マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

絶世の美女達の共通点

かつて武田久美子さんが「女は美しく生まれた場合とそうでない場合では、生涯(得られる贈り物や収入などで)三億円の差がつく」とおっしゃいました。二億円だったかな?そこらへんは不確かですが、先日このニュースを見て、その言葉を思い出して納得してし…

これが本当のリア充

旅行という非日常的な時間でしか味わえない感情や感動をSNSでリアルタイムでシェアしたいから、旅行中もSNSでばんばん発信します!という人もいるでしょう。だけど私は旅行中くらいSNSから離れたらどう?と思うのです。 これが本当のリア充 預金残高は私より…

真夏の忌まわしき記憶

夏がやってきます。海水浴や夏祭りと楽しいことばかりではありません。変質者が活動的になる時期でもあります・・・。この時期に嫌な思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。筆者にもあります。まずは思春期の頃。これは本当に怖かったし、よく…

「眉毛で損をしている」は大きなお世話

自分の顔立ちにあった眉毛というよりは、「まずは眉毛ありき!」という強いこだわりが感じられる、眉毛だけが悪目立ちしている顔に時々遭遇します。1990年代であればアムラー眉毛。あの極細眉毛は安室奈美恵さんの小さな顔の中のぱっちりとした大きな目の上…

お口直しにはやはりシトラス系がいい

美味しいものに限って臭いのは世の定め・・・納豆、キムチ。餃子や香味野菜をたっぷり使った料理。そういうものを食べた後は、歯磨きをしてもなんだか口の中がすっきりしませんよね。そういう場合お口直しにぴったりなのが、シトラス系。 1.オレンジの主張…

ローラの意味深ツイートの威力からかまってちゃんは何かを学べるのか

ローラのツイートが話題になっています。 ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいるんだけど、わたしは人には絶対にしない。 頑張って立ち向かって、たくさんの人にハッピーをあげたい。 がんばるまっててね‼️ — ROLA (@RolaWorLD) 2017年6…

「サラダをおかずにご飯を食べろ」というジョナサンからの挑戦状

★スピ臭く感じる方もいらっしゃると思いますが、怪しいセミナーに勧誘したりものを売りつけたりしませんので安心してお読みくださいこってりしたものがどうしても食べたくなって、ジョナサンに駆け込みました。ところが店内に入ってメニューを開いた途端、目…

日清のカップヌードルが別格だと思う理由

毎年数多くのカップラーメンが生まれ、そして姿を消していきますが、日清のカップヌードルはやはり別格だと思う理由がこれです。蓋の上で温めておくべきものが、既に蓋に貼られている。ただそれだけなんだけど、 こうやって貼り付けておいてもらえると、しっ…

遊ぶ相手を間違えて破滅する男

小出恵介さんが未成年との飲酒および不適切な関係を持ったことを理由に無期限の活動停止を発表しました。好青年のイメージで売ってきた彼にとって、今回のことはあまりにもダメージが大きかったのでしょう。 遊び相手は慎重に選ぼう 肉体関係を持った美女が1…

好きな人のタイプをお菓子に例えるとまさにこれ

同性も異性もこんな感じが好きです。どんな感じかというと、謙虚すぎたり自分のチャームポイントがよくわかっていなくて「君、もったいないよ!」と言いたくなるという人。ただし「俺/私、不器用だから・・・・」っていう自称不器用とは別です。 素材がいい…

女性から男性への迷惑行為はなぜ許されるのか

女性が「男性に〇〇された」「男性に〇〇と言われた」と言えばワンストライクでアウトになる可能性があります。こんな風に女性の被害は問題として扱ってもらえるけど、男性の被害ってほとんどの場合見て見ぬふりをされますよね。例えばこんなもの。 年増の女…

とにかく何か書き込みたくなる ココちゃんダイアリー

昨年末にココちゃんの手帳を買って以来、開くのが楽しくて色々書き込んでいます。使い始めて五か月経ったところでの感想です。 書くことがそれほどなくても取り出して開きたくなる ココちゃんって見ようによっては意識低い系。優しくて押しつけがましくない…

久々に面白いと思った美女論 

若い頃よく読んでいた齋藤薫さんの著書にモチベーションをもらうには、自分は少々歳をとりすぎてしまったと気づいてしまったわけですが(その時に書いた記事)、懲りずに美女論の本に手を出しました。 最後まで読んでも美女の正体はわかりませんでしたが、「…

もっと暑くなったらまた飲みたい!ファミマカフェのチョコミントフラッペ

牛乳を注いでチョコミント味の氷を崩していただきます。飲み物というかデザートとして美味しいなと思いました。 まず蓋を回しながら開けて、この穴に牛乳を注ぎます。※私は帰宅してから自宅にあった牛乳を注ぎましたが(店員さん、何にも教えてくれなかった…

キャリーの自己陶酔ぶりがイタすぎるのに、SATC3はおそらく観に行ってしまうであろう自分が嫌だ

傷付けた側って自分が気持ちの整理をしたくなった時に『あの時は自分が悪かった』と身勝手に謝ってきて過去を精算しようとしてくるけど忘れかけていた頃に謝られることでまた傷付く場合もあるから傷付けたのなら責任とって一生悪者でい続けろよと思う — 真夜…

ティラミス氷はアイスコーヒーのちょい足しと保冷を兼ねるすぐれもの

セブンイレブンのティラミス氷、そのまま食べても美味しいけど、アイスコーヒーに乗せても美味しい! アイスコーヒーに乗せて飲んだら美味しかった~。 https://t.co/Kjf1d5KwU5 — ブロガー アベマリア (@m_insidethegate) 2017年4月21日 コーヒーに乗せると…

1万円札を崩したい時どうしていますか?

