マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

歩み

真夏の忌まわしき記憶

夏がやってきます。海水浴や夏祭りと楽しいことばかりではありません。変質者が活動的になる時期でもあります・・・。この時期に嫌な思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。筆者にもあります。まずは思春期の頃。これは本当に怖かったし、よく…

心に響かなくなった言葉

このブログを読んでくれているあなたが、明日も読んでいるとは限りません。知らない人間の書く文章を面白いと思うのって、そんなもんじゃないですかね。飽きる時は必ずやってきます。私も最近「もう心に響かなくなったなぁ」と思った言葉がありました。 “一…

ピアノレッスンは贅沢な情操教育である(3)

ピアノを買ってもらって1年も経たないうちに、ピアノ教室を辞めるという親不孝をしてみせたわけですが、実はその後もピアノは役に立ちました。高校受験の息抜きとして、相当助けられましたよ。まさに母のいった通り「高いおもちゃ」になったわけです。 時間…

ピアノレッスンは贅沢な情操教育である(2)

二人目の先生から自宅に電話がかかってきました。廊下に置かれた固定電話からは、母が時折うなづきながら「でも先生、あの子がこの先ピアノにどれくらい真剣に取り組むかどうかもわからない状態ですから、今購入しても高いおもちゃを買い与えるのと同じこと…

ピアノレッスンは贅沢な情操教育である

自分の子供時代を思い返してみて、親が自分に投資してくれたお金の使い道でもったいなかったとは思わないけど、申し訳なく、またありがたく思うのがピアノレッスンです。 ピアノ演奏で食べていける人はほんの一握り。だからあまりリターンは期待できない情操…

牡蠣に苦しめられた人が「これなら大丈夫!」と太鼓判を押した牡蠣

ある居酒屋の前を通りかかったら、「サロマ湖の牡蠣入りました」という張り紙がしてありました。蒸して出しているそうです。蒸して半生の状態で・・・ああ・・・想像するだけでよだれが出てきますが、私にとってはアウトです。牡蠣を最後に食べたのは今から…

私の昭和史(3)田舎に暮らす子供にとってのファストフード

\ヤバイのが来た/謎の新商品「CHIZZA(チッザ)」が日本初上陸!11月2日に全国販売開始。11月1日の情報解禁に向けて徐々に正体が明らかに…!? #KFC #ヤバイのが来たhttps://t.co/MlwmK4wsJ5 — ケンタッキーフライドチキン (@KFC_jp) 2016年10月24日 もはや…

マンションのエントランスのオートロックってあまり意味がない

薄気味悪い殺人事件、あまりにも身勝手な理由から起こる殺人事件が増えている日本ですが、横須賀市に住んでいると、アメリカ人やフィリピン人が口々に「日本は安全だ」と言うのを耳にするため、日本の安全神話はまだ続いているのだと思います。だけどマンシ…

認知している子供がいるということは早めに伝えよう

認知はするけど結婚はしない男性達は悪者なのか? - マリア様はお見通しという記事の続きです。 いつかあなたが心から愛する女性と出会い、結婚を決意した時に養育費の支払いが障害になることは想像できます。ダルビッシュ選手のようにお金持ちでもない限り…

【ヤフオク】悪い人ではないのだけど、ブラックリストに入れようかなと思うユーザー

理不尽なことを言って返品をしたがるわけでもないし、入金が異様に遅いわけでもない。だけど「ブラックリストに入れない?」と母にもちかけたくなる人がいます。すると母も「私もそう思っていたの」と決まって言います。それはどんな人かと言うと こちらの説…

錦鯉好きの私がちょっとぶるっと来たある夏の日の出来事

「籐まくらと魚と何の関係があるの?あ、その話覚えてる!!!!」と思われた方は相当長い間私の文章を読んでいる人ですね(笑)。そう、この枕の両側は穴があいているんですよ・・・・。私は幼い頃から泳ぐ物を飼育するのが好きで、特に錦鯉が好きでした。…

熱帯魚の餌やりを頼まれて知人宅に入った瞬間がホラーだった理由

もうすぐゴールデンウィークですが、私はゴールデンウィークx熱帯魚の恐ろしいコラボを経験したことがあります。友人の長期不在中、熱帯魚の餌やりを頼まれました。犬や猫と違って楽だしね、なんて友人とお互いに話していたのですが、餌やり第一回目の日、…

一人暮らしをしていて怖かったこと、それに対してとった対策を挙げてみます(2)

