読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリア様はお見通し

普段は何も見えていないふりをしながら、善人面して静かに暮らしています

川端康成の書かなかった雪国(2)

北風の音が聴きたい、と最近思います。
雪国特有の、湿気をはらんだ風の音。
1月の横須賀は結構暖かくて、時間帯によっては半袖のセーターにダウンジャケットで出かけられるくらいでした。だから時々生まれ故郷の北風の音や、水分を多く含んだ雪の匂いが恋しくなります。

Trinkets Pale of Moon

横殴りの風を遮ってくれるような建物が何もない真冬の田んぼ道を、お参りのために毎晩往復で1時間かけてあるいた年がありました。弟が高校受験の年でした。
喫煙が見つかって母が学校に呼び出されるなど、中途半端なヤンキーみたいなかんじで素行が悪くなってしまった弟が受けたのは、バカが集まる私立・A高校でした。

「あの高校に落ちたら、もっとひどい私立にいかなくちゃいけなくなる。そんなことになったら、あの子は周囲に影響されやすい子だから心配なの。どうしてもA高校に受からせたいから、ママ、今日から入試当日まで毎日あのお地蔵様にお参りに行く」

母がそういいだしたのは、A高入試まで2か月くらいのある日でした。
母のように現実的でまた合理的な人が、神頼みに走るほど切羽詰まっていることに驚きました。そして夕食の後片付けを済ませると、早速完全防寒して出かける気満々でした。
「え・・・・今夜から行くの?」
「そうだよ」
母がお参りに行くお地蔵さまは、雪のない日は車で3分でつきますが、雪が積もっている日は車でも15分はかかるところでした。車庫の前の雪かきの時間や労力を考えると、歩いた方が早かったのです。
数少ない街灯の光だけを頼りに、猛吹雪の中真っ暗な農道を一人きりで歩かせるわけにはいかなかったため、私も同行することになりました。それから毎晩、二人で一緒にお地蔵様にお参りに行きました。
雪の積もった農道は交通量が多くはありませんでしたが、それでも時々車が通るため、私達母子は邪魔にならないよう一列になって無言でひたすら歩きました。農道の両脇には赤い旗が等間隔で立てられていて、そこから外側に出ると田んぼにはまってしまいますよという目印でした。雪で農道と水田の境目がわからなくなってしまう冬は、至る所で見られたものです。
歩いている間、会話はいっさいなし。お互いのブーツが雪に沈んでいく時の音と、風の音しか聞こえませんでした。
周りを見渡して雪に覆われた暗い田園地帯と「どうせ明日も雪なんだ」と思わせる、重苦しい紺色の空しか見えず、明るさや暖かさを感じさせてくれるものと言えば、一時間に上下線合わせても二本しかない信越線の車窓から漏れる光だけでした。動体視力の悪い私でも、各車両に何人乗っているかぱっとわかりそうなくらいしか利用客が乗っていない電車。

今こうして眠らない街で暮らしていると、ざっざっざっ・・・という、雪道を歩く時の音が響き渡るほどの静けさと、冷たく湿った澄んだ空気が恋しくなるのです。住んだらきっと、陰鬱とした灰色の空を見上げてはうんざりするのだろうに。

関連記事:川端康成の書かなかった雪国 - マリア様はお見通し

近代・現代日本史を彩った女達

今から200年後くらいの日本の歴史の授業で、裏近代史を学ぶテキストみたいにして取り入れたら面白いと思う書籍の一覧です。教科書の太字の部分ばかり必死で暗記しても見えてこない近代日本史の面白さとかすごさとか感じられると同時に、もっと貪欲に学べばよかったなぁと思うんですけどね。
そんな風に面白く、また激動の時代を生き抜き、彩った女性達について書かれたノンフィクションです。


リンクをクリックすると、レビュー記事や関連記事に飛びます。

近代・現代日本史が身近に感じられるようになる 女性向けのノンフィクション

以下時系列に並べてあります

  1. ある華族の昭和史―上流社会の明暗を見た女の記録
  2. (メインブログに飛びます)GHQを動かした女 子爵夫人 鳥尾鶴代
  3. 伝説の銀座マダム おそめ
  4. 完本 昭和史のおんな
  5. 安井かずみがいた時代
  6. あきらめない 働くあなたに贈る真実のメッセージ
  7. 「修羅のはざまで」(現在読んでいます)

こうして7冊を見てみると、私のブログの長年の読者なら共通点が見えてきませんか?

