マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

メディア

社会派ぶりたい人達の薄っぺらいリツイートに心を痛めるアルジャジーラ

アルジャジーラからのメッセージ・・・。このポストを読まれた方はいらっしゃいますか? // 投稿 by Al Jazeera English. When we tweeted the accusation that the world didn't care, many people retweeted it. But most didn't click the link to read o…

見ていてせつなくなった芸能人

その芸能人を見かけたのは、まだ私が若くてナイトクラビングしていた頃です。 その男性芸能人は狭いクラブのフロアの隅に立っていました。両脇にはエージェントの方なのか、それともただの取り巻きなのか知りませんが、その芸能人よりも一回りほど若そうな男…

浄化されてどんどんつまらなくなっていくメディア

今は電波が理由で見れなくなってしまった「5時に夢中!」ですが、この番組が有料になっても私は見ると思います。少額のスポンサーを大量に集めるような形で、有料チャンネルが増えてもいいのではないでしょうか。なぜなら今後日本のメディアはどんどん浄化…

命取りになる「うっかり」 あなたは依願退職しますか?生き恥晒して働き続けますか?

◆授業でわいせつ画像 横浜市の中学校で (Yahoo!ニュース) みつをなら「人間だもの」で済ませてくれるんでしょうけど、こういううっかりって怖いですよね。 プライベートでそういうものを見ている分には構わないのだけれど、それを授業でうっかり・・・とな…

地雷は見えていても踏んでしまうものです

中村うさぎさんが「5時に夢中!」を降板された理由が、誤解から共演者の美保純さんとの関係が悪化して、それを修復しようとしたプロデューサーの言葉にも深く傷ついたから、ということだそうですね。 芸能ニュースの記事の信憑性についてはなんともいえませ…

ふかわりょうさんから送られてきた羊のぬいぐるみ

昔書いていた会員制ブログを読まれていた方は覚えていらっしゃるかもしれませんが・・・。私の大好きなTV番組、Tokyo MX「5時に夢中!」のMCふかわりょう氏から送られてきた羊のぬいぐるみ、タグをつけられたまま我が家の玄関に鎮座しています。 じゃーん…

なぜそこまで執拗に復讐するの?そこまでの経緯を早送りしてはいけない。

復讐映画といえば韓国、韓国といえば復讐映画。私は主人公を残忍な復讐マシーンに変えた経緯を早送りしてしまうのですよ~。韓国映画に限らず、ハリウッド映画でも。「これなら心をめった刺しにされたようなものだ・・・」と主人公を復讐の鬼にしてしまうほ…

ばりばり体育会系の企業って古臭いし息苦しい

・パワハラ自殺訴訟で原告側も控訴 管理職の上司に対する責任争う ・福井の暁産業、社内いじめで19歳新入社員が自殺 「辞めろ」「死ね」…“洗脳”の末 好きな人もいるんでしょうね。 団結!とか大きな声で返事をする自分が好き!とか、罵倒されて殴られても…

プロの世界は厳しくて残酷だ

元サッカー日本代表の奥大介氏の事故死のニュースを読みました。そこには彼が宮古島移住に至った経緯が書かれていて、改めてプロの世界って厳しいんだなぁと思いました。プロスポーツ選手という職業はつぶしがきかないのは百も承知でその世界に飛び込んでい…

セクシーな男性ダンサー達を見て改めて感じるヒールと女度の関係

ヒールをはいてひょこひょこと不恰好な歩き方をしている女の子よりも、彼らの方が何百倍も女ですよ!この方達は私の中ではフィギュアスケートの髙橋大輔選手と同じカテゴリーに振り分けられています。セクシーで洗練されているところがね。 Sassyyyyyyyyy!!!…

フェイスブックは、やはりリア充をプチ自慢するためのスペースなのでしょうか

facebookのフィードを見ていて「あ、イタい」と思うのは、それを見た人と幸せをわかちあうためではなく、見せつけるために投稿されたのがわかっちゃう投稿。無邪気に見せつけているならこっちも「いいね!」を気軽に押しちゃうんだけど、あまりのイタさにつ…

人権と性的嗜好の尊重

今市事件 7歳女児の胸を何度も刺した凶行から8年、栃木県警は「猟奇マニア」に絞り込み情報提供も(ウェブニュースのためリンクきれの可能性あり)猟奇マニアや小児愛好者のように、誰かの心身を傷つけたり、その人の命を犠牲にしない限り満たされない欲望…

声援が凶器になる時

伊達公子選手が試合中に発した「シャラ~ップ!」と「ため息ばっかり!」という言葉がニュースになっていたので動画を見たのですが、感想としては、一人のため息は小さくても、それが大勢になるとあんな風に聞こえてしまうものなのだ、という驚きです。 テニ…