マンションはエントランスを入ったらもう安全!と思ってはいけない。ゴミ出しの時間が必ずダブる薄気味悪い隣人 安アパートと比べたら、マンション暮らしは快適でしたよ。エントランスの向こうは住人とその知人くらいですから、誰もが覗いたり洗濯物を盗んだ…

一人暮らしをしていて怖かったこと、それに対してとった対策を挙げてみます(1)

「やっと捕まえたよ」元交際相手の男性 劇団員殺害(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース 去年8月、東京・中野区で劇団員の女性が殺害された事件で、警視庁は当時、現場の近くに住んでいた37歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。容疑者の逮捕を受けて、加賀…

「たった一通のメールを書く時間もないの?」って責めないで~

私が昨年自分から年賀状を書いたのは以下の人達です。 お世話になっていて、その人からも年賀状が来るとわかっている人 お世話にはなっていないし特に親しくもないし、また好きでもないけど、あちらから「年賀状出すから住所を教えて」と言われて、社交辞令…

埋められない溝を飛び越えてはいけない(2)

「あの人どうしているんだろう」とずっと気にかけていた人をフェイスブックで見つけたら、あなたはメッセージを送ったり友達申請をしますか?私の場合はできませんでした。その人と私の間に溝があるわけではないのです。ただ私という人間の存在が、その人の…

埋められない溝を飛び越えてはいけない(1)田舎の友達とどんどん疎遠になる理由

田舎の友達と疎遠になった理由は、やはり距離ですね、といいたいところなのですが、どんどん疎遠になっていく中で思うことは「もしかすると互いの人生に留まる必要のない者同士なのではないかな」ということ。実は距離なんて関係なくて、遅かれ早かれ、つき…

自分にとっての「ささやかな幸せ」とはこんなものだ

私がスーパーに買い物に行きハーブのコーナーにバジルを求めていくと、バジルだけが売り切れているということが多々あります。タイムやセージ、ミントは売れ残っているのにね。 photo by bebot そんな時、見切り品にされた商品が集められたワゴンにふと目を…

週に一度の深酒で知った「アルコールは何ひとつ解決してくれない」ということ

合法的にハイになれる、手軽に手に入るから怖い「酒」 - マリア様はお見通し の続きです。私がまだ二十代の頃の話です。若い頃の苦労は買ってでもせよっていうじゃないですか。仕事がどんなにきつくても「侵食を忘れて働く日々は経験した方がいい。後から必…

タンポン挿入時間は就寝時間と入浴時間から逆算する

日本の蒸し暑い夏が女性達にとってさらに苦痛と感じられるのは、生理中だと思います。その分シャワーを浴びる時の気持ちよさといったらもう!!そしてこうして気持ちよくシャワーを浴びるために欠かせないのがタンポンでしょう。「入浴時はタンポン入れない…

洗脳は、解けなければ幸せだ

洗脳された人をはじめて間近で見た時、私はまだ洗脳という言葉の存在すら知りませんでした。だけど洗脳された人を見て、とても寂しかったことを覚えています。私が知っていたその人ではなくなってしまったからです。まるで別人でした。 洗脳された人は当時の…

家で飼えないと判断した錦鯉を他人の庭の池に放した結果

私はご近所の庭にあった池に、飼えなくなった錦鯉の幼魚を三十匹ほど放してしまったことがあります。 「錦鯉を飼いたい」という熱意は親に伝わったけど、買ってもらえたのは120cm水槽だった 物心ついた頃から泳ぐもの、特に錦鯉が大好きでした。だけど「…

高かったから。名作と言われているから・・・・ただそれだけ

やっと読み終えましたよ。ガブリエル・ガルシア=マルケスの「百年の孤独」。読書って本来楽しむものだと思うのですが、この作品に限っては、意地で最後まで読んだって感じです。梨木香歩氏のわかりやすい解説を読んで、ようやく「ああ、すごい作品なのか」…

「複雑な生い立ちのせい」はどこまで通用するのか

愛知県日進市の男子高校生が、60代の男性を刺殺する事件が起きました。「いろいろなことでストレスが溜まっていた」「祖父が憎かった。祖父に似ていたから被害者の男性を狙った」などと犯人の男子高校生は言っておりますが、祖父が憎かったわりに祖父本人は…

いろはすのアロエ味を飲んで驚いた人は少なくないでしょう

いろはすのアロエ味を、アロエと気づかずに普通の水だと思って買った人は私と同じことをしたはずです。 一口飲んで「うわっ何この味!異物混入か?!」と思って驚いて吐き出して、落ち着いてラベルをよ~く見てみると、アロエって書いてあるし、アロエの葉の…