Geisha

共通点は、強くしなやかであったということ。戦後の激動の中でも女として誇り高く生きた人、波乱万丈の人生を送られた人・・・・(安井かずみさんは強かったかと言われると、どちらかというとあやうい感じがしました)。
また誰もが振り向くような美人ではないけれど、惹かれずにはいられない女性達であったということ。
自分にはそういう天賦の魅力や人生を生き抜く強さがないからこそ、こういうノンフィクションに惹かれるのだろうと思いました。

そして最後の一冊。まだこのブログではレビューを書いていませんが、お慕いする中瀬ゆかりさんがおすすめしていた「トットひとり」。

第一章の向田邦子さんとの思い出あたりは、なんだかぴんとこないんだけど(それでも笑える)、ザ・ベストテンをリアルタイムで見ていた人間を昭和にタイムスリップさせてしまう力のある一冊です。
幼い頃、ザ・ベストテンの時間になるとテレビの前に陣取って、あの番組を見て、気分が高揚してなかなか眠れなかった夜。それでも時々親が寝室をチェックしにくるため、寝たふりをするのです。
大好きだった光GENJIが上位にランクインして出演時間帯が遅くなってしまうと、法律でその時間帯の就業が禁じられていたため、未成年メンバーの二人は出演できなかったのです。あの時の失望感の大きさは、今でもよく覚えています。だからこそ次回が待ち遠しくて・・・・あの頃私にとって、アイドルというのは雲の上の人でした。人間じゃなかったなぁ。
あの華やかな番組の舞台裏で、そんなすったもんだがあったんだなぁというのも読んでいて楽しかったし、あの頃はまだまだ番組制作にかける予算に余裕があったことが感じられ、あらためて時代の移り変わりを感じる一冊でした。
中瀬さんが推すだけあって(新潮社の本だしね)面白かったです!

関連記事

ブログで盛りすぎると、オフ会がつらい

スピリチュアル メッキの輝きと本物の輝き - マリア様はお見通しという記事に、hammer様という方からこんなコメントをいただきました。
以下その一部を抜粋します。

巧妙な人たちは以前の"美肌美人"のように、ちょっと人と違った凄そうな経歴を、経歴詐称にならない程度に経歴を盛って自分を大きく見せることが得意なので、人はころっと騙されてしまいます。騙された人たちが他薦の役割を果たしてしまい、より誇大化するのでよけいタチが悪いです。

実はhammer様がおっしゃっている美肌美人とは、この記事に登場した自称美肌の伝道師のことです。

美人OLと呼ばれるためには、それほど美人である必要はない - マリア様はお見通し


実は彼女も、経歴とまではいきませんが、自分を大きく見せる方法を知っていました。女としてのキャリアに箔をつける方法は、こんなにも陳腐なものなのか・・・ということを、オフ会で学習しました。
ブログで自分の魅力を三割増しにしてしまうと、オフ会で実物をお披露目してがっかりされるだけです。

美容雑誌の覆面座談会はただのページ稼ぎにしか過ぎない

この自称美肌の伝道師あゆみさん(仮名)は、ブログでこんなことを書いていました。

「また近々美容雑誌の覆面座談会のバイトが入っています」

これを読んだ私は、オフ会であゆみさんに会えるのを楽しみにしていました。美肌でないことはブログの記事を読んでいればすぐにわかりました。なぜなら金と手間のかけ方がすごいから。肌だけは自信がある真性美肌の私は、まがいものはすぐにわかります。
だけどあゆみさんは、こういうことを投稿して「わーすごい。美容雑誌の覆面座談会で語れるくらい美容の知識が豊富=美肌なんだ」と読者に思い込ませることに成功していました。自分を三割増しに見せる術を知っている人ですね。
ところがあゆみさんを実際に見た感想として、美容雑誌の内容は、週刊誌の「美女」「イケメン」と同じくらいあてにならないということでした。
要するにああいう覆面座談会は、ページ稼ぎでしかないんだなぁということです。

1972 Beauty Ad, Mary Kay Cosmetics, 2-Page Advert

「これを使うようになったら、気のせいかシミが薄くなりました。ビタミンCがどこまで浸透するのか半信半疑だったけど、しっかり違いを実感しています」(あゆみさん 金融・27歳)

みたいな感じで、広告を出しているコスメに関連しただらだらした話を載せて、いかにも美容雑誌風に見せたいだけなんですよね。あゆみさんのお肌はその程度でしかなかったということ。

