだけど、話す相手が違うと思うよ。早く辞めたかったら直属の上司にいいなよ。一ヶ月の猶予を持って伝えなくちゃいけないこと、覚えてる?
そう私が言うと「明日話す」と彼は言うのです。そしてその明日はなかなかやってきませんでした。もちろん彼は愚痴り続けました。それを聞いていると「本当なら自分はこんなところで働いているはずではなく、もっとよいところで働いていたはずだったのに。自分はここにいる他の社員とは違う」というところに行き着くのです。

http://www.flickr.com/photos/22633661@N08/6325533425

photo by osamukaneko


だったら「もっとよいところ」に行ってから好きなだけ見下せばいい。行けないくせに愚痴だけ垂れ流すよりは、置かれた場所で結果を出した方が「もっとよいところ」に近づけると思うんですけどね。