節約について考えてみた やはり心をコントロールできないと、お金に支配されるのです

セブンイレブンのチルド商品のコーナーで(・・・ってこのブログは本当にセブンがらみの記事が多いけど、回し者でもなんでもありませんからね)、3分くらい迷いました。想像してみてください。チルドの棚の前で3分も迷っている中年女性の姿を。 このタカナシ…

結婚を大勢に報告しなかったのは不義理ではなくて、私なりの気遣いでした

もう10年位前の話です。仕事を終えて携帯電話を見てみたら、同じ知人から不在着信が5件。留守電には何のメッセージも残されていない・・・。その知人とは、同じ高校に通っていた頃はまあまあ仲がよかったけれど、高校を卒業してからは1回か2回しか会っていま…

相手を殺すのではなくて、自分が死ぬことを選ぶ人

文書作成を「地獄」と恐れて 警官パワハラ自殺から1年(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース (リンク切れ)自分を自殺まで追い込んだ上司に対して、この世を去る前に何をしますか?もう死んでしまおうと思っている人には「どうせ死ぬんだから何かしてやろ…

母親はすごいとつくづく思う今日この頃

プロフィールにもあるように、もうすぐ40歳。人生ここから先は下り坂。それを最近ひしひしと感じる出来事がありました。私は「腱板損傷」をやってしまったらしいです。よく五十肩といわれる病気ですね。 photo by EndlessHorizons 左腕を動かす時になんかこ…

自分は夢遊病者なんだって自覚した時

寝相が悪いなんて、夢遊病に比べたら可愛いもんじゃないか、と私の夫は思うでしょうね。 // Tag a girl who does this! Posted by Braddy on 2015年4月27日 私は幼い頃から「寝言の声が大きすぎてしかも滑舌も異様によくて怖い」と家族から言われてきました…

自分の心の中を映し出すもの

Laknockの青(0.7mm、0.5mm)ラブです。 pic.twitter.com/N9YfxxmqGc — Inside the gate (@m_insidethegate) 2015, 4月 15 このZequenzのノートは主に英語の単語帳として使っていますが、ふと思いついたこと/覚えておくようにしたいことも書きと…

いつか「がつん」とくるんじゃないかなと思うと処分できない一冊

◆「読書ギャグ漫画」というドツボなジャンル:「バーナード嬢曰く。」が面白い! : まだ東京で消耗してるの? イケダハヤト氏が書かれた記事で紹介されている漫画が面白そうなのです。特に「百年の孤独」に関する部分では笑ってしまいました。読んだ事がある…

母が読んでいる本を見て、自分の親不幸ぶりを目の当たりにしました

ある中学生がこんな話をしてくれたことがあります。 「私は不登校だけど引きこもってるわけじゃない。学校に行けないだけであって、外に出るのは楽しい。だから母の本棚に、引きこもりの子供を持つ親のための一冊みたいなものを見つけた時、ショックだった。…

公文に通っていてよかったなと思う理由

photo by Mike Rohde 公文というと、賛否が真っ二つに分かれますよね。子供を座らせて、淡々と教材をやらせておくだけなのですから。今もこのスタイルなのかどうかはわかりませんが、私が子供だった昭和50年代後半~60年代はそうだったのですよ。私は確…

早く大人にならなければいけなかった人達

私が通っていた保育所では給食がありましたが、ご飯は自宅から持ってくることになっていました。大好きなキャンディキャンディのイラストが描かれたアルミ製の楕円形のお弁当箱に白米をつめて、その上から太めのゴムバンドをする。そして保育所につくと先生…

悲しき引退 小さな女心はこんな風にしょうもないことに傷ついています

どんなに幼かろうと、女は生まれた時から女なのです。ですから大人が「まさかそんなことで!」と思うことで、小さな女心を痛めているのです。 私は三世代同居の家庭で育ちました。ですから祖父や祖母と多くの時間を過ごしました。祖母が語る御伽噺を聞いて眠…

肝心な部分を間違えてしまっている人と、どこか抜けている人に育てられました

実家は雪国にあります。田園地帯のど真ん中の農村にあり、母の話によると最近庭にハクビシンが現れるようになったとのことで、頭を悩ませているそうです。 敷地内の農舎の二階には死後かなり経過する猫の死骸があっても「またか・・・」という感じで、家族の…