「私は美肌」と周囲にかけた暗示が覚めてしまう時

オフ会参加者の一人が、自称美肌の伝道師・あゆみさんの前でついにこう言ってしまいました。
「あの、マリアさんってお肌すごくきれじゃありませんか?」
すると他の参加者の人が「私もそう思いました!今日このオフ会に来て、まず目にとまったのがマリアさんのお肌です!」と続きました。
するとまがいもののあゆみさんはどうしたと思いますか?
うんうん、と笑顔でうなずいて負けを認められるのが大人の女ですが、彼女は聞こえないふりをして隣の人と飲み続けました。だけど私が褒められているのは、絶対に聞こえていたと思います。おもしろくなかったでしょうねぇ・・・。
彼女が話を聞いているのを確信した私は、スキンケアについて聞かれた時にこう答えました。
「私は本当にものぐさなので、何もつけずに寝てしまうことの方が多いです」

あゆみさん、聞こえていないふりをした飲み続けています。心の中では舌打ちをしていたことでしょう。
こうして美の巨匠の実体がばれてしまいました。彼女を見ていて思ったことは、「私ってモテるの」「よく美人だって言われるんだけど」「美肌です」とブログで盛りすぎると、オフ会がつらいってこと。本当にそうであれば問題ないですけどね。だから私は普段からブスとかデブって言ってるんです。期待値を上げずに済むでしょう?肌だけはオフ会で実際にお会いしてもがっかりされることはないという自信はあります。

ウェブ上で面白い出会いがあるからこそ、その出会いを活かすためにも、謙虚でありたいものです。

関連記事

この言葉を見たらそのブログ記事の先は読まない、という言葉

思いついたら随時追加していきます。

目にするとイラッとする単語や表現。これらのうちの一つでも目にしたら、その文章の続きは読みません。ブログであれば、二度と読みません。

  • 形容詞・副詞としての【鬼】【神】
  • 例:「鬼ウケる」「神曲」など
  • リスペクト
  • 一人称が「アタシ」
  • 偽装天然の匂いが漂う表現
  • 例「『落し蓋』って書いてあったから、蓋を落としてみたら彼氏に笑われちゃったー」等

 

スピリチュアル メッキの輝きと本物の輝き

 

笑えるスピリチュアルは本当に笑えた - マリア様はお見通しという記事に登場したスピリチュアルな友人S子のフェイスブックの投稿を見ていて、ぞわっと来ました。

結局お金なの?

S子があるスピリチュアルなイベントの幹事をすることになりました。初めて募集をかけた時は人がまったく集まらず、開催は延期になったのです。そして今回は少し集まったところで開催を決定しました。
芯から温まるボディセラピーを受けながら、スピリチュアルなDVDを皆で鑑賞するというこのイベント。予想通りスピリチュアル好きに多いハッピーやらきらきらやら、挙句の果てにはシンデレラといったキーワードまで出てきました。
そしてイベントの案内には「DVDだけではなく〇〇も販売してまーす」と書かれていたのです。
〇〇はセラピーを受ける際に身に着けるもの。
ああ、結局金なのか、と思いました。その〇〇の原価はわかりませんが、スピリチュアルなイベントで着用するものならば、価格は教祖様が自分で決められますよね。だって教祖様の存在そのものが付加価値なんですから。信者が教祖様に心酔していれば、思いっきりふっかけることができるのです。
なんかその変な〇〇を着て体のケアをしながら、スピリチュアルなDVDを見て心のケアをする・・・・。

ああ・・・・恐ろしい。恐ろしい。カルトより怖い。

Crystals

お金は後からついてくると思いたい

そんなこと言っているから貧乏なのよっていわれそうですけど、やっぱりお金は後からついてくると思いたいのです。
幸せになる方法とか、なりたい自分になるとか、そういうものを他人に教授する自称プロって胡散臭いじゃないですか。恋愛カウンセラーと同様に国家資格や免許がいらないから。
私はそういうものを広めよう、伝えようという人って、それなりに説得力のある人であるべきだと思います。モチベーショナル・スピーカーと一緒。
「あの人の話が聴きたい」と切望されて壇上に上がる人には多くの観衆がつきますが、どこの馬の骨ともわからぬ人間がやってきて「いいお話をしますよ!」とどんなに頑張って宣伝・説得しようとしても、人は集まってこない。
「どこがよいのかよくわからない」「なんでおまえが・・・」っていうような人が最初から自分で「お金ください」っていうんじゃなくて、周囲から慕われていて、控えめなのにすごい存在感の人が他薦で教祖様に決定して、そこで生業とするならわかるんですよ。輝きが違うんです。
前者(自薦で教祖様になったタイプ)は趣味の悪いクリスマス・ライティングで、後者(他薦でファンが多いタイプ)は、どんなに陰に引っ込んでいても、優しい光が漏れてしまい、周囲が放っておかないタイプ。
でも後者はね、きっと幸せとか前向きとか、そういう抽象的なものを商品にしてお金を稼がないんだろうなと思います。

関連記事