気持ちわかるわ。 給料日か何かしらんけど今日の客1万円札で払う人ばかり。財布の中に千円札が見えてるのに1万円で払う。『千円札が不足しています』の貼り紙してても1万円札で払う。来店時既に1万円を握ってる。最初から1万円で払う気まんまん…(ここで店ご…

日頃あなたが何気なくやっているセルフセラピー(ショート版)

セルフセラピーは自分への最高の贈り物だと思った夜 - マリア様はお見通しという記事の続きです。 「セルフセラピーのやり方教えます」というようなセミナーにお金を出したりする必要はありません。なぜならセルフセラピーとは読んで字のごとく自分で自分自…

朝セブンのお得感

3月31日まで実施しているセブンイレブンの朝セブンというサービス。人気のパン8種の中から一つ(私の好きなコーンとマヨネーズのパンが含まれている♪)とレギュラーサイズのセブンカフェのセットで200円(税込み)。早速利用しました。 4:00am~1…

グレーゾーンで稼ぐハイエナの餌食になりやすい人達

スピリチュアル メッキの輝きと本物の輝き - マリア様はお見通しという記事に登場した友人S子は、相変わらず自己啓発への投資を続けています。彼女がどんなセミナーに参加したのかということも、フェイスブックのタイムラインに表示されるためわかってしまい…

二郎がそこまで客に歩み寄ったら、もはや二郎である意味がない

news.yahoo.co.jp 上記のコラムを読んで感じたのは、二郎がそこまで幅広い客層に迎合してまで営業するべきなのか、ということです。 食べ残すということに対する日本と海外での感覚の違いを挙げているけど、それと店主の憤りは無関係 二郎はもともと大盛りを…

外食をうまく利用できる人は節約上手だと思う理由

私が食後に得るもの。 それは美味しかったという満足感よりも食べきった!という達成感。冷蔵庫の在庫を無駄にしなかったぞ!という達成感。それが日々の私の食生活です。夫はどう感じているのかわかりません。もはや食べることが楽しみというよりは、義務に…

心に響かなくなった言葉

このブログを読んでくれているあなたが、明日も読んでいるとは限りません。知らない人間の書く文章を面白いと思うのって、そんなもんじゃないですかね。飽きる時は必ずやってきます。私も最近「もう心に響かなくなったなぁ」と思った言葉がありました。 “一…

セルフセラピーは自分への最高の贈り物だと思った夜

この記事に検索結果からたどり着いた人は、一人で過ごす時間を大切にできる人だと思います。自分を癒す方法は人それぞれです。一人じゃ寂しいから、たいして楽しくもない飲み会で楽しかったふりをして、まずいお酒を飲んでも、とりあえず「騒いだ」という行…

雪景色は非日常だから美しくて楽しい 

雪国への移住は、率直に言っておすすめはできません。旅行するにはいいけど、住むのは覚悟がいると思います。冬期間は起床時間を一時間早めて雪かき→車庫から車を出して、凍結した路面を超のろのろ運転で出勤。これだけで一仕事ですから、都会の通勤ラッシュ…

敬愛する女性の情報が少なすぎるから、こうするしかなかった

誰かが食べたもの、訪れた場所、感じたこと・・・。多くの人達のそういう情報であふれかえっているウェブ上で、私が敬愛する女性のそういう情報は見つけることができません。その方のお名前でググっても、既に知っている情報しか出てこない・・・。SNSもやっ…

マックのコーヒーフロートを飲み終わるとやってしまうこと

貧乏性クッキング - マリア様はお見通しという記事でも書いたように、私はプラスチックゴミを捨てる前に、自分なりにきれいにしたいと考えています。へんなこだわりです。魚や肉が入っていたトレーをすすがないでゴミ箱に捨てる人とは友達になれません。コン…

川端康成の書かなかった雪国(2)

北風の音が聴きたい、と最近思います。雪国特有の、湿気をはらんだ風の音。1月の横須賀は結構暖かくて、時間帯によっては半袖のセーターにダウンジャケットで出かけられるくらいでした。だから時々生まれ故郷の北風の音や、水分を多く含んだ雪の匂いが恋しく…

近代・現代日本史を彩った女達

今から200年後くらいの日本の歴史の授業で、裏近代史を学ぶテキストみたいにして取り入れたら面白いと思う書籍の一覧です。教科書の太字の部分ばかり必死で暗記しても見えてこない近代日本史の面白さとかすごさとか感じられると同時に、もっと貪欲に学べ…

ブログで盛りすぎると、オフ会がつらい

スピリチュアル メッキの輝きと本物の輝き - マリア様はお見通しという記事に、hammer様という方からこんなコメントをいただきました。以下その一部を抜粋します。 巧妙な人たちは以前の"美肌美人"のように、ちょっと人と違った凄そうな経歴を、経歴詐称にな…