褒めて伸ばしてはもらえなかったけど、感謝しています

中学一年生のある夏の日のことです。その日は私が初めて「立派な一品」を家族みんなのために作った日でした。それまでにも卵を焼くだとか、市販のチャーハンの素を使ってチャーハンを作るといった程度のことはしたことがありました。だけどきちんと具材を自…

ママ、私はあなたのお腹の中でどんな音楽を聴いていたの?

photo by mahalie ある人がこういいました。 「下の子を妊娠中に、夫から暴力をふるわれていたの。上の子もまだ小さくて手がかかるし、私は泣き喚くしで・・・。そんな様子をお腹の中で聞かされていたからかなぁ。下の子はね、本当に手がかからなくていい子…

債権者には悪いけど、破産してしまえ、と思う

今日の記事に出てくる債権者にはうちの親も含まれています。 あちこちから秘密を共有させられるのがつらい時期がありました。あちこちっていっても家族なんですけど。 photo by theamericanroadside 久しぶりに帰省した時の話です。父が駅まで迎えに来てくれ…

脇汗を大量にかいた初めてのおつかい

スーパーでお買い物。 こんな普通の体験を私が初めてしたのは小学校低学年の頃でした。私の母はスーパーに夕食の材料の買出しに行く時、幼い我が子達による「ねえ、あれ買ってこれ買って」攻撃のうざさに耐える自信がなかったそうです。ですから母は買い出し…

利用者の気持ちを考えよう 「楽天からのメルマガたくさん送られてきて困る」という世代もいるのです

私がネットショッピングをするのはほとんどアマゾンと楽天のみ。便利に使わせてもらっていてこんなことを言うのもなんなのですが、楽天は注文を完了する画面に来る度に不親切だなぁと思います。 画像は注文完了画面で表示される楽天からのメール受信設定なの…

コンビニのお惣菜包装ラインのバイト体験記

まずひとことで言い表すと、そこには桐野夏生ワールドが広がっていました。 鬱々とした世界。暗さの理由は・・・ 人の心の闇とか、ネガティブな感情のカスみたいなものが浮遊しているからだと思いました。桐野氏の「OUT」という作品を読まれた方は多いと思い…

はずれ本第一位

好きなブログで紹介されている本は、ついつい買ってしまいます。 だけど面白いブログを書いている人は所詮他人なのです。その人の好みや価値観と自分のそれらがまったく同じなわけがありません。だから当然中にはツボを大きくはずれた本もあります。 書籍の…

ど派手な雨傘に感じた母の愛

小学校高学年になった頃から、身長とのバランスがやっととれるようになったということで、母が持っている傘と同じサイズの傘を買ってもらうようになりました。 母が選んで買ってくる傘はとにかく派手でした。 photo by princedd 例えばパールのきいた淡いタ…

いつか恩に報いるためにつけるおつきあいノート

「デジタル全盛時代だからこそあえて自分の字で書きたい」アナログ礼賛シリーズ第二弾は 「おつきあいノート」。 生まれて初めておつきあいノートをつけたのは、短大を卒業した直後でした。アメリカ留学出発まで残されていた約一ヶ月の間、親戚や両親の知人…

0歳児相手に喋り倒す伯母

Iちゃん、親戚中があなたのことを私の小さい頃に瓜二つだって言うの。そしてあなたのパパは昨日なんていったと思う? 「なあ、Iって姉貴というよりは、化粧をしている時の姉貴に似てるよな」 確かにそうね。化粧をした方が目元がはっきりするから、まあ少…

ゴールデンウィークとは無縁の半生 そしてこれからもずっとそうです

兼業農家に生まれ育ったため、幼い頃からゴールデンウィークを休暇として楽しんだことがありません。 普段はサラリーマンとして働き、四月に入ると土日は田植えの準備に費やし、そしてゴールデンウィークでいっきに田植えを終わらせる。私の田舎はこんな風に…

大人になってみてわかったこと

小学校に上がると、同じクラスの中にすごく息が臭い聖子ちゃんという子がいました。歯は黄色というか茶色くて、いつも食べカスみたいなのがいっぱいつまっていて、そして次第に歯が少なくなっていきました。結局その子は母親が今の時代でいうとネグレクトし…

体罰が部員に与える選民意識

ここ数年名門校のスポーツ部での体罰がニュースになっていますが、私も体罰が常習化していた高校のバレーボール部に入りました。地元では強豪校として有名な学校でした。ただ私が入学した年にちょうど監督が定年退職されて、新しい監督になったばかりでした…